いちいち「ファンに進退を委ねる事」なんかしねえで、結婚ぐらい勝手にしろ。

「ファンに責任丸投げしてるだけ」 男性アイドルグループのメンバーに結婚発覚、Twitterアンケートで進退決定する異例の事態に不満の声(ねとらぼ)

写真を見る限り、9人も10人もメンバーが居るんだったら1人ぐらい既婚者がいてもどーでもいいじゃん。だったらSMAP時代のキムタク氏なんかどーなるんだと(以下略)

9人組の男性アイドルグループ「甘党男子」の公式Twitterで12月11日、メンバーの室井一馬さんが結婚していたことを発表。今後の進退についてアンケートを実施しており、ネットでは祝福の声があがる一方、運営への不満の声も寄せられています。

 同グループは、スイーツをコンセプトに活動。メンバー全員がスイーツ好きで、「ガトーショコラ」や「シュークリーム」「チョコレート」など甘党らしい楽曲を多く発表しています。月間10本以上のライブを行っており、8月にはKANSAI COLLECTION 2018A/Wのオープニングアクトにも出演し、地下アイドルグループの中でも特に注目を集めていました。

 室井さんの結婚について公式Twitterでは、“室井一馬の契約不履行について”と切り出し、「この度、室井一馬が結婚していることが発覚しました」と報告。続けて、「お客様と一緒につくってきた甘党男子。この件に関して、アンケートを取らせていただきます」と、Twitterのアンケート機能を用いた投票で、室井さんへの対応を決定するとしており、記事執筆時点では6万を超える投票がされています。なお、公式サイトでも発表されているようですが、現在つながらない状態となっています。

 この件について、室井さんはInstagramで「たくさんたくさん悩みましたが応援してくれる皆さんに噓偽りなく伝えたいと思い発表させて頂きました」と直筆の文面を公開。突然の報告となったことを謝罪しつつも、「このようなタイミングできちんとお伝えできる機会を貰えて、複雑な心境ですが嬉しくも思っております」と心境を吐露。続けて、「僕をアイドルにしてくれたのは皆さん」とファンへ感謝の気持ちをつづるとともに、「もし可能なら、もし今後とも応援頂けるのであれば、こんなに嬉しい事はありません」と同グループでの活動継続を訴えています。

 この報告にファンは、「おめでとう!」「かずまクンが幸せなら私はそれでいい」など温かい声援を送っていますが、「『不特定多数の人がいくらでも投票できるツイッターに、1人の、1グループの未来を委ねること』になったことが理解しかねます」「アンケとるのはいいと思いますが継続or脱退の大事なアンケなのでTwitterでアンケはとって欲しくなかった」「ツイッターでやる投票ではないですよね?」「ファンに責任丸投げしてるだけ」など、Twitterのアンケートに結果を委ねる運営のやり方に不満を訴える人もいました。

んー、しかしだな、

っかしロクに避妊もしない「女性アイドルとそのマネージャー」って何だろう?(2017/12/29付)

とかみたいに、マネージャーが当該の女性アイドルに手を付けて妊娠までさせちゃった例に比べれば全然健全だと思うけどね。まあその遡上にあげられる当事者の「相手」が実はこのアイドルグループのファンの女の子でした。だったらそりゃ人民裁判みたいなっても文句は言えないとこだけど(爆)

スポンサーリンク

「結婚発表してファン離れ」ぐらい経験して一人前でしょう(ん?)

つーか、昔だとチャゲ&飛鳥の飛鳥氏が結婚を発表した際に、本当はファンクラブの会員に皆さんにダイレクトメールで郵送して「報告」するつもりが、その日の朝にスポーツ紙にすっぱ抜かれて、ファンクラブの問い合わせ先に電話が殺到(しかもファンが泣き叫ぶかのような抗議が殺到)したとか、まだ若かりし頃のさだまさし氏が結婚を発表したニュースを見て寝込んでしまった女性ファンとか、その他、結婚と同時に大量のファンがグッズを処分したり売っちゃったりとかされた人気アーチストの話(特にツイスト時代の世良公則氏なんかは結婚がきっかけでかなりファン離れがひどかったらしいですね)…とか。

でもこういう話は、20-40年ぐらい前のニューミュージック全盛期の頃には特段珍しい話ではなく、そんな彼らが今や50代60代になっても現役の歌手や芸能人として活躍している昨今はもう「武勇伝」「逸話」として語り継がれる(?)ようなネタになってるわけですが…、正直、よくわかんない知名度がB級ないしC級なアイドルグループがこんな事をやっても…って気がしてならんのですけどね。たぶん芸能事務所も「わーい、これで知名度があがるー」みたいな悪ふざけも込みでやってるような。

しかしこの「苗字」を見るとドキッとする(爆)

…しかし、と思うのはこのニュースを記事のネタとして書こうか書くまいか、さっきまで実はちょっと悩んでまして。

それは、この当該の人物の苗字が私(の本名)とおんなじなんすよね。ついでに書くと、フルネームで言えば息子の本名とも一文字違い。だから音読したくない、つーか、この苗字をこういう媒体で見るとなんか俺が悪いことしてんじゃねえか、というドキッとするのがなんともはや(泣)。

もう10数年前になりますが、浦和レッズをメインで応援し始めた頃に浦和がJ2に落ちまして(これがきっかけで今はメインで応援してる「ヴァンフォーレ甲府」というチームを識るきっかけにはなったので幸いだったのですけども)、この時に鹿島アントラーズから室井市衛というDFの選手を獲得して、レギュラーでプレーしてたことがありました。しかもこの選手、私と同い年でして。

そしたら、1年で昇格ができるか否かという最終節でこの選手が一発退場を喰らってしまったんですね。ゆえに中継では実況氏の大きな声で「ムロイ、一発レッド!!」と。いやあなんか俺、十字架にでも掛けられるのかな、みたいな罪の意識を感じちゃって(大汗)。結果的には、この時のPKを相手チーム(確かサガン鳥栖だったと記憶してますが)が外してくれて、最後は当時はあった延長Vゴールで、浦和は一年でJ1に戻れて、2001年以降はずーっとJ1でプレーできてるんですが、まあ苗字が日本では多い順番から1000何番目ぐらいのそれほど多くない名前ですし、今でもテレビで他の同じ苗字の人の名前が呼ばれるとドキッとしますもの、ええ。

…では、苗字の方もレアなんでそんなに同じ人はいないんですが、下の名前の方は…というともっとレアで、実は今まで幼稚園から大学、職場まで通算して、同じ名前の人と出会ったのは高校時代に隣のクラスに1人だけいたぐらいでしたね。ところが、Jリーガーには1人いたんですね。しかも後にメインで応援することになるヴァンフォーレ甲府に(後にジェフ市原やベガルタ仙台でもプレーしてたFWの選手でした)。現在は甲府のU-15の監督をされているそうです(笑)。

 

ま、それはともかく、正直9-10人ぐらいうじゃうじゃいるグループの中で、一人か二人ぐらいの結婚ぐらいは正直どーでもいいんで、特にこの同じ苗字の人には今後犯罪とかやって名前が出ないように気をつけてね、とは言いたいですわ。

しかしだな、そもそも恋愛とか結婚とかを「契約不履行」って、昔の遊郭や女衒ぢゃねえんだからさ(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ