学生への陰湿なアカハラで「諭旨免職」になった東京学芸大の教授、「懲戒免職」にしろよ(呆)

Jeff's messy office

東京学芸大、50代教授を諭旨解雇=複数学生にアカハラ (時事通信) – Yahoo!ニュース

就活先にも嫌がらせってのがもはや人間的には完全に腐ってるなあ(呆)

東京学芸大は12日、50代の男性教授が学生に悪質で不適切な言動を繰り返すアカデミックハラスメントを行ったと発表した。

 複数の学生が精神疾患を発症し、卒業後の就労にも多大な支障が生じたといい、8月30日付で諭旨解雇の懲戒処分にした。教授は今月11日付で辞職した。

 同大によると、教授は2014年3~10月、学生に就職の内々定を出した企業に取り消させるため連絡を取ろうとしたほか、内々定先の企業の採用責任者に学生の情報を話し、学生や卒業生らを登録したメーリングリストを使って学生に不安を与えるメールを送った。

 また、学生に研究室の仕事を優先させるため、1時間以内に予定されているインターンシップの打ち合わせをキャンセルするよう命じたと受け取れるメールを送るなどした。教授は事実関係をおおむね認めているという。

 東京学芸大は「心よりおわび申し上げる。再発防止と信頼回復に努める」としている。

いやあこれは懲戒免職でいいと思うけどなー。学生の人生を何だとおもってやがる。

スポンサーリンク

実名報道しないと、こいつあっさり再就職しちまうぞ?

だって東京学芸大って国立の大学でしょう?

学芸大教授がアカハラ懲戒 内々定企業に…|日テレNEWS24

日テレの記事には、

東京学芸大学の教授が、アカデミック・ハラスメントで懲戒処分となった。

 東京学芸大学によると、50代の男性教授が3年前、複数の学生に「卒論の進捗(しんちょく)が悪い人は即座に留年させる」などと脅すようなメールを送ったり、学生が内々定している企業に「生活態度が悪い」などと連絡したりしていたという。

 精神疾患になった学生もいて、大学はアカデミック・ハラスメントに当たると判断。男性教授を諭旨解雇にし、教授は11日、辞職したという。

とか書いてありましたね。いやあ王様っぷりがひどいなあ。

なんか学生の卒業論文の「おいしいトコ」を手前の名前に書き換えて論文を出してそうな感じだわ。で、わざわざヒトの就職も邪魔したりして。しかし、こいつの連絡を真に受けて内々定を取り消した企業とかあるのかね?もしそういうのがあったとしたら、そこの企業、このニュースを見てどう思うんだが…ま、何も思わねえんだろうな(呆)。国立大学だから税金で賄われてるとこなのにこの不義理っぷりはなんとも。

でさ、この教授、たっぷりと退職金貰えるんでしょう?しかも実名報道もなしで。

何の科目か知らないけどさ、あっさり他の大学の教授とかに「転職」したら、またそこの大学でやりたい放題やらかすと思うけどな。

その学芸大の「再発防止と信頼回復」ってのは「諭旨解雇した後の話は知らねえよ」…なんだろうな、きっと。たぶんこれ氷山の一角で他の教授も似たようなことをやってるヤツはいそうだし、むしろ名前を出さないことによって、同年輩の学芸大の教授の再就職も阻害することになるような気がするんだけどね。

結局、「恥部をバラされたくないからお金で片付けました」ってのが、懲戒免職じゃなくて退職金を出したりする「諭旨免職」でお茶を濁した学芸大の本音でしょう…。いずれにしても大学当局も腐ってるんだなあ。

ったく、馬鹿は氏ななきゃ治らねえ。