なあ阿炎関よ、理事会みたいな場じゃ、まず平謝りするしかねえんだってば(苦笑)

阿炎に怒声「まず一言、ないのか!!」夜の店聴取で理事会紛糾2時間 引退届は預かり(デイリー)

昨日の記事の続きになります。

日本相撲協会曰く「阿炎よ。引退よりも「遥かに辛い」現役続行させてやる」と。

2020年8月6日

(この記事が本当だとすれば)阿炎関もバカだねえ、そういう時はオーバーリアクションでもいいから平謝りして罪一等を減じてもらうもんなんだよ、そういう世事もわからんのか。

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、コロナ禍の中、7月場所前後に接待を伴う「夜の店」に複数回通っていた幕内阿炎(26)=錣山=の懲戒処分に関して検討し、出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%を決めた。調査に対して虚偽証言や同席した幕下の極芯道(錦戸)に口裏合わせを指示するなど悪質と判断された。1日に提出された引退届は協会預かりで引退こそ回避したが、次に不祥事なら即引退。さらに新婚ながら錣山部屋に強制移住し、更生することになった。

 理事会では怒り、あきれの声が上がった。事情聴取のため理事室に呼ばれた阿炎は無言のまま。ある理事から「まず一言、『申し訳ありません』というのがないのか!!」と、いきなり叱責が飛んだ。

 協会の発表によれば阿炎が7月場所前後、接待を伴う「夜の店」で遊興したのは4回。最初の聴取では回数をごまかし、さらに同席した極芯道に口裏合わせまで指示していた。

 理事会で阿炎本人は「責任を感じる」と謝罪をし、土俵に戻りたい意思を示した。しかしうそをついたことの意図、感染リスクなど問われても明確に答えられなかった。理事らには「また同じことを繰り返す」と再発を不安がる声も多く2時間、処分を巡り紛糾した。

 昨年11月にはSNSに不適切な投稿。今年2月の研修会では「寝ていた」発言で厳重注意を受けた。“累積警告”の上、感染予防に協会一丸、自粛中の愚行。調査したコンプライアンス委員会は「無自覚で軽薄な行為。真しな反省の情は見て取れない」と断じた。

 問題発覚後、師匠の錣山親方(元関脇寺尾)は阿炎を強制休場させ1日には引退届を出した。同委員会は出場停止の上、引退届の受理を処分意見として答申。ただ理事会は引退届を受理せずラストチャンスを与える異例の“温情裁き”となった。

 引退こそ免れたが引退届は協会預かり。次に不祥事なら即受理となる。秋場所から3場所出場停止なら来年春場所で幕下へ降下は確実。住居を錣山部屋に移し、師匠の監督下で半年は外出禁止となり“再教育”を受ける。

 6月末には3歳下の一般女性と結婚し、子供も生まれたという話もある。一家の大黒柱として今度こそ更生するしかない。

ま、逆説的に言えば「このバカ、引退よりも辛い道を歩ませてやる」という相撲協会の判断はやはり正しいと思いますね。少なくても、

「温情」ではなく、「最大級の厳罰」

だと思えば良いわけで。そんなお関取のご身分で(?)不貞腐れてられるのも今のうちだよ、と。

スポンサーリンク

「お前の体に聞いてやろうじゃないか、たっぷりと、な!!」

もっとも、私自身も職場の同僚とか、クイズサークルの参加者にこういう「お前、わかってねえなあ」という輩はある一定数はいたもので、怒っても仕方がない(矯正される事もないんで)し、1人いてプラスどころかマイナス100ぐらいになる「使えない」奴ってのは残念ながらどうしようもない…ので、ここはまさに、「ゴルゴ13」第53巻の「崩壊・第四帝国」という話の、モサドのスパイがネオナチの巣窟に忍び込んでとっ捕まって、拷問にかけられる直前にネオナチ幹部がつぶやいた、

…これしかないわけですな。だって言葉で指導してもどうしようもないんすもん。かといってパワハラとか体罰とかやると、やった側がコンプライアンス違反とかで親方とかが処分されちまうわけですな。

となると、もう説教とか言葉ではなく、謹慎やら降格による特権剥奪やらで「心と体でわからせるしかない」と。たぶん錣山部屋でも当面は鼻つまみ者な扱いをされていくんでしょうし、本人は世間から白い目で見られるだろうし、今までちやほやしてた後援者やタニマチがどっと離れていく思いとかをして「やってらんねー」って何度も辞めたくなるだろうし(で、現時点では引退届を受理されないから「辞められない」しで)…で、言葉はアレですが「真綿で首を絞め」るような処分、これははっきり言って本人からすれば「だったらスパッと斬首にでもしてくれ」と言いたくなるような処分になると思うんで、いやーかなり「効く」んじゃないすかね。よく考えたなあ、相撲協会。

やっぱり思うに、パッと見、「辞めさせない」というのは温情判決に見えますが「死刑(解雇)よりも厳しい」ですね、これ。何が一番きついって言えば、「はたから見ると辛さがわかんない、世間は甘いと思われてるだけに、本人しかその辛さがわかんない」ってとこでしょうね。よって相撲協会、まさにナイス処罰(苦笑)。ま、そしたらそしたで逆ギレしちゃってかつての横綱・双羽黒の時みたいに部屋を脱走して「廃業」するかもしれないけどね、阿炎関。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ