あー、阿炎関、引退届出しましたか。しかもキャバクラ通いでしたか(呆)

キャバクラ通い阿炎が引退届 6日理事会で処分決定(日刊スポーツ)

特段驚きはしなかった…のは、たぶんジャニーズ辞めた手越某とか、昨日の石田純一の記事とかを見ちゃったからだろうな。まあ錣山部屋としてはこないだ引退した元幕内の青狼関に続いての引退で結構手痛いダメージかもしれないけど。

これは阿炎関、完全にやっちまったな…としか言いようがない。

2020年7月25日

大相撲の幕内力士、阿炎(26=錣山)が日本相撲協会に引退届を提出していたことが4日、分かった。

阿炎は不要不急の外出自粛を求められている中、7月場所中にキャバクラに出入りしていたことが発覚。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の判断で、7日目から休場していた。日本相撲協会は6日の理事会で処分などについて検討するため、阿炎の引退届は現時点で受理されていない。

  ◇  ◇  ◇

阿炎が師匠の錣山親方を通じて、4日までに引退届を提出していた。日本相撲協会は受理していないため、引退が決まったわけではない。6日に理事会が開かれ、処分が決まる見通し。受理されるか否かについても、議論の対象になる可能性がある。

幕内力士として責任を痛感したからこその判断に至ったとみられる。阿炎は7月場所7日目(7月25日)から突然休場した。同日、NHK大相撲中継の解説を務めた師匠の錣山親方が「数人のお客様と会食に行ったため、大事を取り休場することになった」と説明。「自業自得というか、本人がコロナにかかるのは自分の責任。協会員が一丸となり、お客さんを入れて開催するのに最低のこと」と厳しく指摘していた。

その翌日、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は会食場所について「小池都知事が言う夜の店」とし、回数についても「場所前と場所中と2回」と明かした。阿炎とは別の部屋に所属する幕下以下の力士も同席していた。関係者によると、「夜の店」は、キャバクラであることも判明していた。

日本相撲協会は観客を入れて7月場所を開催するにあたり、独自のガイドラインを作成。「基本的に外出自粛とし、不要不急の外出をしない」などルールを定めて、全協会員に周知していた。新型コロナウイルスの感染防止に向け、一丸となっていただけに、芝田山広報部長は「情状酌量の余地もない」と断言するなど、協会内には怒りの声が上がっていた。

阿炎とキャバクラに同行していた幕下以下の力士はすでに協会に進退伺を提出している。協会の力士ら協会員への処分は軽い順にけん責、報酬減額、出場停止、業務停止、降格、引退勧告、解雇の7項目。阿炎は師匠と話し合った末の引退届提出とみられ、処分内容にかかわらず角界を去る可能性が高いという。

なんかちばてつや先生の「のたり松太郎」をリアルにしたような力士だなあって感じでしたけどね。

一度や二度ではない…んだったら、もう本人もしょうがないと思ってんじゃないスかね。しかも最後の最後に行ってたとこがキャバクラだったと暴露までされちゃって。これは恥ずかしくて現役も続けられないでしょうな。ましてや2場所ぐらい出場停止を喰らえば幕下あたりまで落ちかねないし、そこから再起する事と、今後第2の人生を天秤にかけたらじゃあ後者を…とチョイスした流れもまあまあわからなくはないですし。

ま、同じことをごくごく軽い処分で済んだ田子ノ浦親方にも言えよ?とも思うんだけどね(呆)。それと一緒にでかけた幕下以下の力士には厳重注意あたりで勘弁してやってほしい。こっちは死ぬほど稽古でもつけて強くさせてやってくれ、と。

スポンサーリンク

余談:式秀部屋がちょいと大変なことに…。

おかみさんがモラハラ?式秀部屋の力士9人集団脱走(日刊スポーツ)

で、こちらは余談なんですが…こっちもまた難しい事になってますな(大汗)

大相撲の式秀部屋の力士9人が4日、茨城県龍ケ崎市の部屋から集団脱走した。おかみさんの指導に力士たちが不満を募らせ、東京都内に助けを求めて移動した。力士たちは日本相撲協会の通報窓口に連絡。協会側は今日5日にも事情を聴き、問題の解決を探っていく。

   ◇   ◇   ◇

7月場所が終わった直後、角界にまたも問題が発生した。4日夕方、式秀部屋に所属する力士19人中9人が、集団で部屋を飛び出した。力士たちは千葉県内のカラオケボックスに逃げ込み、日本相撲協会の通報窓口に連絡。その後、東京都内に移動した。

脱走の理由は、部屋のおかみさんによるモラルハラスメントにあるとみられる。師匠の式秀親方(元幕内北桜)が、今年に入って体調を崩し、本場所を休場中。稽古を満足に見られず、生活指導を十分にできなくなったことがきっかけだった。おかみさんが師匠代わりに力士への指導を続けたが、力士が我慢の限界を超え、脱走にいたってしまった。

関係者によると、部屋のグループラインにおかみさんの長文指示が相次ぎ、返信が遅いと「厳重注意」。大部屋のコンセント使用は、許可制となった。力士が実家から仕送りを受けたり、通信販売で買い物をして荷物が届いた時は、荷物を開けて写真を撮り、グループラインに投稿することが義務付けられた。力士からは「プライバシーの侵害だ」との声が上がった。大部屋の個人ロッカーが抜き打ちでチェックされることもあった。おかみさんに反抗的な態度を見せると「クビにするぞ」「協会に言うぞ」などと脅かされた者もいたという。7月場所が2日に終わると、おかみさんは力士に反省文の提出を要求していた。

おかみさんにしてみれば、熱心に指導していたつもりだが、力士には受け入れられず、集団脱走騒動に発展。力士らは師匠を慕って稽古に励んでいたが、その頼りの親方は体調不良もあって目が届かず、おかみさんをコントロールしきれなくなっていたという指摘もある。

日本相撲協会のコンプライアンス委員会は5日にも力士らから事情を聴き、仲裁に乗り出す意向だ。

これは「いやーさじ加減が難しいねえ」と、力士諸氏にもおかみさんにも同情しちゃうなあ。ただまあ、「カラオケボックスに逃げ込んで、協会に通報」ってのはまだかわいい話ではありますけどね(苦笑)。

その昔、協会の経営改善を訴えてストライキを企てた「春秋園事件」ってのがありましたがこん時は「春秋園」というのは中華料理屋だったそうですし、大島部屋だったと思いますがモンゴル人力士が登場し始めた頃は稽古や生活が大変でモンゴル大使館に逃げ込んじゃったって話もありましたけど。それに比べればまだ可愛げがあるというか、まだまだ話し合いや運営方針のすり合わせの余地はありそうですけどね。

もっとも若い衆(←幕下以下の力士を指します)は監視がないと好き勝手にやっちゃうとこもありますし、かといっていきなりスパルタにしてもこれまでの流れでやってきた若い衆からしてみると「やってらんねー」ってなりますし。本来は師範代・コーチ役のようや部屋付きの別の親方がひとりふたりいるだけでも違ってくるんですけども、一門の他の部屋が近接している両国界隈ではなく、茨城・龍ケ崎だとそういうのも難しいんでしょうね、これ。

以上です。

↑で、式秀部屋の一件は、一丸先生の「おかみさん」って漫画が結構参考になります(笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ