でも安倍総理、そんな「君側の奸」をお友達人事で集めたのは貴方でしょ?

安倍総理を蝕むストレスの元凶 周囲に漏らした「官邸から世論が見えない」(週刊新潮)

ま、週刊新潮サンの記事がどこまで本当かはさだかではないんですけど(←ここは重要ですなw)。でもこれがもし本当だったら「でも、そんな周りの奴らを集めたのはあなたでしょ?」としか…ねえ。

 安倍晋三首相に囁かれる健康不安。8月24日には、前週に続き2度目の検査を慶応病院で受診している。持病である潰瘍性大腸炎の治療が目的と見られているが、この病の悪化を招く要因の一つはストレスだ。安倍総理は、一体何に追い詰められているのか。

 慶応病院を訪れた24日のぶら下がり取材では「体調管理に万全を期して、また頑張りたい」と応じた安倍首相。しかし、総理を取り巻く人々は、通常国会が閉じた6月以降、急速に気力を失っていく総理の姿を目撃している。

「国会閉会後、安倍さんは疲れ切って“任せるよ、もういいんだ”と言っていました。会見などの国民への発信は当面、菅さん(菅義偉官房長官)に任せる、ということでした」

 また、今夏、総理に会った関係者は、こう漏らしていたとも証言する。

「官邸から世論が見えないんだ――」

 自民党関係者が続ける。

「安倍さんは“周囲から勧められた政策を良いと思ってやっても世論から批判される”とこぼしていて、官邸と世論のギャップに悩んでいました。具体的には経産省出身の首相秘書官、佐伯耕三さんが考案したアベノマスクや星野源さんの曲に合わせて作った動画のことを指しています」

 また、最近では新型コロナの対策が評価されていないことに頭を抱えていたという。例えば、4~6月期のGDPは前期比年率で27.8%減だったが、同じく32.9%減だったアメリカからすれば下げ幅は小さく、日本のコロナ対策は成功していると総理は考えているという。

「にもかかわらず、世間から批判され、支持率は下がるばかり。最近は“なぜだ。こんなことになるのはなぜなんだ”というのが口癖になっています」(同)

 佐藤栄作元総理を抜き、総理在職最長記録を更新した安倍首相。8月27日発売の週刊新潮では、幕開けが近づきつつある退陣劇について特集する。

まあもともとが、岸信介→安倍晋太郎…という世襲のような形で(しかも岸総理は母方の祖父で、実は父方の祖父の安倍寛氏も代議士だったわけですし…戦後まもなく病没したんで安倍総理が生まれる前に亡くなってしまったんですけども)ただの良家のサラリーマンだった人が代議士になって、更にあれよあれよという間に順調に大臣、そして総理大臣にまでなっちゃって、そして一度目は病気で退陣して、かの民主党政権のていたらくのおかげで返り咲いてから、まさか大叔父(祖父の岸信介氏の弟)の佐藤栄作氏の連続在任日数や、同郷の桂太郎総理の通算在任日数をも超えるほどの「大宰相」になるとは予想してなかったんすけどね。

スポンサーリンク

ねえねえ、「君側の奸」って言葉、ご存知?<総理(苦笑)

で、個人的に思うのは、「でもさー、そんな内閣のブレーンや側近を、お友達内閣のようにより好みで集めたのはあなた自身、でしょ?」としか言いようがないんですけどね。

戦前、陸軍の青年将校がクーデターを企てて当時の岡田内閣の重臣たちを殺戮した「2.26事件」というのがありましたが、その時に青年将校側から狙われた大臣や侍従長などの重臣たちのことを「君側の奸」という言い方で非難し、実際に襲撃し機関銃などで殺傷した次第でしたが…この「君側の奸」という本来の意味は、「君主の側で君主を思うままに動かして操り、悪政を行わせるような奸臣(悪い家臣・部下)、の意味の表現」というやつでして。

つまりは当時の昭和天皇はまだ30歳そこそこの年齢で青年将校の連中からすれば自分らとほとんど変わらない年代で、しかも天皇になって10年ちょっとしか経っておらず極めて経験不足と思われていて、しかも当時は貧富の差が今よりも格段にひどくて政界財界などでの不祥事も多発していて「畏くも天皇陛下の周りにいるジジイどもが、自分らのやりたい放題やっていて全然国民の事を考えてないではないか」という不平不満もあり(勿論、その青年将校の連中の経験の浅さや、視野の狭さ、陸軍の重臣の連中や北一輝などの思想家とかのいろいろな連中に担がれて調子こいてやってしまった側面も当然あるのですけども)、それを本当にやってしまったという側面もあったそうです。

で、話を現代に戻しますが、「君側の奸」って言葉を今の政権にも非常に強く思うとこが多いんスけどね、個人的には。おそらく周りの補佐官とかが「うまく」コントロールして、下々の庶民の生活なんか知らん世襲議員な閣僚連中(ま、麻生元総理なんかも九州の財閥の御曹司で、しかもワンマンの吉田茂の孫ですしね、よくよく考えれば)が明らかに世間ズレした考え方しかできてないし。

おそらくアベノマスクの一件も、本当は財政難の都合もあるでしょうが、かつての麻生政権の頃に12000円だかの給付金をばら撒いた際にほとんど経済効果にもならなかった苦い経験からして、実際は本当に「国民にはアベノマスクさえ配れば、あとは自己責任でヨロシク」って方針だったんでしょうね。

ただ、それだと与党内からも「そんぐらいじゃ、地元の有権者にそっぽ向かれてしまって、次の選挙に勝てん」と反発は出るから、数字上、経済効果が出るようなしかも次の選挙対策にもなるように仲良しの利害関係がある業界には手厚い保護をして(例えば今の「Go Toキャンペーン」なんかまさにそれでしょう?)、更に世間向けのポーズとして給付金は出す事をアピールするけども、できるだけ審査のハードルを煩雑にして上げまくってできるだけカネがかからないように…みたいな財務官僚みたいなのが考えそうなアレを用意して本気で逃げ切るつもりだったじゃないかな、とすら思う次第で。

…ただし、2.26事件での言うとこの「君側の奸」と明らかに違うのは、今回の「君側の奸」は安倍総理のお友達人事の末の結果であること、でしょうね。だって2.26の時に襲われた岡田総理も、殺された高橋是清(蔵相)、斎藤実(内相)、渡辺錠太郎(陸軍教育総監)、奇跡的に助かった鈴木貫太郎(侍従長)の各重臣も「君」、つまりは昭和天皇が自らより好みで選んだ人たちではなく、岡田内閣の時に時の成り行きで大臣や重臣になった人たちばかりでしたから。でも今の安倍内閣の「君側の奸」みたいな連中って、大臣から首相補佐官までほとんどが安倍総理のお気に入りのメンバーで集められてたわけで…そこらへんをふまえて考えてみると総理自身が何をやってもやらなくても批判にさらされて不満に思い、更に「官邸から世論が見えないんだ」とぼやいた話が本当であったとしたら(←ここがポイントですな(苦笑))、

「いやいやいや、そういう環境にしたのもあなたのお友達人事が原因でしょう?」

としか言いようがないんですけどね。そりゃそんなイエスマンに囲まれてなまじっか長くやってたら空気も淀むわ。長い間、人間的にウマが合わないけど能力があるような奴らを、積極に遠ざけてきたあんたが悪いわな(失笑)

しかしこれで仮に安倍総理が辞めたら次の人は大変だな。

ちなみに。通算在任日数の記録保持者だった桂太郎の政権末期の頃はちょうど元号が明治から大正になった直後の頃で、実は3回目の組閣だったんですが、前任者の西園寺公望がしくじっていきなりお鉢が回ってきたという側面もある中で、しかもそこで大正デモクラシーの民主化運動みたいなのが勃発して最後は「大正政変」という形で総理をごくごく短期で辞任して、その翌年に病気で亡くなるという不運の最期を遂げることになります。ついでに書くとその後も次の山本権兵衛内閣がシーメンス事件でしくじって(以下略)

一方で連続在任日数の記録保持者だった安倍総理の大叔父の佐藤栄作の場合は、本来は誰もが3期で自民党総裁を辞めると思ってた中、本人の影響力低下を嫌がった佐藤総理と、後継者として名前があがってた佐藤総理の派閥の番頭役だった田中角栄と、佐藤総理が次の総理と目していた(派閥は違ったんですが兄の岸信介の派閥の後継者でもあった)福田赳夫との後継者争いが激化し、結局、2年後に沖縄の日本への返還を機に退任することになったのですが、この間にも政財界の不祥事も多発し自民党の支持率・佐藤内閣の支持率がジリ貧になったという逸話があり、結局、その次が田中角栄内閣になったんですが、田中総理は田中金脈問題で辞任し、更にその後にロッキード事件でしくじって(以下略)

この流れを見ると、安倍総理が仮にここで(ないし自民党総裁の期限切れで来年あたりに)退任するとしたら、次の総理が後始末で大変そうな気がしてならないですね。実は大正時代のシーメンス事件と、昭和時代のロッキード事件ってのがちょっと似ているもので(外国の企業からの違法献金を日本のトップ級の連中が受けていたことと、事件が発覚したのが国外からリークだったのでシーメンス事件はドイツ側の、ロッキード事件はアメリカ側の陰謀ではないのか?という点などが)、もしかしたら、これ級の大きな不祥事が発生して、「次の総理」が全部尻拭いする羽目になって短期政権で終わったりして…という予感がしなくもないですね。

で、次の総理が菅官房長官なのか、岸田元外務大臣なのか、または人気者の河野防衛大臣あたりなのは知りませんけども(苦笑)

↑やりたい放題なのはこっちもかw

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ