え、台風26号、フィリピン通過後にターンして日本に来るかもなの?(;゚Д゚)

猛烈な台風26号 フィリピン上陸後ターンする予想(ウエザーニューズ)

915ヘクトパスカルという猛烈な勢いのままフィリピン直撃ってのも本当に心配だが、そこから一気に「ターンしてくるかも」ってのは聞いてねえよー(号泣)

10月28日(日)18時現在、猛烈な勢力の台風26号(イートゥー)は、引き続き「猛烈な」勢力を保って、フィリピンの東の海上を西に進んでいます。

沖縄では、台風に向かって北よりの風がやや強く吹いていて、沿岸では波が高くなっています。

▼台風26号 10月28日(日)18時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   猛烈な
 移動     西 15 km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

週明けは先島で強風や高波に注意

台風の中心からは離れているものの、沖縄ではうねりを伴った高波に注意が必要です。

台風は猛烈な勢力を維持したまま西進を続けていて、28日(日)はは沖縄本島地方で波が高くなっていますが、明日29日(月)になると、先島諸島で波が高くなる予想です。

南シナ海を北上か

台風は、あす29日(月)の夜から、非常に強い勢力でフィリピンへ接近する予想です。先月、台風22号により大きな被害が出たルソン島北部では、再び大荒れの天気となるおそれがあります。

複数の気象シミュレーションモデルを比較すると、台風はフィリピンに上陸後は南シナ海へと抜け、進行方向を北寄りに変える可能性が高くなっています。

その先の進路や勢力はまだ不確定なため、日本への影響についても精査中です。今後も最新の情報に注意してください。

台風の名前
台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。

ついこないだ、10月頭なのに「伊勢湾台風並み」なのが来て、もうすぐ11月か。さすがに11月には来ねえだろ…と思ってた矢先に。

スポンサーリンク

「10月20日」に台風が関東にも来た記憶はあるんだけど…。

仮にそこからターンしてきたとして(中国大陸の高気圧のめちゃくちゃ強いことよ…既に人工で何か台風避けのシールドでも完成して常備してそうだ(大汗))、台風の勢いも少しずつは弱くなっていくと思いますが、それでも沖縄界隈で920-930ヘクトパスカル、九州のあたりで950ヘクトパスカル…で来ると、本当にこないだの台風と同じ「伊勢湾台風並み」とか言われるぐらいの大警戒しなきゃならん台風が来ることになりますね、こりゃ。

しかもなんか今回も南シナ海で下手に停滞して本州上陸が11月3日の「晴れの特異日」の日とかになりそーだし。いやいや、11月にこんなえらい台風が来た記憶は全く無いですって。自分が記憶にあるのは2004年の台風22号が10月9日に来て「遅っ」とツッコミを禁じ得なかった…のと、実はこの日は結婚式の日だったんですが、この後に10月20日の台風23号ってのがまたやってきまして、この時の方が雨台風で外勤だった仕事がえらいことになった…思い出しか無いですね。雨合羽着てても長靴履いてても全く意味がないぐらいの(パンツの中までびしょ濡れでしたわ)。で、退勤した後に地下にある職場のシャワーを使って体を温めてから、同じく職場のロッカーで予備で置いといたインナーシャツやトランクスまで着替えた記憶がありますわ。

この年はこの台風が行った数日後に、新潟県の中越地震がありまして、夕方、仕事終わりに食堂のテレビで鹿島対浦和戦を見ていたら、試合終了直後にでかい地震が来て、食堂の大きな窓ガラスにヒビが入った、ということもあったりと、「2004年=なんか災害が大変だった年」という印象しかないんですね。まさに「2018年=もっと災害が多種多様で更に大変だった年」って印象しかない一年になりそうですね、本当に…。

いやあそこはなんとか弱くなって中国本土の方に行ってもらえねえかなあ。もっとも一番ベストなのは「なんかよくわかんないけど台風がいなくなっちゃいました」が、一番丸く収まる話なんだけど…さすがにお天道さまにそれを期待するのは無理か(泣)