そりゃそんな「合宿環境」ぢゃ、水球女子代表の選手たちだって怒るっつーの。

水球女子代表合宿が打ち切りの異常事態…連日炎天下でスパルタ練習や男子監督が批判で選手動揺(スポーツ報知)

SNSで批判とかはどうでもいいが、今時、トレーナーすら置いてない「代表合宿」って…。「スパルタ練習は強制。疲労回復は自己責任」って昭和の頃の部活動じゃないんだから(爆)

東京五輪を控える水球界が前代未聞の事態に直面した。8月開幕のジャカルタ・アジア大会に出場する水球女子日本代表が横浜市内で行っていた強化合宿が19日、予定の日程を終えずに打ち切ったことが分かった。猛暑の中で連日過酷な練習を行った上、水球男子の日本代表監督である大本洋嗣氏(51)が18日にSNS上で女子代表選手を厳しく批判。選手たちの動揺が大きく、合宿の継続が困難になったという。本番への強化に重要となるア大会を一部選手が辞退する可能性もあり、波紋は広がりそうだ。

 水球女子はアジア大会を控え、16日から横浜市内で強化合宿をスタート。本来ならば21日が最終日の予定だったが、2日間繰り上げ、急きょ19日で打ち切られた。ある関係者は「選手は肉体的な疲労もあり、それ以上に精神的にダメージを受けている」ことが原因とした。

 水連関係者によると、心身を追い込んだ要因の一つが、スパルタ式の練習だった。13人からなる女子代表は今季から就任した本宮万記弘(まきひろ)新監督のもとで、2年後の五輪へ向けて再出発。今回の合宿は早朝5時台から午後9時まで、長時間の4部練習を行っていた。だが、正式なトレーナーも置かず、練習は気温35度を超える炎天下の屋外プール。過酷な環境下で、主力選手の一部には肌に日光によるやけどのような症状を起こして病院に運ばれ、別な選手は過呼吸を訴えるなど、疲弊しきった状況だったという。

 18日にはある大学との練習試合で、接触プレーを巡って、大学側の指導者が代表選手に罵声、暴言を浴びせる事態が起きた。そこに追い打ちをかけるように、男子代表の大本監督が18日深夜に自身のフェイスブックを更新。6月24日の関東学生リーグ女子決勝で、選手たちの水着が5枚も破れた件を取り上げ、「この悪質行為は全て日本代表選手によるもの」「悪意しかないのは明白」と書き込んだ。これを見た選手が「プレーを全否定された」と受け取り、合宿離脱を訴える声が続出。事態を重く見た日本水連の水球委員会側も、合宿打ち切りを決めたとみられる。フェイスブックの文面は既に削除されている。

 開催国枠で五輪初出場を決めた水球女子代表だが、練習環境や内容、また指導陣と選手の不協和音が一気に表面化した形。アジア大会は重要な強化の場となるはずだったが、30日から再び始まる都内での合宿が無事に行われるかは不透明。最悪の場合は、一部の主力が同大会をボイコットする可能性もある。

しかしこれ、2018年の話か…? 1970年台のスポ根ドラマ全盛期の話じゃねえの?

スポンサーリンク

これは「練習をやらせる方」がただのアホ。

2015年のラグビーW杯で、南アフリカに勝った日本代表の合宿も、エディー・ジョーンズ氏のもとでの練習は早朝から3-4部練習で、しかも中身も濃くて代表に呼ばれるような国内トップクラスの選手ですら精神的にまいっちゃうぐらいハードな合宿だったそうですけど、さすがに「翌日に疲れをできるだけ残さない」ように、トレーナーなどのスタッフはフツーにいましたしね。

むしろそういう人たち(トレーナーさんだのスタッフの人達)がいない方が、「協会は何やってんだ」って現場から突き上げ喰らっちゃうでしょうよ。それぞれの大学やプロチームにとっては欠かせない選手たちがわざわざ招集されてそういうハードトレーニングを課しているわけですから。

しかし3食や休憩はそれぞれ挟んでたでしょうけど、午後9時まで猛練習課して、翌朝早朝5時に叩き起こして早朝練習までやらせておいて、疲れが残らないわけがないじゃねえかって、素人でもわかると思うんだけどな。しかも炎天下の屋外プールで…ってのがより体力も疲弊させるのに。

※しかも宿も雑魚寝だったりしてね。中学の運動部ばりに。

なんか想像するに、この指導者、昭和の頃のスポーツ指導者ばりに「水を飲むな」とか言ってそう。「水分補給はプールに入ってるから問題ないだろ?」とか。いやいや、夏場のプールの水温わかってねえだろ。下手なぬるま湯みたいに上がるし、水球なんかやってれば本人の体温は上がってくるしで、むしろ水分補給してねえと熱中症のリスクがあがるっつーの。

まあどうせ、(ブレーしてる選手たちや支えているファンや関係各所には申し訳ないけども)水球みたいなマイナースポーツで、ただでさえ競技人口がそれほど多くない中、旧態依然の学閥とか派閥とかに分かれていて、なまじっか日本選手権みたいな大会で何連覇もしてたような協会の上の奴らがアホばかりで、てめえらの昭和時代の現役の頃の感覚で今の代表に「スパルタ練習」を課しちゃったんじゃないですね。本人たちは協会の建物のエアコンの効いた会議室ですべての決定事項を決めてればいいわけですから。そりゃ現場の選手たちもキレるっつーの。で、更に男子の代表の監督がSNSごときで批判なんかしたもんだから(以下略)

しかしどのスポーツ競技も「××協会」の上層部ってアホが多いなーって感じ。特に国内にプロが存在しない(もしくはプロよりも学生スポーツの方が人気がある)「アマチュアリズム」の権化みたいな奴らがデンと構えていて、「昔はよかった」「最近の若いものは」みたいな事しか言ってねえようなのが。まあその「××協会の上層部のアホ」の典型例が、再来年酷暑の東京で夏季五輪をやろうなんて言ってる森喜朗という説が(失笑)。

基礎体力もテクニックも競技人口の裾野の広さも、海外の強豪国には遠く及ばない癖に精神論だけで鍛え上げて「僕たち頑張りました」みたいなふうに持っていくのが、いかにも旧日本陸軍の頃から宿痾として連綿と続いている日本の体育会系のビョーキだよなあって感じ。そんなアリバイ的なスパルタ合宿で強くなれるんだったら毎回、日本代表は五輪で全種目金メダルでも取ってるっつーの。

まあトレーニングごときで死人が出る前に止めてよかったんじゃないすか? どうせ上層部の奴らは人が死んだって責任逃れしかできねえんだから。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ