いよいよWHOが、新型コロナウイルスに「パンデミック」宣言を…。

「パンデミック」とWHO 新型コロナ、世界的大流行 早期終息見通せず 今後も拡大続くと予測(スポニチ)

いよいよWHOも看過できなくなったきましたな…あんだけ「発信源」中国から堂々と大金もらってめちゃくちゃ忖度までしてたのにね(皮肉)。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルス感染症について「パンデミック(世界的大流行)と表現できるとの判断に至った」と表明した。感染が世界に拡大し早期終息が見通せなくなってきた現状を受け、WHOの規定上存在しない表現をあえて用いることで各国に一層の取り組み強化を促した。
 大規模感染は中国にとどまらずイタリアや韓国、イランなど世界の広範囲に拡大し、これらの国からさらに他国に広がる例も多発。全世界で感染者数が約12万人、死者は約4380人に上っている。テドロス氏は「感染者や死者、国の数は今後も増えるとみられる」と予測し、楽観的な対応を取らないよう求めた。

 WHOはこれまで、ウイルス封じ込めを諦めないよう各国に呼び掛けており、テドロス氏は「封じ込めは依然として主要な柱」と強調。一方で、今後は感染経路特定などの拡大防止策一辺倒ではなく、社会的・経済的な影響の緩和や、発症者の治療といった対症療法にも注力する必要性があると訴えた。

 WHOは1月30日、国際保健規則に基づく最高レベルの警告である「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。だが各国で市中感染とみられる例が相次ぎ、2月28日には世界全体の危険性評価を中国と同じ「非常に高い」に引き上げ、世界的な流行と既に認定していた。

 「パンデミック」はWHOの規定上はインフルエンザに対してのみ使用され、新型コロナウイルスでは本来適用されない用語。このため「パンデミック宣言」も存在しないが、テドロス氏は今回の事象をパンデミックと形容することで事態の深刻さを訴えた。

いずれにしても「怖い」のは、これだけの情報社会なのにも関わらず「原因」と「対処法・特効薬」などが全然明らかになってないって点ですよね。

フツーここまで世界的な大事(おおごと)になれば「そもそも原因は何ですのん?中国の武漢で何があったんすか?」という話も出てきて然るべきなのにそれが全く出てこないし、どうやってこの新型コロナウイルスに罹患するのかもわかってないし、国の各役所の事情で「かかったかな?」と思われる全員への検査ができないんで、実際の患者数の分母がこの何倍何十倍なのかもわかってない…という「ないない尽くし」なのも近年では非常に珍しい

スポンサーリンク

かつてのスペインかぜまで行かないといいんだけども…。

個人的には、2009年の新型インフルエンザや、1980-90年代のエイズ(主にアフリカ地方の患者がめちゃくちゃ多かったそうです)よりも、今から約100年前(主に1918-19年)に、「スペインかぜ」と呼ばれたインフルエンザの話を思い出すんですけどね。このインフルエンザは当時は20億人弱だった地球の人口の時代に患者が5億人、死亡者が1億人近くに達してたそうで、日本でも当時は人口5500万人だった時代に40-50万人が亡くなったという凄まじい猛威を奮った病がありました。

で、余談としては「スペインかぜ」とは言われてるものの、発生源は一節によると実はスペインではなくアメリカ方面だったそうで(厳密には「よくわかってない」んだそうですが)、これは第一次世界大戦では珍しくスペインはどちらの陣営にも属してない中立国で、情報が統制・遮断されてなかった為にスペインで患者が出た際に初めて世界中で知られるようになったのが「スペインかぜ」という名前の由来だったそうです。結果的に戦地に派遣する成人男子がこの病気に罹患して死ぬ例がものすごく多かったために、第一次世界大戦を早く終わらせざるを得なかった、という逸話もあったそうです。

更についでに書くと2009年の新型インフルエンザの時もWHOはパンデミック宣言をしたんですが、想定よりも患者数や死亡者数は少なかったという不幸中の幸いな話がありました…が、この時はWHOはものすごくバッシングを受けたそうなんですね。

それを経ての今回の新型コロナウイルスのパンデミック宣言ですので、果たして今後はどうなるのか。2009年の時のような「不幸中の幸い」で終われればありがたいんですけども、ひとまず素人考えとしては一日も早い特効薬の開発と、効果てきめんな対処法・予防策がデマではなく(例えば納豆が効くからと流されてスーパーから納豆がなくなる…とかではないやつを(失笑))本当に効くようなそれを、本当によろしくおねがいしますわ、いやマジで。

少なくても「公園で」遊ぶぐらい許してやれ。

息抜きもだめ? 休校中の外遊びに冷たい視線 近所の声に戸惑う保護者(毎日新聞)

いやいや「公園」の意味わかってねえだろ、クレーマー(呆)

新型コロナウイルスの感染防止を目的とした臨時休校に伴い、児童らが公園などで遊ぶのは「休校の趣旨に反するのでは」という住民の声が各地の学校や教育委員会に寄せられている。保護者にメールで注意を促す学校もあり、保護者は「息が詰まる」と閉塞(へいそく)感を訴え、家にいることでストレスが多くなった子どもたちを案じている。

 ◇「大人は自由に遊びに行くのに…」

 東京都内や大阪をはじめ全国各地で、休校中の学校から保護者に注意喚起のメールが届いている。「公園で児童が15人以上遊んでいるという連絡が近隣住民からありました(略)。不要不急の外出は避け、家庭で過ごすことを指導してください」「地域住民から『午前中から集団で遊んでいる子どもがいる。家庭で過ごさなくてはならないのでは』という意見がありました」

 住民からの懸念を伝える内容だが、保護者がツイッターなどで戸惑いの声を発信している。「大人は自由に遊びに行けているのに」「少しくらい外で息抜きしたらだめなの?」

 東京のベッドタウン、千葉県松戸市の教育委員会によると、「駅周辺のゲームセンターにたむろしている」といった通報だけでなく「子どもが昼間から公園に集まってうるさい」などの苦情も寄せられている。市教委は「市内外の商業施設などをパトロールしている」としながらも、子どもの外出が「保護者同伴のケースもある」として、各家庭の判断に委ねているという。「『公園は○か×か』といったルールを決めているわけではなく、保護者には『休校の趣旨の再確認を』と呼びかけるしかない」(市教委)

 文部科学省は2月28日の通知で全国の教育委員会などに「人の集まる場所への外出を避け、休校中は基本的に自宅で過ごすよう指導する」ことを求めた。今月4日には外出の留意事項を新たに通知し、外出は「軽い風邪でも控える」ほか、「規模の大小によらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かない」と提示している。

 ◇文科省が通知更新「屋外での適度な運動妨げない」

 外遊びも制限しているのか――。同省は「子どもたちの集まり方にもよるが、公園で遊んだり屋外で体を動かしたりすることを一概に悪いとは考えていない」(健康教育・食育課)と話す。そのうえで、カラオケボックスなど密閉された空間への出入りを指導の念頭に置いているという。

 各地の混乱の声を受け、文科省は9日、通知を更新し、「児童生徒の健康維持のために屋外で適度な運動をしたり散歩をしたりすること等について妨げるものではない」などとする見解を追記した。

 医師で福島県立医科大の坪倉正治特任教授は、原発事故後の福島県で、子どもの外遊びが大幅に制限され、肥満やコミュニケーション不足などの弊害が生じたことを指摘する。「福島で起きたことを踏まえれば今回の休校がもたらす『副作用』も大きい」と警告したうえで、「運動不足や生活習慣の乱れなど子どもへのダメージを議論し、低減する必要がある」と話している。

調べてみたら、うちの地元(出身は千葉の成田なんですが、今は横田基地のそばの妻の実家でマスオさんしてます(苦笑))の小学校では、

ふっさっ子の広場(東京都福生市教育委員会ホームページ)

こんな制度をやってるんですね。

ふっさっ子の広場は、放課後に小学校内の施設や校庭を利用し、安全な見守りの中で、子どもが安心して楽しくすごせる「学び・体験・交流」の場です。

福生市では、毎日(月曜日から金曜日)、全小学校で行われています

ふっさっ子の広場は、安全な見守りのもと、たくさんの友だちや異年齢の関わりの中で、集団ルール等の社会性や自主性、協調性などを身につけ、子どもたち一人一人を健やかに育てていくための事業です。参加費は無料です。

平成19年度に福生市立第六小学校で開設され、平成20年度には第三・第五・第七小学校で開設、平成21年度6月からは第一・第二・第四小学校において開設し、市内全校で実施しています。

ふっさっ子の広場では、各広場ごとに昔遊びや工作、英会話教室や軽スポーツ大会等、特色のあるイベントを行っています。今後も市民の皆さん方の協力を得て、さまざまな体験や学びの機会を作っていただき、一緒に子どもたちを育んでいただきたいと考えています。ぜひ参加してみてください。

各広場の普段の活動の様子などにつきましては、次の「各広場の紹介」をご覧ください。
また合わせて「参加の手引き」と各広場のカレンダーページもご覧ください。

まあ遊ぶとこがなければ学校で遊んでなよ?いろいろと工夫して楽しいイベントを用意してるよ?という制度なんですね。

で、この新型コロナウイルスの休校時はどうなってるかというと、

ふっさっ子の広場臨時開室について

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、市立小中学校の臨時休校に伴い、ふっさっ子の広場を次の通り臨時開室いたします。ただし、今回の臨時開室は、ご家庭での児童の育成が困難な場合に対する緊急措置ですので、ウイルスの感染拡大防止実効性の担保のため、不要不急の外出は避け、児童にはなるべくご自宅でお過ごしいただきますようご協力ください。状況が変わりましたら、再度ホームページ等でお知らせいたします。

実施日:3月2日(月曜日)から当面の間の平日

開室時間:午前8時30分から午後5時まで(学校の開始に伴い、放課後からの開室となります。)

注意事項:(1)参加にあたっては、自宅での検温の上、連絡カードにご記入くださ

      い。(37.5度以上、あるいは風邪の症状がある場合は、来室できません。)

     (2)来室の場合は、ご家庭でマスクの着用を促してください。

     (3)手洗いやうがいの徹底をお願いいたします。

     (4)午前から午後まで参加する場合(3月2日も含みます)は、必ずお

      弁当をご持参ください(広場での昼食の提供はありません)。

     (5)広場に登録のない児童も、この間は参加することができますが、必

      ず緊急連絡先の登録をお願いいたします。

…とまあ、「もし親御さんが共働きで家で子供だけだったら、学校に来てもいいよ」という話になってるんですね。ただ「健康には留意して」という付帯条件がついてるのは言うまでもないのですけど。

なので個人的には「どーりで、平日の昼間に近所の大きな公園に子どもたちを見かけないと思ったら」って感じてたんですね。その一方で、通常の学校がやっていれば帰りの時間に送迎用の保護者の車がフツーに止まっていて「授業やってないのにおかしいな」と思ってたんですが、こういうのがあったんすね、ええ。

しかしこの「閉塞感」でストレスが溜まってるのは大人だけじゃないんだから。もっとも仮に自分が子供の頃(昭和50-60年代)に「これ」があったら果たしてどうしてたんだか…。たぶん習い事の公文式も、スイミングスクールもお休みで、半ば無理やりやらされてた少年野球もたぶんお休み(というかサボってるでしょう(苦笑))、かといって家で自主的に勉強するガキでもなかったし…で、たぶん親友宅に行ってみんなでファミコンでもやってたかもしれないですね(^_^;)。

それと今月末はうちの息子の卒園式(実は先天的な発達障害があるんで幼稚園の代わりの、隣町の療育センターの母子クラスに通ってます)と、来月頭は小学校(正確には小中高一貫の都立の特別支援学校。実は療育センターの隣にあります(苦笑))への入学式があるんですが、卒園式の方は子供ちゃん・ママさんの人数が少ないから問題ないらしいんですが、入学式の方はもしかしたら中止になるかもしれないですね。いやー、一日も早い終息を願ってます。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ