新型コロナウイルス大流行で、Jリーグ、ラグビー、大相撲等にも影響が。

Jリーグ94試合の延期が決定! 新型コロナ流行、3月15日まで全試合対象(ゲキサカ)

実は来週の日曜日の、甲府対群馬戦を見に行こうかどうしようかと悩んでたもので。いや、立川から甲府までの「あずさ」の特急指定席とか取らないといけないしで。これはまさに東日本大震災以来ですな…。

Jリーグは25日、定例理事会を開催し、3月15日までに予定されていた全公式戦の開催を延期すると決定した。対象試合は合計94試合。代替開催日などは決定次第、発表される。

 新型コロナウイルスの流行のため。J1リーグは第2~4節の全27試合、J2リーグは第2~4節の全33試合、J3リーグは第1~2節の全18試合、ルヴァン杯は第2~3節の全16試合が対象となる。

 J1、J2リーグは今月21~23日、開幕節全試合(20試合)を開催していた。

これで思い出すのがやはり9年前の東日本大震災の計画停電等における試合延期・中止の一件で、あの時は贔屓にしているヴァンフォーレ甲府はJ1に昇格して1年でJ2に降格した年…だったんですが、物凄く暑い夏の日にデーゲームとかを余儀なくされていた記憶しかないですね。奇しくもあの時も今年も、前年J2を優勝してJ1に戻った(そしてそのままJ1も優勝してしまった)のが柏レイソルってのが妙な「偶然」としか思えないんすけど…(大汗)。

おそらく日程を切り詰めたりして水曜日に代替試合を組んだり、ともすれば東京五輪の期間の中断期間にやりくりしたりするんでしょうね、ルヴァンカップも抱えているJ1なんかは。しかしそれ以前に「来月いっぱい」でこの新型コロナウイルスの大流行が沈静化するんだろうか。下手すると夏の東京五輪まで…なんて嫌な予感しかないのですけども。

スポンサーリンク

そしてラグビートップリーグも…。

ラグビーも中止や延期など検討 トップリーグ、無観客試合も(共同通信)

そういう意味では昨年、W杯で人気が急上昇してきたラグビーはもっと「痛い」としか言いようがないなー。

ラグビーの国内最高峰、トップリーグ(TL)開催が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止や延期、無観客試合を含めて検討されていることが25日、TL関係者への取材で分かった。26日に会議を開き結論を出す見通し。

 1月に開幕したTLは第7節が2月29日、3月1日に控え、5月9日に最終第15節が予定されている。昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを受け、観客動員は好調に推移。感染予防対策として各会場にアルコール消毒液を設置し、マスク着用などを呼び掛けている。

 日本協会の岩渕健輔専務理事は19日「Jリーグやプロ野球などと情報交換したい」と話していた。

余談としては、ラグビートップリーグはいつもだとこの時期は公式戦がまったくないハズなんですが、昨季のW杯で秋にリーグ戦が組めなかった影響で今年は1月開幕5月閉幕という変速日程で行われてるんですね。通常は秋にリーグ戦、冬場にプレーオフ、更に日本選手権…という流れだったと記憶してるんですけども。せっかくのブームに乗れて、ここで「無観客試合」は痛いよなあ。

ただし一番「怖い」のは実は大相撲のような…。

どうなる大相撲春場所…新型コロナウイルスの感染拡大で対策会議開催「中止」「無観客」も選択肢(中日スポーツ)

で、もっと状況的に「やばい」のは実は大相撲だったりするんですね。というのは「上半身裸でのぶつかり合い」も「宿舎で集団生活」もどっちもどこかで新型コロナウイルスの患者が出たら文字通り「濃厚接触者」になるわけですから。

猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、日本相撲協会は25日、大阪市内のホテルで八角理事長(元横綱北勝海)ら協会幹部が対策会議を開き、春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)について「中止」「無観客」「通常開催」の選択肢から3月1日の臨時理事会で決定することを確認した。延期については会場確保の問題、巡業日程の関係から行わない。

 本場所が中止となった場合は八百長問題が起きた2011年春場所以来となる。無観客となれば戦時中だった1945年夏場所以来、75年ぶり2度目となる。ただし、そのときは非公開ながら傷痍(しょうい)軍人らが招待されており、完全な無観客ではなかった。

 尾車事業部長(元大関琴風)はこの日の力士会で「万が一、1人でもかかったら全体のこととして本場所を中止せざるを得なくなる。握手や写真を求められても丁寧にお断りして。不要不急の外出を控えるように」と関取衆に注意喚起した。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、この日の会議について「どういう動線にしたらいいか、もぎりもどうしたらいいかなど、いろんな協議をした」と前向きな話題も出たが、「状況の推移を見ていくしかない。政府からの発表がどうなるかなど、いろんなものを含めて動きがあるのでは」と説明した。

で、晩飯時に妻と話題になったのは「そういえば、東日本大震災が起きた2011年3月って、大相撲はどうだったんだっけ」という話でして、実はこの時は記事にも書いてあるように「八百長問題が勃発して既に大阪場所が中止になってたとこに大地震」が発生した…という次第でした。ゆえに大震災の直後に、元関取経験者のちゃんこ屋のオヤジが「相撲の神様が本場所を中止にしてお怒りになったからこんな大地震が起きたんだ」みたいな事をTwitterだったかブログだったかで口走って炎上してたのを思い出しますな…。

※なのでこの年の3月は大阪に移動はせずに、さりとて主要行事が自粛されていたのでほとんどの力士は東京で大地震に遭遇したという次第でした。

ちなみに相撲部屋の力士たち。パッと見、皆さん健康そうに見えるんですが意外に風邪とかが相撲部屋で発生すると「大流行」すら起きかねないリスクもはらんでるのは事実でして…そういう意味ではむしろサッカー・ラグビーなどよりも「死活問題」なのはこっちかもしれないですね。見に来るお客さんもそうだけど、力士・行司・呼び出し・親方衆…などなどの関係者に患者が出たらそれこそ一気に、という感じになるだけに。

個人的には、東日本大震災でもたびたび起きた、あまりにも極端過ぎる「自粛ムード」は勘弁してほしいなーとは思うのですが、ここまで政府などの対応が後手後手を極まる…とねえ。そしてワクチンの開発どころか「原因」すら判明してない状況では。もしかしたらまもなく開幕するプロ野球も大きな影響があるかもしれないですね。そしてやはり下手すると夏の東京五輪にも。

とりあえず結果的・効果的には実は無駄なのかもしれないけど、引き続き、インフルエンザの予防のレベルでの手洗い・うがい・マスク着用…程度の事はやりつづけていきたいと思っております。皆々様も何卒お気をつけて。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ