「交通安全教室」でスタントマンが車にひかれて重体、そして亡くなるとは…。

※追記しました。

スタントマンひかれ重体、京都 中学校の交通安全教室(共同通信)

そこまで「ガチ」でやらなくたって…(;゚Д゚)。いやこれは冗談抜きに、このスタントマン氏のご無事とご生還を祈る次第ですわ。

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区の市立勧修中のグラウンドで開催された交通安全教室で、交通事故を再現していたアルバイトの男性スタントマン(34)=福岡県春日市=がトラックにひかれ、病院に搬送された。胸を強く打ち、重体。

 山科署などによると、市が安全教室を主催し、イベントなどを扱う東京の会社に委託。男性社員(38)=福岡市博多区=がトラックを運転していた。

 スタントマンは、道路を横断しトラックの死角に入ってひかれる高齢者役。接触した後はバンパーにしがみつき数十メートル引きずられる予定だったが、車体下に巻き込まれた。トラックは時速約10キロで走っていた。

いやしかし、リアルにやらなければ注意喚起にも啓蒙にもならんのはわかるし、ある程度、スタントマン氏とイベント会社の間でも打ち合わせはした上で「リアルな巻き込み事故」の再現をやろうとしたのだろうけど…。

スポンサーリンク

「注意喚起」や「啓蒙」の為にも、ぜひ「生還」してほしい。

にしても…。これを見てた中学生一同は、あまりのリアルさに「たぶん大人になって、自動車免許を持ってハンドルを握った後も忘れない」経験にはなったとは思うんだけど…でもスタントマン氏が「無事に生還」して初めて「注意喚起」や「啓蒙」になるわけで、これで助からなかったら、単なるトラウマやPTSDが残る可能性もありますからね。

おそらく時速10キロ程度の速度でこうなるとはまったくの計算外だったと思うんですけどね。引きずられる場合はおそらく安全スーツみたいのを着て、顔や手足の擦過傷にならんように気をつける術は持ってたんでしょうけど、さすがに車体の下に巻き込まれるといくらなんでも百戦錬磨のスタントマンだって…。

何より、このスタントマン氏が仕事に復帰できるとか、日常生活に戻れるか…とかは(言い方に語弊はあって申し訳ないですけど)後回しにしても構わないので、せめて命だけは。ぜひとも搬送された病院のお医者さんたちと、そしてスタントマン御本人にはなんとか頑張って「生還」してほしいと切に祈る次第です、はい。

追記(4/12 23時半)

事故再現中のスタントマンひかれ死亡 交通安全教室、中学生470人の前でトラックに(京都新聞)

結局、お亡くなりになったそうです。無念…。

12日午後2時20分ごろ、京都市山科区勧修寺平田町の勧修中のグラウンドで、交通安全教室に出演していたスタント会社「ワーサル」(東京都渋谷区)のスタントマンのアルバイト男性(34)=福岡県春日市=が交通事故の再現中、トラックにひかれた。男性は胸や腹を強く打ち、7時間後に死亡した。同教室には全校生徒約470人が参加していた。

「生徒の心のケアは適切に対応」

 京都府警山科署によると、男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していた。時速10キロで走行するトラックのバンパーにしがみつき、安全に着地する想定だったが、失敗して地面に落ち、車体下に巻き込まれたという。トラックは同僚男性(38)が運転していた。
 教室は京都市自転車政策推進室が主催し、ワーサルに業務を委託していた。同推進室は「事故原因を究明し、生徒の心のケアについては市教委と連携して適切に対応する」としている。

まさに交通事情同様、「何が起きるかわからない」をリアルに表現…となってしまったわけですが、できれば助かってほしかった。いや、これは本当に無念過ぎる…合掌。

交通事故を7割減らすたった2つの習慣
江上喜朗
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 18,418

 














ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。