そりゃ高嶋政宏氏も、KISSの格好で弟の離婚問題のインタビューは怒るわ(苦笑)

高嶋政宏、弟・政伸と「確執ある」 泥沼離婚の“被害”ぶっちゃけ(オリコン)

思わず記事の最後の部分を読んで爆笑してしまった。そりゃそうだw

俳優の高嶋政宏が21日、都内で旅専門チャンネル「旅チャンネル」のオリジナル番組『高嶋政宏の旅番長』の記者会見を開き、「激動!ベトナム縦断編」(10月26日 後3:00~)のロケ報告を行った。

 同番組は、政宏が自ら企画し出演する旅紀行番組。今回はベトナム最大の商業都市・ホーチミンから北上して、世界遺産の景勝地・ハロン湾まで約1800キロを横断。「ほかの東南アジアの国より危険を感じない。活気はあるけど、穏やかで優しい人たちが多い」と満喫した様子で「ぬるい感じでツッコミどころ満載の旅だけど、川の流れのような作品になってる。長いだけあって疲れが見えたり、素の部分も見れます」とアピールした。

 「妻のシルビアとも行きたい」と夫婦ロケに意欲を示す一幕もあったが、報道陣から「弟(高嶋政伸)さんとは?」と振られると「泥沼離婚以降、気を遣うというのが正直なところ…」とポツリ。「付き合いがないわけじゃない」とした上で「確執はありますよ」とぶっちゃけて、笑わせた。

 続けて「よく『兄弟の確執』って書かれるけど、僕の一族ではしょっちゅうあったけどな~」とあっけらかんと話した政宏。幼少期の兄弟けんかを振り返りながら「昔、僕が階段から突き落としたら、仕返しに頭に鉛筆を刺されて、その復讐で箸(はし)を刺そうとしたら、隣の人の腿(もも)に刺さって…」と壮絶エピソードも披露し、「(離婚騒動が)終わったとはいえ気を遣うし、家族って蒸し返すもんなんですよ」と漏らした。

 その後もトークは熱を帯び「僕が大好きな(ロックバンド)KISSの応援団長に就任したときも報道陣が押し寄せてきたんですよ。僕はKISSについてのトークをする気満々だったのですが、ジーン・シモンズの格好のまま神妙な顔で離婚について答えて…」と恨み節は止まらず。去り際には「いま思い出しても腹が立ってきた。そういう意味でも確執はすごいですよ」。あくまでジョークのテンションだったが、最後まで本音を漏らしていた。

なるほど、あの時の話か。

そりゃそうだろうな(苦笑)。本人としてはもうネタとして昇華してるんだろうけど、あれが残るわけですし。

スポンサーリンク

まあ「兄弟は他人の始まり」とも言いますから。

ちなみに私も弟と妹がいるんですが、妹はともかく、弟とは昔から仲が悪いですね。なんつーか、昔から偏屈な奴で人間嫌いみたいなタイプだったんですが、子供の頃から今に至るまでほとんど変わってないですね。

で、私自身はそれを「親とか兄弟なんてのは、自分で選んだわけじゃないのだから、自分で選んだ友人や、妻、子供とかを優先させるのは当然」と思ってますね。これは20大半ばの頃に読んだ大橋巨泉氏の「巨泉」という本に書いてあったんですが、その中にあった、「兄弟は他人の始まり」という言葉はいたく気に入りまして、長男なのに結婚して家を出て、妻の実家でマスオさんをやっているというのもそういう方針もあったりするわけですが。

もっともうちの親もそこらへんはえらく寛大…というか既に諦めてるようで、基本的にベタベタする関係が好きではない(特にうちの両親が)ので、結婚する時もまったく揉めなかったですね。むしろうちの両親は「うちの事は気にしなくていい」といい、妻の実家に同居の件は妻の両親が「え、いいの?」って驚いたぐらいで。

そういう意味では、こういうテレビに出てきて「理想の家族」とかのイメージを押し付けられる兄弟ってのはベタベタってよりかはかなりドライな関係のほうが多いんじゃないかと思うんですよね。例えば今の天皇陛下と秋篠宮様の兄弟関係とかも。あそこも兄貴がまじめで、弟がやんちゃだったらしいんで、世間一般が思ってるイメージとはかなり違うんではないか、と考えてる次第です(ただ週刊誌に書かれてるほど、妻子も含めてドロドロしてるとも思わないんですけど)。

しかしそれは差っ引いても、あのKISSの格好をさせられてのインタビューについては弟さんは謝ったほうがいいわ(爆)。以上です。

巨泉―人生の選択 (黄金の濡れ落葉講座)
大橋 巨泉
講談社
売り上げランキング: 337,736

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ