そりゃ千賀ノ浦親方でも「面倒見きれねえ」だからだよ、ニワトリ…もとい貴ノ富士(爆)

貴ノ富士、会見を強行した理由「親方に相談しても『引退しろ』としか言われなかった」(デイリースポーツ)

昨日の記事の続きになるわけですが…そりゃお前が出来の悪い新弟子に腹を立てた(そして障害者呼ばわりしたりニワトリ呼ばわりしたり二度目の暴力を奮った)ように、師匠の千賀ノ浦親方だってお前の言動に腹を立てて「面倒見きれねえ」って思ったからに決まってんじゃん。

付け人に対し2度の暴行問題を起こした十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=が27日、文部科学省で会見を行った。

 貴ノ富士は会見の冒頭で暴行や差別的発言を謝罪した上で、「今回の処分はあまりに重く受け入れられません。私には相撲しかありません。暴行という愚かな行いを反省し、自らを戒め、土俵に戻って相撲道に精進したい」と現役続行したい意志を見せた。

 千賀ノ浦親方に相談せずに、会見を開くことになったことについては、「親方からは『引退しろ』とここ最近ずっと言われていたので…自分としては受け入れられないので。親方に相談してもそういう話にしかならなかったので、自分で動きました」と話した。

 日本相撲協会は26日、都内・両国国技館で理事会を行い、貴ノ富士に自主引退を促す決議をした。事実上の引退勧告で同意しない場合は臨時理事会を開き、最も重い「解雇」を含めた懲戒処分が決まる。

 貴ノ富士は代理人弁護士を通じ、24日に協会に処分軽減を求める要望書、25日には行政府であるスポーツ庁に適切な措置を求める上申書を提出した。その内容は付け人への暴行は指導の一環であったこと、協会のガバナンスに問題があったこと、協会や師匠から引退勧告を受けたことなどを主張している。

てか、こいつに関しては昨日あたりから思うのは、

手柄は自分のもん、責任は他人のせい

って感じがありありすぎて。お前一人の力で関取まで昇進したわけじゃないだろうに。

スポンサーリンク

付け人をてめえの子分・手下だと思ってる時点でアレ。

てか、「付け人」って別にお前ら関取衆の「子分」でも「手下」でもないわけで。

本来は、幕下以下の力士にやる気を出させるために「関取などに”付ける”」んですね。それは関取たちがある程度いい給料や待遇を貰っているのを「羨ましい、俺もああなりたい」って思うこともあれば、稽古や日常生活で粗相をした時に付いている関取衆に叱られたり(前時代だと殴られたりも)して「畜生、強くなって見返してやりたい」…と、それで「ひとつでも強くなって番付を上げる」ために付けてるわけです(で、それでも日常のお世話をしてくれてる付け人たちに関取衆は時折、決して少なくない金額で食事をおごったりすることになるわけなんですけども)。

だからこそ、粗相をした際の注意や叱責はまだしも、それを陰湿なあだ名で呼びつける、風呂場で洗髪中に小便を上からかける、エアガンで撃つ、はたまたビール瓶で殴る…みたいな、ヤラれる方がみじめになるだけの行為は「やってはいけない」と思うんですね。「んな、関取、お前王様にでもなったつもりか?」って感じですな。

ではもし「この馬鹿、痛い目に遭わないとわかんねえのか」という場合に(あまり褒められた行為ではないのですが、あくまでも合法的orグレーゾーンギリギリに対処するには)どうするか。「稽古で死なない程度に鍛え上げる」しかないわけですね。ぶつかり稽古を延々としてしごくとか、三番稽古を延々とやらせるとかになるでしょう。

無論、それで幕下力士が万が一にも死んじゃったり再起不能になったりしたら勿論ダメですから、そこは部屋の親方、またはコーチ役の部屋付きの親方、他の古参力士…等が自分らの経験則をもとに「これ以上やったらダメ。さすがに死んでしまう」というギリギリのラインを見定めて「あくまでも合法的に」やるべきなんでしょう。

あくまでも私自身の意見としては「そこまで禁止する」気持ちはないです。まあいずれにしても「そんな稽古場の土俵外で体罰・いじめなんてわざわざやらんでも、痛い目に遭わせる」方法はある程度はある、とは思っている次第です。そしてそういう考えすら持たずになおかつ状況判断も出来ずに、「安直に」暴力を振るう奴のを私は「バカ」と呼んでます。

師匠の言うことを聞けなかったらもう辞めるしかない。

故に、たぶんこのニワトリ野郎、もとい貴ノ富士は十両に昇進して「力士としては一人前の番付」になっても、22歳ですから仮に中卒から入って7年目になっても「ガタイはでかいけど、心技体の心は全く成長してなかったガキ」だったんでしょうね。で、「小賢しい」ことに貴乃花親方みたいに角界の暗黙のルールとかすべてすっ飛ばして、下手な弁護士でも雇って、手順や道理を踏まずにスポーツ庁に上申書を出すやらの

「完全全面対決」

…で、今の師匠の言うことを聞かずに「暴走」しちゃってるわけなんでしょうね。

そりゃ千賀ノ浦親方もこんなどうしようもない奴には「引退しろ」って言うでしょうよ。完全に相撲協会側と本人側の言い分が食い違っている。しかも本人側は例によって「都合の悪いことは一切書かない・言わない」から、相撲協会側の発表した、付け人を障害者呼ばわりしたことや、ニワトリ呼ばわりした件は完全に「なかったこと」にされてるんでしょう?

それはいくら「相撲バカ」「理想主義が高じた(根回しもできない)原理主義者」の元師匠・貴乃花の愛弟子だったとはいえ、自分の立場、特に言えば自分の「1回目の暴力」で貴乃花親方が追い落とされて相撲協会まで退職することに繋がった(そして貴乃花部屋消滅の危機を救ってくれた千賀ノ浦親方の存在)一件は、もう「完全に忘れちゃってる」のがなんともおめでたい頭だなー、としか。てか、それこそ「ニワトリ頭はどっちだ?」って感じで。

あとこれはあえて断言しておきたいのは、千賀ノ浦親方が「引退しろ」と言ってるのは、「さすがにもう二度目だから引退勧告が出てしまったのはどうしようもない。今、君が自分から引退すれば、まだ若いからやり直しもきくし、退職金も少しは出るだろう」っていう「親心」も絶対にあると思いますけどね。

「破門」されて叩き出されてないだけでも感謝するべき。

仮にこれが血も涙もない親方だったら(例えば先代の貴乃花親方あたりだったら自分の利にならないと判断したら速攻で)部屋の力士を使って、さっさと貴ノ富士の個室から荷物を叩き出して、本人も叩き出されて「破門」されてるでしょうよ。そこらへんの「親心」もわかんないんじゃ…。

まあ次の仕事はプロレスや格闘技とかに行くのかどうかも知りませんけど、たぶんタニマチも応援しないし、「あの性格じゃ」どこの世界に行ってもトラブルメーカーになって続かないでしょうね。

しかしバカだねえ、世事のさじ加減もわかんねえのか。相撲協会、もう一度全力士(もしかしたら親方や若者頭など全関係者)にそこらへんの再教育をしたほうがいいと思うぞ?

バカとつき合うな

バカとつき合うな

posted with amazlet at 19.09.27
堀江貴文 西野亮廣
徳間書店
売り上げランキング: 1,994

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ