「二度の」暴行の貴ノ富士、引退勧告されてスポーツ庁に泣きを入れるの巻(失笑)

暴行問題の貴ノ富士「協会側と師匠から引退勧告された」(朝日新聞)

こないだの記事の続きになりますが、謹慎中に真摯な反省とか、例えば感情コントロールの為のアンガーマネージメントに通うとかそういうのをなしに「減刑嘆願」ですか。とことん往生際の悪いやつだ。

付け人に暴力を振るい、大相撲秋場所を休場するなど謹慎していた十両・貴ノ富士(22)が25日、スポーツ庁に上申書を提出した。上申書の中では、問題を調査している日本相撲協会のコンプライアンス委員会と師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)から引退を勧告されている、と主張しており、適切な措置を求めている。また、24日に協会に対し、寛大な処分を訴える要望書を提出したことも明らかにした。

 協会のこれまでの調査によると、貴ノ富士は8月31日、稽古後に風呂場で付け人の序二段力士に暴行した。協会に対する要望書では「加害者への懲戒は、組織のガバナンスの改善につながらない」「懲戒は(中略)単なる社会制裁であってはならない」などとして、寛大な処分を求めている。

 貴ノ富士は貴公俊(たかよしとし)のしこ名だった昨年春場所で、別の付け人を殴る事件を起こして出場停止処分を受けており、今後は厳しい処分が検討される。協会は昨年12月、力士の暴力行為に対する処分基準を決めており、大関から十両は、出場停止1場所を基準に内容、情状、番付などを考慮して懲戒処分が出される。

貴乃花親方から引き取ってくれた現師匠の千賀ノ浦親方ですら「もう無理だろ」「引き際を大事にしろ」とか言ってる状況で、「まだ自分が助かる」「たかが二度の付け人への暴力でクビになるんて重すぎる」と思ってるとしたら本当にお目出度い。

スポンサーリンク

でもこれ、「2度目」でしょう?(失笑)

それにしても…と思うのは「前回」の時はこれで貴乃花親方が失脚するきっかけになって、最後は協会をも自分で辞めちまう結果になったというのに。しかも兄弟子の貴ノ岩が似たようなトラブルで引退に追い込まれてるのに、まだ「二度目でも自分は助かる」と思ってんのはどうなんだろう。

と同時に、「お前、貴乃花のやり方で失敗したのを見てなかったのか?」と強く思うのは、貴乃花は悪く言えば「相撲バカ」「原理主義者」で、自分のやってる事に間違いはない。だから周りがついてきて「当然だ」という疑いもない信念もあって、おそらく周りに根回しもしなかったんでしょうね。だから本来は一門が違えど旧来の協会のやり方・システムに不満があって、隠れ貴乃花シンパが少なくなかったのに、その隠れシンパですら賛同できないようなやり方で「自爆」したようなもんでしょう。

要は何を言いたいのかといえば、「協会、そして部屋の師匠」が「引退勧告」をしてるってことは、これらは「お前、これはもう2度目だから挽回は無理だ。まだ若いんだし、今引退すればいくらでも人生のやり直しができる」という“最大級の温情”だと思うんですね。もしかしたら少なくない退職金も出るかもしれないし、引退相撲or断髪式もできるかもしれない(最高位が元十両だから国技館の土俵を借りるのはたぶん無理で、大型ホテルみたいな別のとこを借りるか、国技館の大広間を後援者やファンや家族などを呼ぶことにとどまるとは思うんですけども)。逆に、師匠に楯突いて「現役続行」になったとして、果たして角界の周りの連中が「はいそうですか」と理解を示すかどうか。

根回しもしないのは「元師匠」の貴乃花譲りなのか?

私は無理だと思うんすけどね。おそらく「表沙汰になった暴力」の陰で「貴乃花部屋で隠蔽された暴力」がその何十倍もあっただろうし、それがたまたま付け人の人が脱走して事が明らかになったから大問題になったわけで、とすれば「暴力癖」は当然あるでしょう。それが一般社会だったらとうの昔に傷害罪・暴行罪で現行犯逮捕され、一歩間違ったら刑務所行きになるほどの大怪我や陰湿な事をやってる可能性だって「極めて高い」わけで。

第一、日頃温厚な力士で”たまたま”激昂して暴力を奮ったとしたら、1回目の時だって周り、特に他の部屋の力士仲間からも「同情論」ぐらいは出るでしょうよ。それがほとんど全くなかったという事は、いかに貴ノ岩も含めて、こいつも貴乃花部屋の密室空間の中でやりたい放題やってたという証左でしょう?。

「そもそも論」として要は「本当に頭がよい」奴であれば、まずは格下の付け人に暴力は奮わないでしょう。その次に、「先代(貴乃花)は根回しもなしに猪突猛進で自爆したのだから、角界はそれは通じない。とすれば外堀から埋めていく作戦を取ろう」と思うもんでしょうね。例えば、それこそ「山奥のお寺に籠もって滝修行に行ってきます」とか(実際、戦前の名横綱の双葉山は全盛期に「信念の歯車が狂った」突然引退を決意し、周りに説得されてどうにか翻意した後に20日近く滝修行をしてた事があるそうですね)、もしくは「しばらく慈善行為に従事します。とりあえずこれから師匠の許可を得て被災地に力仕事をしてきます」とか。

仮にそれらが無理、相撲部屋での謹慎状態が解かれなかっただとしても、相撲部屋に籠もってカウンセリングをお願いするとか、写経を始めて心を整えるとか…って、ぶっちゃけ「辞めたくなければ、すぐにでもできる事を」いろいろとやる選択肢はあるハズで、そこから「どうもあいつは真摯に反省してるらしい」って周りから”減刑嘆願”がなされて、罪一等(=今回の場合はクビ、ないし引退)は免除されて、今後はより相撲道に励む…だったらわかるんですけど、それをすべてすっ飛ばして、周りの気持ちなんか一切考えずに協会じゃなくて「スポーツ庁」に持ってったわけですからね。

いやいやお前、全然反省してねえだろ?

って角界からも世間からも思われるような「最悪手」をかましちゃった次第ですね。たぶん角界の他の連中からすれば「やはり貴乃花と同じだ。世事を全くわかってねえ」「あんなバカ、早く辞めちまえばいいのに」と思われるでしょうよ。

師匠の言うことを聞けなけりゃ辞めるしかない。大関の貴景勝も含めて。

ま、これで仮に、旧貴乃花部屋の力士たちが今の師匠である千賀ノ浦親方に恨みを持ったり、口を利かなくなるぐらいの険悪な関係になるかもしれませんが、そもそも大関に戻った貴景勝を含めて「力士が現役を続けられるか否かの決定点は、現在の所属部屋の師匠が持っている」ことは忘れちゃいけないな。貴乃花が根回しもせずに自爆して結果、相撲協会を辞める際に既に総スカン状態になったとこに「兄弟子が火中の栗を拾う思いで、自分の相撲部屋に引き取ってくれた」という、一歩間違えば貴乃花部屋消滅と同時に力士も辞める羽目になったとこを拾ってもらった…のを恩も忘れる奴なんかは、さっさと力士を辞めればいい話でしょう?

それは大関にまで出世した貴景勝ですら例外ではないのは言うまでもないでしょうね。少なくても千賀ノ浦親方はともかく(内心は別にしても)、師匠に楯突いてる奴に角界の連中の評判がいいってことはほとんどないでしょうね。そしてこんな奴が一般社会で通用するわきゃないでしょう?

ま、来年の今頃はプロレスデビューでもしてんのかな?貴ノ富士。本当にこいつバカだねえ。

往生際の悪い奴

往生際の悪い奴

posted with amazlet at 19.09.25
Masatti (2014-09-01)
売り上げランキング: 123,841

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ