いや貴公俊→貴ノ富士。また取的への暴力を…本当にいい加減にしろよ(呆)。

貴ノ富士また付け人に暴力!秋場所休場 協会調査へ(日刊スポーツ)

結局、身内への暴力沙汰で引退に追い込まれた貴ノ岩もそうだったが、「お前、兄弟子がああなって角界を追われたんだから、少しは耐えて懲りろ、アンガーマネージメントでもやってこい」と言いたいわ。

日本相撲協会は3日、西十両5枚目の貴ノ富士(22=千賀ノ浦)が序二段力士の付け人に暴力を振るい、秋場所(8日初日、両国国技館)を休場すると発表した。8月31日の横審稽古総見後、千賀ノ浦部屋に戻った後に暴力行為があったと、この日午後、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)から日本相撲協会に報告があった。休場は協会の処分でなく、千賀ノ浦親方による自主的な謹慎になる。

協会への報告によると、3日夜に当該の序二段力士が不在となり、連絡を取って事情を聴いたところ、貴ノ富士の暴力行為が判明。夜遅い時間だったため、3日の報告になった。外傷はないという。

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「昨年から何度も研修を重ねている中、同じ関取が2度も暴力を行ったというのは大変に遺憾だと受け止めている」と話した。貴ノ富士は、しこ名が貴公俊だった昨年3月の春場所中にも付け人を暴行し、9日目から休場。同年5月の夏場所は出場停止処分を受けていた。芝田山広報部長は「貴ノ富士は2回目ですから、ここは重く受け止めないといけない」と指摘した。

今後、日本相撲協会はコンプライアンス委員会で詳細を調査していく。

ま、これで引退に追い込まれても全く驚かないけどな。

スポンサーリンク

そりゃできの悪い弟弟子や付け人もいるだろうよ…。

相撲界から全ての体罰や暴力が根絶される…とは全く思っちゃいないが、そういう体罰のようなものは「稽古場の土俵の上」で(言い方は悪いけど)合法的に、稽古の一環でやればいいだけの話だと思っている次第で。四股を300回増やすとか、腕立て伏せをもう100回増やすとか、ぶつかり稽古をあと10分延ばすとか。

勿論、それで死んじゃうのはダメなんで、部屋の親方とか部屋付きのコーチ役の親方たちが「ここまでが限度」というのをじっくりと見守る必要があるのは言うまでもないですけどね。そういう稽古でむしろ力士として成長すればいいだけの話で、わざわざプライベートの場でみじめになるような暴力をする必要はないでしょう。ましてやこの貴公俊→貴ノ富士、2回目ぢゃないですか。しかも1回目は関取(十両)から幕下に落ちて、それ相応にみじめな思いや双子の兄弟に番付的に置いていかれる思いもしたというのに。

「あの時は辛かったから、俺はどんな事があっても同じミスはしない。」と思うのがフツーの「プロ」というもので、特に十両昇進して「関取」となれば相撲取りとしては一人前。それをつまらん暴力沙汰で全てを失いかけて雌伏の時を過ごしてたのに…それを同じ事を繰り返すのはもう「バカ」以外の何物でもないでしょうよ。

まあ辞めたほうがいいでしょうね。それと同時に元師匠の貴乃花は「そこらへん」の人間的な成長の面倒はほとんど見なかったんだろうなあと。貴乃花がしくじって弟子をすべて引き取ってくれた元・隆三杉の千賀ノ浦親方にも失礼極める行為でしょうよ。系統的には甥弟子(貴乃花と隆三杉の師匠が同じ人(藤島→二子山親方)で、師匠が兄弟弟子ですから)を引き取ってくれて、これが原因で少なくはないペナルティを相撲協会から受けるのは、もう気の毒以外の何者でもないですわ。

本当にこいつバカだねえ…。早く引退して消えたほうがいい。このままだと「3度目」もあるよ、絶対に。

キレる女懲りない男―男と女の脳科学 (ちくま新書)
黒川 伊保子
筑摩書房
売り上げランキング: 59,906

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ