果たして7千人でドタキャンした「沢田研二の意地」とは何なんだろうかな。

沢田研二、ドタキャン理由…9000人のはずが7000人「僕にも意地がある」(スポーツ報知)

一昨日の記事の話の続きですが…、7000人で「不満」だって言われたらもうスタッフやイベンターはやってらんねえだろうな。

17日にさいたまスーパーアリーナで開催予定だった公演を急きょ中止した歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内で取材に応じた。中止の理由について、事前に所属事務所とイベンター(チケットを販売し、ライブを制作する会社)から観客数が9000人と聞いていたが実際は7000人で、自身が求める満員にほど遠く、意地として中止を決断したと説明。開演前に会場から帰ったと明かし、「僕の実力不足。申し訳ございません」と謝罪した。代替公演を行う方向で調整していく。

 午後4時すぎ。グレーのスーツにちょうネクタイ姿で報道陣約10人に対応した沢田は、悔しさをにじませながら公演中止を謝罪した。

 「僕にさいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。本当に申し訳なく思ってます」と頭を下げ、「お客さんは『来てんねんから、やれよ』と言うのは分かる。甘いけど、僕はお客さんを信じてる。今回はお客さんに甘えさせてもらい、僕の意地を通させてもらいました」と説明。

 同ライブは17日午後5時開演予定だったが、4時頃に急きょ中止がアナウンスされた。会場入り口に貼られた紙には手書きで「契約上の問題が発生した為(ため)」と理由が記されていたが、沢田は「動員に関する契約上の問題だった」と話した。

 同会場は客席が可動式で、ライブ規模によって約1万人から最大3万7000人まで収容可能。事前に所属事務所とイベンター会社から集客状況を「9000人と聞いていたが、実際は7000人だった」と知らされた。リハーサルでモニターを見た時、座席が置けるのに置いておらず、観客が座れないように客席がつぶされているブロックが「6か所くらいあった」ことに腹を立てた。

 沢田は「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。無理だよ。僕にも意地がある」と最終的に自身で中止を決めた。だが、開場時間の午後3時半まで事務所、イベンターから開催を懇願され、押し問答に。最後はらちが開かず、「今回はできませんと1分でも早くお客さんに伝えてほしかった。僕が帰らないと収まらないならと、3時45分くらいに帰った」という。

 中止を決断した自身について「僕は特殊な方だと思う」と沢田。これまでも東北、中国地方などでは集客が少ない中でライブを行ったこともあり、事務所やイベンターに「ライブをやるなら満員にしてくれ、無理なら断ってくれといつも言ってる」。現在70歳で「あと10年はやる気持ちだけど、こんな調子ではどうなるのか心配」と心境を吐露した。

 同ライブは振り替え公演を行う方向で事務所、イベンター会社と話し合いを進めており、「来年5月から始まるツアーまでに会場を探したい」とした。

 ◆21日大阪公演予定通り開催 沢田が次に開催する21日の大阪狭山市公演のイベンターはこの日、「現状、中止とは聞いておりません」と予定通り開催すると説明した。チケットは完売している。全国ツアーは残り31公演。沢田は「予定通りやります。僕も中止はないことを祈ってます」とし、「今後はそういうこと(中止)がないように事務所、イベンターと力を合わせて頑張ってほしい」と再発防止を呼び掛けた。

これに加えて、反原発の署名をやらせようとしてさいたまスーパーアリーナ側と揉めたって話もあるらしいんですが…そこは本人もマスコミもスルーですか(失笑)

スポンサーリンク

「こだわる」ポイントがまず違う。

(以下は本人が言うとこの「ドタキャンの理由=観客数が少ない」説に沿って(?)書いてます)

どうも「昭和の大スター」だなあと思うのは、「コンサートの演出や中身等の詳細」に関して、

歌手側は一切受け身でこの仕事を請け負ったのか?

…というとこで、これが沢田研二氏よりも少し後のフォーク世代やニューミュージック世代の歌手以降(例えば吉田拓郎、小田和正、さだまさし、松山千春、中島みゆき、松任谷由実など)だったら、本当にステージ上の大道具の種類から演出から、ステージ上の自分の立ち位置、バックバンドのメンバーや楽器決めまで、舞台監督や音楽プロデューサーと詳細なとこまで「詰めて」、時にはわがままであろう意見も議論した上で、リハーサルやゲネプロ(直前に本番同様に行うリハーサル)を重ねていく…と思うんだけども、この「昭和の大スター」さんはそうではなく、バックバンドとリハーサルはスタジオ等でやってたかもしれないけど、そういうコンサートの演出や細かい点は「スタッフに丸投げ」してたのかな、という感じがしてならない。

そうじゃなければそこまで積み重ねてきた話し合いや準備を全てちゃぶ台返しして「帰る」って事はないでしょうよ。

もっとも「そもそも論」として、この手の歌手に関しては自分の観客動員力も「把握」していて然るべき問題で、通常の全国ツアーでの自分の観客動員力(ステージ上から見て何割ぐらいのお客さんが埋まってるか、は分かる筈だし、イベンターに問い合わせれば毎回のチケットの販売枚数の一覧ぐらいはすぐにわかるでしょう)を本当にわかってれば、「抑える会場」についてもそれなりの1000人2000人程度の市民会館みたいなとこで「事が済む」とこを、何かのアニバーサリー気分で見栄張って、10000人ぐらい入れるさいたまスーパーアリーナなんか抑えたのも問題でしょうよ。

自分で決して宣伝活動をしない、いわゆる「昔懐かしいファン、信者の皆さん」任せにチケット販売して、売れなかったからといってそこでキレる…ってのはやはり「ああ、昭和だねー、高度経済成長時代の遺産だねー」って感じ以外の何者でもないですね。ビートルズの武道館公演の頃じゃないんだから。いざ日本に来たらホテルに軟禁状態だし、武道館の一階のアリーナ席は警備で閉鎖されてるわ、あげくに、前座が物凄く続いた後に出てきたら、結局若い女性客がキャーキャー金切り声ばっかあげていて「なんだあいつら、結局俺らの歌、聞いてねえじゃん。英語もわかんねえくせに」ってロコツに手を抜くようなことは…平成の世にやっちゃダメですわ。口コミやネットでの伝播力が50数年前と半端なく違うんだから。

で、「反原発の署名」で揉めた説(?)にも触れますが…。

…で、それを踏まえて、一説で出ている「反原発の署名」云々で会場側と揉めた説にも触れるんですが…。

まあそれも「本物のプロ」だったら絶対にやらない話でしょうしね。第一、歌手本人がどういう思想を持ってようと、それをファンに押し付けてはいけないのは当然でしょう。

ましてや今回のお客さんは、下手すればグループサウンズ時代からの50年級のファンや、「勝手にしやがれ」などのソロでヒット曲を出してた頃の30-40年級のファンが大多数だったらしいですし、そういう「支えてくれてた」ファンを歌手自らが裏切るような言動・行為・発想は慎まなきゃ駄目だろうなあ、とは思いますけどね。そこはもう死ぬまでわかんねえだろうなあ。なまじっか若い頃に「栄光」を見ちゃってるから、これからどんどんジリ貧になっていくんでしょうね。

ま、まさにここらへんはファンでも何でもない私らからすれば

「勝手にしやがれ」

ということで(←結局落ちはそれかいw)

↑この映画を知ってると、今、沢田研二が反原発を吠えてる現状がなんとも皮肉で可笑しくて(以下略)