佐野SAのストが収束…とは言ってるが、「待て、これは孔明の罠だ」っぽい(爆)

佐野SAのストが収束 会社側が譲歩か、24日に再開へ(朝日新聞)

少し前に書いた話の続きになるんですが…、そもそも根本的な問題、すなわち「ケイセイ・フーズの親会社がメインバンクから融資を断られた話」は何一つ解決してないような気もするんだけどね。

東北自動車道上り線の佐野サービスエリア(SA、栃木県佐野市)の売店やレストランで8月14日から1カ月以上続いていたストライキが、23日までに収束した。売店などを運営するケイセイ・フーズ(同市)の労働組合が同日発表した。ストをしていた従業員は順次職場に復帰しているという。

 同社では岸敏夫社長が総務部長の加藤正樹氏を突然解雇したことから、会社側と従業員が対立。ストが始まった。会社側は別の働き手を確保し、売店やレストランの営業を再開するなど対立が続いていた。労組によると、職場に復帰した従業員は、現在働いている人との業務引き継ぎなどを行い、24日午前11時から以前と同様の営業状態にするという。労組は「ストが長く続き、従業員も追い込まれていた。利用客の皆様にはご迷惑をおかけしましたが、戻れて良かった」としている。

 先月30日に団体交渉が行われたが、労組側が要求した加藤氏の総務部長としての復職や岸社長の辞任について、会社側は拒否していた。

 労組によると今月17日、会社側から「岸社長ら現経営陣が退陣し、新たな社長となるので戻ってきてほしい」と関係者を通じて連絡があり、応じることにしたという。

お盆のかき入れ時に仕入先から総スカンくらったり、従業員のストライキが勃発して営業ができなくなったり、代わりの従業員を雇ったり人海戦術で運営会社はどーにかしようとしたり…といろいろとあったようですが、

…で、根本的な発端だった「同社の親会社の建設会社に関する信用不安情報」の大元となった、「メインバンクが親会社の建設会社に対する融資ストップの一件」はどうなったんだろうかね。

スポンサーリンク

「これで万事解決」…とは全く思えないのが逆にすごい。

佐野SAストライキ終了!社員職場復帰、社長は退任(日刊スポーツ)

で、こちらは日刊スポーツの記事より。

8月14日に運営会社の従業員のストライキが発生し、営業が2日、ストップする事態に発展した東北道・佐野サービスエリア(SA=栃木県佐野市)上り線のフードコートと売店の問題で、運営会社「ケイセイ・フーズ」のストを起こした社員が23日、職場に復帰し、ストを終了すると明らかにした。同日、ストを起こした社員側の広報担当を務める、前総務部長の加藤正樹氏がSNSで発表した。

加藤氏はフェイスブックで「私たち佐野サービスエリア労働組合は、2019年9月22日午前6時、職場に復帰しました! 大変急な話だったので、口頭による合意のみによる復帰です。両者の認識が合致しているかどうか、最終的な合意内容のすり合わせは、これからということになります」と明らかにした。加藤氏によると、ケイセイフーズがスト発生後、頼んだ代替の業者、担当者が22日に現場を明け渡したことを受けて、掃除などをしつつ、営業を徐々に再開していたという。

加藤氏はフェイスブックに「39日と3時間。本当に長く、苦しい戦いでした」と職場復帰までの思いをつづった。

「今回の場合、“負ける”ということは、従業員にとって、生活の基盤を失うことを意味します。特に高齢者の皆さんは、再就職もままならない。私は、そのリスクを冒させてしまった責任の重さに、なんとか持ちこたえなければならない…本当に苦しい日々。大きな後悔と反省をし続け、なおかつ、勝つための努力をし続けた日々でもありました。そんな中、一旦は“負け”を覚悟した私たちが、職場に復帰までたどりつきました」

加藤氏は、その上で「現在、正常化に向けて、引継ぎ作業等を実施中です。佐野サービスエリア(上り線)は、9/24(火)11時をもって、通常営業に戻ります。従業員一同、皆様のお越しを、心からお待ちしております」(コメントは原文のまま)と、24日から通常営業を再開する考えを明らかにした。

ストは、発生前日の8月13日午後、同社の親会社の建設会社に関する信用不安情報が、フードコートと売店に商品を卸す取引先業者に露見し、7月25日前後から商品が納入されなくなったことに端を発した。そのことを受けて、加藤氏が商品の代金を前倒しで支払う旨の覚書を作成し事態を収拾し、商品は再び納入され始めたが、覚書にサインした岸敏夫社長が内容の変更を求め、反発。その中で、資金繰りが厳しいことが明らかになり、そのことを糾弾した加藤氏が解雇されたことで、ストに発展した。

複数の関係者によると、ストが長期化したことなどを受けて、岸敏夫社長は退任するという。

ま、前総務課長さんが自ら1500万円を用意して、ストに協力した従業員さんをバックアップしてて、もうすぐその資金が底を尽きそうだ、というとこでケイセイ・フーズが妥協したという事らしいんですが、果たしてこの前総務課長さんも会社に戻れるのかとか、そもそもワンマン社長だった人の次の社長はどういう人なんだ?とかいろいろと疑問は有るんですけどね。

…ただ、一般的なバランスを考慮してみれば、これらは「おかげさまで解決しました、万事OK!!」…なわけでは勿論なくて、むしろ「ここからが大変」であり、更に一歩間違えると「終わりの始まり」にもなりかねないような気がしてならんのですけどね。

というのは、親会社の信用不安が発端で、子会社のゴタゴタ(今回は放漫経営で社長のお気に入りだった支配人が好き放題やらかしたという話もあったそうですし)まで影響を及ぼしたわけで、フツー、これは常識というかバランス的な見方をして考えてみれば、

「ただでさえ、信用不安情報が流れた親会社の建設会社」が更に「その親会社の放漫経営が原因で、子会社がよりによって全国ニュースになるような非常に大きなゴタゴタを引き起こした」ようなとこに、「融資の凍結」を宣告したメインバンクが、「あ、話が解決したようですね?じゃあ融資しましょう」みたいな流れに、

なるわきゃないだろう?むしろ「警戒を強める」に決まってるだろ?

としか言いようがないんすね。わざわざ倒産にリーチがかかってて「不良債権待ったなし」なとこに好んで貸すバカはいないでしょうよ(苦笑)

「待て、これは孔明の罠だ」っぽい。

そこで考えられるのが、NEXCO(佐野SAを含めたSA・PAの統括や運営責任等はNEXCO東日本の子会社のネクセリア東日本が担当してるそうですけど)が、間に入って、メインバンクの融資凍結を解除するために、またはそれを納得させる何らかの信用保証や担保を差し出したとか、親会社が新しいメインバンクをどうにか見つけて新規融資に成功したか…のどちらかだと思うのですが、それだったら別にストを結構してる従業員に妥協する必要はないわけで、融資されたお金で然るべき従業員を雇うなりして、スト側の資金の底がつくまで妥協もせずに追い込めばいい話ですしね。

で、もしケイセイフーズやその親会社に「そういうグッドニュース」があれば、フツー、「やらなくてもいい」ぐらいに自ら喧伝してまでスト側を追い込むでしょう? そういう話も全く出てこないで、ただスト側に妥協をして従業員に戻ってきて欲しいみたいなポーズを見せた…となれば、

「待て。それは孔明の罠だ」ってなるでしょうよ(大汗)

なので、例えば「親会社が改心して、その総務部長を新社長にして経営再建を託しました」とか(←そんな、「半沢直樹」のドラマみたい事は現実としては1500%なるわきゃないし、そんな良心があればそもそも親会社に「信用不安情報」は流れないでしょう?(苦笑))になっても、どんなに経営努力しても親会社の経営が「底が割れたグラスのコップ」状態で、仮に子会社が利益をあげまくっても親会社と一緒に連結倒産する可能性だって高いですし。または、これはかなりぶっちゃけて言えば、親会社側がもうにっちもさっちも行かない状態になってて、悪意1500%で「いいよいいよ、あいつらも巻き込んで一緒に路頭に迷わせてやる。毒も喰らわば皿まで、だ」で、”あえて”妥協した可能性だって否めないでしょう?

…で、個人的には一番理想な形なのはこれはもう言うまでもなく、「前総務部長が新規に運営会社となる会社を設立すること」で、次が「ケイセイフーズが完全に親会社から独立すること」なんだろうなとは思いますね。更にその前総務部長が新社長になって手腕を発揮すれば最高なんでしょうけど。でも無理ないしかなり厳しいだろうなあ。黒字倒産にならんように、関係各所(特に契約関係に強い弁護士とか)に相談して、さっさと「親離れ」を図れることを祈りますわ。

でもサービスエリアを使うユーザー側にとっちゃ迷惑極まりない「内輪もめ」なのは間違いないんですけど、取引業者の保全等も考えれば、「やってること」自体は明らかにスト側のほうが一理もふた理もあるのは確かですから。で、一番迷惑を被るハズのNEXCOは…たぶん公団時代からのお役所仕事的な「事なかれ主義」を十二分に発揮にして今後も動かんのだろうね、きっと(呆)。

バンカーズ・コード〜銀行員2.0〜 勝率9割 伝説のバンカーが教える 銀行マンの掟
大塚明生
プレジデント社
売り上げランキング: 219,880

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ