お互いあおり運転で事故…と。いっそ「喧嘩両成敗」で両方とも実刑に(以下略)


InnviertlerinによるPixabayからの画像

あおり運転しあって事故起こした疑い 男2人を書類送検(朝日新聞)

「お互いあおり運転で事故」というある意味で新しいネタ…もといケースでの話。どっちもまたはどっちかがぐっと堪えろよ、大の大人なんだから。

互いにあおり運転をして車同士の接触事故を起こしたとして、名古屋市熱田区の会社役員(40)と愛知県岩倉市の会社員(22)の男2人が道路交通法違反(安全運転義務違反)の疑いで20日、愛知県警から春日井区検に書類送検された。会社役員は「自分はわざと幅寄せしたりはしていない」と容疑を否認、会社員は認めているという。

 春日井署の発表によると、2人は7月31日午後1時半ごろ、愛知県春日井市勝川町5丁目の国道19号で少なくとも200メートルにわたって、互いに幅寄せなどのあおり運転を繰り返し、双方の車同士が接触する事故を起こした疑いがある。

 2人の車が交差点で止まっていた際、前方にいた会社役員の乗用車が青信号になっても発進しなかったため、後方に中型トラックを止めていた会社員がクラクションを鳴らすなどもしていたという。

 会社員の中型トラックが会社役員の乗用車右側に接触したため、会社役員が「物損事故があった」と110番通報した。署は付近の防犯カメラを分析するなどして捜査していた。

 調べに対し、会社役員は「相手から幅寄せされたり、あおられたりした」と話し、会社員は「相手が何度も車線変更などをしていたのでイライラして幅寄せなどをやった」と話しているという。

ま、このケースは「青信号に気づかなかった会社役員」の方にやや原因はあると思うんだが…「トラックを運転してた会社員」だって、クラクションを挑発するように何度もビービー鳴らすんではなく、軽く叩くようにパフッとか鳴らす…みたいなやり方はいくらでもあったようにも思えるのだが?

スポンサーリンク

「カッとなったら何事も負けよ。」

まさに(たまたま)手元にあった「インベスターZ」という漫画に書いてあったセリフそのまんまだな、このシチュエーションは…と(苦笑)

とりあえず運転免許試験場でも、自動車教習所でもいいから「アンガーマネージメント」も取り入れたらどうなんだろうかね。…ま、それでもやはりカッとなる奴もいるし、そもそも某宮崎文夫容疑者のように「(借りてる高級車を借りパクして、なおかつ全国各地であおり運転を楽しんでたみたいな)もともと頭がおかしい」やつもいれば、盗難車乗り回して更に弟の免許証保持して高速道路でエアガンぶっ放すキチガイもいるしで、それが即効果が出てくるとも考えづらいんだけども…。

ただこのアンガーマネージメントを経験して、「怒る側」と同時に「怒られる側」に立った際のシュミレーションも立てられるから、やらないよりかはやった方が少しはいいんじゃね?とは思うんすけどね、どうだろう。

…で、この両容疑者は世の中に迷惑をかけて「喧嘩両成敗」って事で、いっそのこと二人仲良く刑務所行きの実刑判決でも(意味不明)。

イラスト版子どものアンガーマネジメント : 怒りをコントロールする43のスキル
篠 真希 長縄 史子
合同出版
売り上げランキング: 2,524
インベスターZ コミック 全21巻セット

売り上げランキング: 34,440