なぜ「被害者」たる山口真帆嬢が、矢面に立って謝罪しなきゃならんのかがわからん。

NGT山口真帆 自ら出演志願し謝罪…12日イベントも出演へ 暴行被害も(デイリー)

心の傷も癒えぬままにこんなとこに立たされて…。で、運営の奴は矢面に立たずにだんまりとトンズラなんでしょう?

アイドルグループ・NGT48が10日、新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」を開催。昨年12月に男性ファンに自宅に押しかけられる被害を受けていたことが9日に明らかになった山口真帆(23)が出演した。

 山口はステージ上でファンに謝罪。運営側と話し合いを行ったことも明かし、今後もNGTとして活動していく決意を口にした。関係者によると、山口は自ら運営側に出演とコメント発表を申し出たという。12日に新潟市内で行うNGT48のイベントにも出演する見込み。

 山口はこの日、ユニット曲「てもでもの涙」で、柏木由紀(27)とのデュオで登場。歌い終わると1人でマイクの前に立ち、「ありがとうございます。あの…、この度はたくさんお騒がせしてしまって、誠に申し訳ありません」と謝罪。「先日もお伝えした通り、私にも守りたい物があったからこのような形で皆さまに伝える形になってしまったことも…、お世話になっている方たちにも迷惑をかけるかたちになってしまったこと、本当に申し訳なく思っています」と語り掛けた。

 続いて「(運営の)AKSの方とも話し合えて…。これがきっかけとなって、NGT48が新しい方向に向かえるように、私もチームGの副キャプテンとして頑張ります。引き続き、NGT48の応援をよろしくお願いします」と話し、深々と頭を下げた。この日の山口の出演は、この1曲のみ。他のメンバーが騒動や山口の謝罪にふれることは一切なかった。

 山口は9日、自身の公式ツイッターで「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」などと記述。昨年12月8日に、自宅にファンの男性に押しかけられ、2人が逮捕されたが不起訴で釈放されていたことが明らかになった。8日にも、動画配信サイト「SHOWROOM」で、涙ながらに「今回私は助かったけど、殺されたらどうするんだろうと思う」などと話していた。

本来は「責任者」が出てきていろいろと言わなきゃならんのに、なぜ被害者が謝らなきゃならんのかがわからない。「矢面に立たせる」順番が違うだろ。

スポンサーリンク

秋元某にジャニーズなみの「力」があるのかどーかは知らんが。

ま、これがジャニーズ事務所が運営管理してたとしたら、SMAPの謝罪会見やTOKIOの某メンバーの不祥事の謝罪会見よろしく「本来の責任は出てこずに、タレントにテレビの前で謝らせてそれでマスコミに圧力かけて、”なかったこと”にする」んでしょうけども、果たして秋元某やAKSとかいう運営の奴らにそこまでの影響力があるのかどーか。

「もううちの所属タレントをおたくのテレビ局に出しませんよ?」って圧力をかけても…「あ、そうすか。」で終わりそうな気がするしなあ。ピンで既に売れっ子になっていて、これからグループを卒業するとかいう指原サンの取扱いは困りそうだけどね。

まあフツーの感覚だったら、NGTの運営の責任者とかいう人がステージに出てきて土下座するのが物事のスジってもんじゃないんすかね。そこで客から大ブーイング受けてモノも投げられるかもしれないし、もっと上の秋元某やAKSの偉い人に死ぬほど叱られてクビになるかもしれんけど。もう全国ニュースになっちゃって「本部」の隠蔽指示を覆せないぐらいの力がない人がこちらの運営をやっていて、預かってる女の子たちよりも、上の秋元某とか偉い人たちの顔色を伺うしかできない「能無し」なんだろうなあ。

もう川栄李奈嬢みたいに辞めてピンで活躍する方がいいと思う。

いや、これはもう山口嬢、ここのグループ抜けてピンでやった方がいいかもしれないよ?

かつて握手会で襲撃されて怪我負わされた上に卒業していった川栄李奈嬢が、あれから何年か経過して今やピンでCMやTV番組にもちょいちょい出るようになってるわけだから(あの人もあの人なりにトラウマは植え付けられたんだろうし、苦しい戦いはあったんだろうな、とは思うんですけども…)、しっかりと「タレントを守ってくれる」事務所に所属して、きちんと周りをサポートしてくれる人たちと仕事していった方がいいと思う。

たぶんこのままだと、被害者として受けたトラウマなどに対しての精神的なケアも一切してくれないわ、体が動くんだったら早く復帰しろとかせかされるわ、もしくはやる気がないんだったらさっさと辞めちまえとか暴言吐かれるのはもはや「時間の問題」だと思うし…。

でも思うに、ここまでロコツに「何十人も抱えているから、ひとりふたり暴漢に襲われて怪我しても、仮に死んだって別に構わんわ。その分補充もするし」な姿勢はある意味で平成の世とはいえ凄いわ。んな明治の「女工哀史」ぢゃねえんだから。