酒田南高校の空手部監督の体罰行為を、校長が率先して庇ってんだもの…(呆)

酒田南高空手部監督、複数の部員に暴力的指導か 学校が調査、退職促す(河北新報)

つーか、来年の東京五輪で競技として行われるんだよな、空手って? なんだこの昭和時代みたいなノリ…。

全国大会の常連で東北の強豪として知られる酒田市の酒田南高空手道部で、50代の男性監督が部員に暴言や暴力的な指導を繰り返していた可能性があるとして、学校側が事実関係を調査していることが14日、関係者への取材で分かった。学校側は調査内容を明らかにしていないが、監督は学校側から本年度末での早期退職を勧奨され、1月中旬から出勤していないという。

 監督は保健体育の教員で1990年ごろ、酒田南高空手道部を創設。2006年に県高校総体男子組手団体で当時21連覇中の私立高を破って優勝するなど、強豪校に育てた。その後、酒田南高と同じく天真林昌学園(酒田市)が運営する天真学園高(同)に異動。空手道部を全国大会に導いた後、昨年4月の両高統合で生まれた現在の酒田南高に復帰した。

 関係者によると、監督は16~18年度、旧天真学園高と新酒田南高で複数の空手部員に対し、暴行や暴言、嫌がらせを繰り返したとされる。一部の部員は円形脱毛症やうつ状態と診断されたり、退部を余儀なくされたりしたという。

 監督は17年度の空手道部の活動方針の筆頭に「上下関係の徹底」を掲げ、18年度には「部員は保護者ともども監督の決めた処罰に異存なく従う」との誓約書を提出させていた。元部員の一人は「指導ではなくストレス発散の標的にされた気分だった」と打ち明ける。

 関係者によると、学校側は昨年秋から部員や保護者、監督の聞き取り調査を実施。年齢的に早期退職制度の対象になるため本年度末での退職を勧奨すると、監督は今年1月中旬に退職を申し出て、出勤しなくなったという。

 中原浩子校長は「行き過ぎた指導について複数の情報が寄せられていた。つらい思いをした生徒には申し訳なく思うが、厳しい指導を求める人もいる」と話している。

 監督は今月上旬、山形県空手道連盟の常任理事や高体連強化部長の役職も辞任。県空手道連盟の遠藤隆夫理事長は「辞任の申し出があったので承認した。暴力的な指導は当然、あってはならない」と述べた。

 監督は河北新報社の取材に応じていない。

この昭和時代からひとつも変わってない「空手バカ一代」的なやり方で通用すると思ってた監督も、それを「厳しい指導を求める人もいる」と明らかに庇ってる校長もどうしようもねえ(失笑)。ここの高校、私立高校なので「学校が宣伝になれば多少生徒が犠牲になってもそれで構わん」って言ってるに等しいんだけどな、この校長の発言。

スポンサーリンク

日大アメフト部内田監督と男・山根明を足したような奴だったと。

<酒田南高監督暴力>「逆らうと退学になる。耐え続けた」指導受けた男子部員語る(河北新報)

なんか日大アメフト部の監督兼大学常任理事のやり方そっくりだなーと思って上記の記事を見てたら、実際に被害を食らった空手部の生徒からこんな発言が。

監督の指導を受けていた3年の男子部員は、河北新報社の取材に「空手が嫌いになった。最悪の高校生活になった」と語った。

 男子部員は宮城県沿岸部出身で、小学生で空手を始めた。東日本大震災で2年間、仮設住宅での生活を余儀なくされたが、有望視されていた空手の腕をさらに磨こうと、地元の中学校から同校に進んだ。

 しかし、1年の秋から多発性円形脱毛症になって入院し、うつ状態になったり、監督に注意されると過呼吸になったりした。「逆らうと退学になる。大学に推薦してもらえなくなると思い、耐え続けた」と振り返る。

 家族が監督の指導内容を部員から随時、聞き書きしていたメモによれば、監督からの暴言や暴行を受けるようになったのは入学直後から。監督が出入りする教室などのドアを開け閉めするよう強要されてもいた。監督は「うちの一族は県の空手界で有名だから、試合で判定が有利になる」などと言ったこともあった。

 昨年明らかになった日大アメフット部の悪質タックルのニュースを見聞きしても「自分の受けた指導の方がひどい」と感じていた。

 空手は2020年東京五輪で初めて競技に採用される。高校でも全国大会に出場するなどしてきたが、部活動を引退してからは進路の相談にもほとんど応じてもらえなかったという。

しかし凄いね。監督いわく「うちの一族は県の空手界で有名だから、試合で判定が有利になる」と。

ボクシングの「(自称)男・山根明」状態かよ(爆)

まあそこまで学校のお墨付き(という名の黙認)と県内で空手一家で実績もあって、更に「山形県空手道連盟の常任理事や高体連強化部長の役職もやってた」…だと、調子に乗ってたんだろうな。なんだ、日大アメフト部の内田前監督兼大学常務理事と、アマチュアボクシングの男・山根明前終身会長とおんなじじゃん。つーか、やはりこれは「ただの氷山の一角」で、日本のアマチュアスポーツの指導者とか、なんとか連盟の上の連中ってそんな奴らばっかなんだろうな。言っちゃあ悪いけど梶原一騎のスポ根漫画の頃から一ミリも成長してねえ、みたいな。

さて監督は出勤しなくなってドロンしちゃってるようですが…マスコミから逃げられるかなあ?(本当は良くないんでしょうけど、その監督の実名とか、顔写真とか、住んでるとことか、相当な部分もネットで暴露されちゃうんでしょうね、このご時世故に…)

日本アマチュアスポーツ界では氷山の一角なんだろう?

たぶんこういう話、日本のアマチュアスポーツ、特に強豪校クラスだと死ぬほどありそうな気がする。それでいて自浄作用もないし、本人や周りがバカだから狭い視野で「王様扱いしてホイホイ持ち上げて」、こういう外部やネット社会やら「それっておかしくないですか?」と、黒船襲来的な感じになってもまだ気づかない、という去年の日大アメフト部や、ボクシング連盟、女子レスリング、それと大相撲の日本相撲協会などの醜聞でさんざん発生してきたことがまた、いろんなアマチュアスポーツの偉い人がちょこちょこと内部リークされて「やらかしてる」事が判明するんだろうね…それと同時に後始末にしくじって世間の失笑を浴びるトコまでそっくりで(そういう意味では日大広報部の司会者の元マスコミのおっさんのキャラクターはネタ的には(?)「秀悦」だったw(をい))。

まあ「バカだからどんどん出てくる」って意味では、バイト先でバカなことやらかしてクビになるわ、損害賠償も請求されかねないわで、これだけ騒がれてるのに毎日のようにボウフラのごとく湧いて出てくるバカッター・バイトテロのアホウとさして変わらんような気がするんですけども。「バカは死んでも懲りない」というのは最早、人間の悲しい性なのかなあ。

空手バカ一代1~最新巻(文庫版) [マーケットプレイス コミックセット]
梶原 一騎 影丸 譲也
講談社
売り上げランキング: 95,560