Bリーグの香川ファイブアローズ。ヘッドコーチの暴力をチーム上層部が隠蔽し…。

香川ファイブアローズ、衛藤HCが1年間の全職務停止…暴力行為や暴言が発覚(バスケットボールキング)

しかし本当にプロチームかこれ?アマチュア、どこぞの高校とかの強豪校ぢゃないんだから…。

Bリーグは8月8日、規約違反による制裁決定を報告。香川ファイブアローズの衛藤晃平ヘッドコーチが1年間の公式試合に関わる全職務の停止となった。

 違反行為の内容は「2017年12月に開催された試合の終了後のロッカールームにおいて、選手に対し飛び蹴り、また胸倉を掴み暴言を吐いた行為」、「2017-18シーズンの練習の際に、1回または2回にわたり、選手に対し顔面を平手打ちした行為」、「2017-18 シーズンの練習の際に(2017年11月頃)、選手のプレーに激昂し、同選手の首を掴みゴール下から体育館の壁まで押しやり、暴言を吐いた行為」の3つ。同選手は体調を崩すに至ったという。

 その他、「主に、若手の選手に対し、2017-18 シーズンから2018-19シーズンにかけて試合中あるいは練習中、日常的に暴言を吐いた行為」、「チームスタッフに対し、暴言を吐いた行為」、「2018-19シーズン中、試合前等に実施のミーティングにおいて、直近の試合における所属選手のミスプレーについて、同選手を厳しくなじり、また、他の若手選手に対しても、試合中のミスプレーについて質問攻めにする、怒鳴り散らすなどの行為」もあったようだ。

 村上直実代表取締役社長にけん責および制裁金100万円、津田洋道取締役兼エグゼクティブコーチにけん責および制裁金50万円、株式会社ファイブアローズに制裁金100万円の処分が下された。

 Bリーグは発覚から制裁決定までの経緯を次のように説明した。

「1.2018年1月頃、匿名の方から香川ファイブアローズの衛藤ヘッドコーチの指導方法に問題があるのではないかとの情報を得る。2.B.LEAGUEにて、香川に対し、上記内容が事実かどうかを確認したところ、香川側で独自調査を行ったが『そういった事実はない』との回答があった。3.2019年3月中旬頃、JBA内に設置してある『インテグリティ委員会』にて対して衛藤ヘッドコーチの選手およびスタッフに対する暴力行為および暴言についての情報提供があり、同様の情報提供が2度目であったため調査を開始。4.調査を進めたところ、複数年および複数の選手、スタッフが同様の行為を受けた、または見ていたことがわかり、関係のある多数の選手、スタッフに対し、慎重にヒアリングを行い、事実認定を行ったことで本制裁決定に至った」

しかしこれ、1年半以上も前の出来事なんすね。

スポンサーリンク

こんなに暴力を振るっても、2部の最下位争いかよ(爆)

で、匿名の情報が入り、Bリーグが香川のチームに確認したら「そういう事実はない」と大嘘の返答を得てから1年以上ほったらかしにしてた、と。いや、この監督が単純に昔タイプの熱血バカで、強豪校の高校のバスケ部の監督にありがちなパワハラも暴力も辞さない、頭に血がのぼったら何をするかわからん「昔タイプの指揮官・指導者」なのかもしれないけど、高校・大学ですらこんなタイプの監督は今のご時世じゃ、追放される可能性・リスクすらあるのに、それを「黙認」してたってのは、チーム首脳部の「罪」は極めて大きいと思うんですけど。

これが仮にJリーグやNPBだったら黙ってないでしょうよ、Jリーグもそうだけどマスコミ等も。第一、「香川のチーム首脳部はBリーグに対して明らかに舐めた行為をやらかした」って意味ではもっと思い罰則を与えてもいいと思うけどね。社長および取締役、GMあたりは無期限資格停止とか追放ぐらいにしないと、示しがつかないんじゃないんですかね。

…で、「それじゃあ体罰もじさない(←これ自体、プロとしてどうなの?というのはありますけど)」指揮官を招いて、去年以前の成績はどうだったんだろうと思ったら、B2(2部)で最下位争いも余儀なくされているチームってどうよ(^_^;)。一応、bjリーグからのチームで「四国初のプロバスケットボールチーム」だそうですが、こんなんで有名にならんでも…。

ただ「辞めるよりも辛い事」が待ってると思うけどね。

今後、監督が交代されるのかはわからんけど(でも1年間職務停止じゃチーム的にはもうどうしようもないから交代となるでしょうけどね)、フロントの一新をした方がいいと思うよ?

ただ…これって見方をちょっと変えると、地方のプロスポーツチームでカネも人材も明らかによそよりも致命的に足りないという例のパターン(?)で居座ざるを得ない、要するに「辞めるに辞められない」という、むしろ今後の地元スポンサー等へのお詫び行脚に経営難という罰ゲームに近い「後始末」が待ってる可能性が高いんだけど…。

あ、Bリーグはもしかしてそれを見越して、一見するとこの「大甘」に見える処分は、実は永久追放より「厳罰」を与えたのか?(苦笑)。

桜宮高校バスケット部体罰事件の真実―そして少年は死ぬことに決めた―
島沢優子
朝日新聞出版 (2014-12-05)
売り上げランキング: 358,093

↑たぶんバスケ関係者は未だにこの体罰教師を実は肯定し続けてるんかもしれないな。「俺の学生時代・現役時代はそれが当たり前だった」と。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 ニュースブログへ