オリックスのメネセスの一件。禁止薬物系の話だったんか?(;゚Д゚)

【オリックス】メネセス、禁止薬物陽性か…NPB事実確認後処分へ(スポーツ報知)

昨日の記事の続きになりますが…、てっきり海外のチームと二重契約でもやらかしたんかと思ってたら、

予想の斜め上の方向に(大汗)

オリックスのジョーイ・メネセス内野手(27)が、ドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示した可能性があることが16日、分かった。複数の関係者によると、NPBが事実関係を確認した後、正式処分を発表するとみられる。

 今季加入したメネセスは、3月に行われた侍ジャパンの強化試合でメキシコ代表の4番を務めた。チームでも開幕からクリーンアップで起用されたが、右手人さし指伸筋腱(けん)周囲炎で5月5日に出場選手登録を抹消。それまで29試合に出場し、打率2割6厘、4本塁打、14打点だった。その後、リハビリを経てフリー打撃を再開するまで回復したが、2軍の実戦には復帰していない。現在は全体練習に参加しておらず、この日も大阪・舞洲の2軍施設でユニホームを着用せずに自主練習を行った。

 球団はNPBの正式な発表を待った上で、契約解除を含めた結論を出すとみられる。この日、福良ゼネラルマネージャー、湊球団社長ら幹部は、阪神戦が行われた京セラDで、「言えることはありません」と、明言を避けていた。

 最終的に処分が下されれば、昨年8月に発覚した元楽天のアマダー以来、NPB6人目。アマダーは試合後に採取された尿検体から利尿薬、隠蔽薬として禁止物質にあたる薬物が検出され、6か月の出場停止処分が下された。

…もっとも、まだ「禁止薬物か?」の状況なんで極端な決めつけはいけないんすけどね。

スポンサーリンク

出場停止期間がじつに勿体無いねえ…。

この選手が果たして今後何歳まで現役を続けられるのか、または続けていくつもりなのかは正直さだかではないし、まあその部分は「知ったことか」な話ではあるんですが(苦笑)。それでも長くても高卒で20年としてもこの6ヶ月ちょいの出場停止期間が「確定」したら、えらく勿体ねえ話だよなあとは思いますけどね。

人の気持ちとしては「6ヶ月後、周りを見返してやる」と必死にトレーニングできれば尚更いいんでしょうが、そもそもそういうタイプの選手は禁止薬物に手は出さねえだろうと(爆)。たぶん途中で気持ちが切れて、6ヶ月のブランクを何年も苦しむ羽目になるんだろうなあ、と。これが持病を持っていてその処方された薬に「誤って」入ってた、というんだから、反論文をNPBとかに出しつつまだモチベーションは保てるとは思うんだけど…。

「規律違反」のオリ・メネセス 「ドーピング」の可能性浮上(スポニチ)

スポニチさんの記事より。当然のことながら、再検査等にもそれなりに時間がかかるわけだから…。

契約解除の可能性があるオリックスのジョーイ・メネセス内野手(27)に関して、球団の規律違反が「ドーピング」との情報が浮上してきた。複数の球団関係者が「ドーピング検査の話が出ている」と指摘したもの。仮に陽性反応が出ているなら、厳しい判断が下されることは避けられない。

 昨年は、楽天のアマダーにドーピング違反が発覚し、6カ月間の出場停止処分が下った。アマダーは「意図的に服用したことはない」との異議申し立てをして、検体の再分析を実施したが、同じ物質が検出されたため、処分は変わらなかったケースがある。正確な診断をするためにも時間がかかる模様だ。メネセスはこの日も自主練習。球団では「きょうは対応はできない」としているが、後日、事情説明する方針だ。

これがねえ、昔の某選手のように「愛用してる毛生え薬から検出されました」とか、某世界的な自転車選手のように「気管支炎の治療で使ってました」の「うっかり系」とかだったらまだ本人はともかく、周りが納得できるんでしょうけど…いやーそういう意味では本当に勿体無い話だねえ。

 

うっかりドーピング防止マニュアル 改訂版
遠藤 敦
アトラク (2017-09-26)
売り上げランキング: 43,630

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ