しかしバスケ代表、サッカー代表の「キャバクラ7」を超える輩が現れるとは…(汗)

<アジア大会>バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途(毎日新聞)

しかしだな、一万歩譲って「遊ぶな」とは言わんが(?)、せめて公式ウエアは着ていくなよ…。ましてや買春・朝帰りなんて最悪やん。(;゚Д゚)

【ジャカルタ倉沢仁志、小林悠太】日本オリンピック委員会(JOC)は20日、ジャカルタ・アジア大会に出場しているバスケットボール男子代表の選手4人が、試合当日の夜にジャカルタ市内の歓楽街を訪れ、女性を相手に買春していた疑いがあることを明らかにした。JOCは19日付で4人の選手団員としての認定の取り消し処分を科して、20日早朝に帰国させた。

 処分を受けたのはプロのBリーグに所属する橋本拓哉(23)=大阪▽今村佳太(22)=新潟▽佐藤卓磨(23)=滋賀▽永吉佑也(27)=京都--の4人。

 JOCによると、選手たちは16日夜、日本選手団の公式ウエアを着用して、ジャカルタの歓楽街を訪れ、日本食店で食事をした。その後に歩いているところで、日系人に声をかけられ、女性が接客する店を紹介された。その後に女性とホテルに行き、17日未明に選手村に戻ったという。

 20日にジャカルタで記者会見を開いた日本選手団の山下泰裕団長は「深夜に買春することは許されない。お金を払ったかは確認していないが、たぶんそうであろう」と説明。相手の女性の国籍や年齢は確認できていないという。現地警察からの事情聴取の有無について、山下団長は「聞いていない」とした。ジャカルタ特別州の法律で買春は禁錮刑あるいは罰金刑に相当する。山下団長は「誠に残念。心よりおわびしたい。全力で再発防止に取り組みたい」と頭を下げた。

 JOCの行動規範には「アジア大会への派遣は国費で賄われる。国民の期待に応えるためには、競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける」と示している。山下団長は公式ウエアを着たうえでの深夜の外出、買春の疑いのすべてが行動規範に反するとの認識を示したうえで、「一番大きな問題は買春」とした。JOCの事情聴取に対して、4人は反省している様子だったという。

 日本代表は16日午後6時半から行われた1次リーグ2戦目のカタール戦で初勝利を挙げた直後だった。これまで1次リーグ1勝1敗で、次は22日に香港と対戦する。アジア大会の登録選手は12人。JOCは「連帯責任として出場を差し止めるには合理的な根拠が十分ではない」として、今後は残った8人で試合に臨む。

 日本バスケットボール協会の三屋裕子会長は「言語道断であり、思慮に欠ける行動に言い訳の余地はない。管理監督責任を痛感している」とのコメントを発表した。選手から事情を聴いたうえで、20日夜に記者会見を開く予定。

気分転換に夜に飲み食い…も、チームの規定的にはアウトかもしれないけど、買春して朝帰りはさすがに…。

スポンサーリンク

「キャバクラ7」ならぬ「ジャカルタ4」だな(爆)

で、これで思い出したのが、サッカー日本代表のジーコ監督の頃にあった、代表選手がキャバクラに行っちゃった「キャバクラ7」騒動ですなー。まああれも懐かしいんだけど。

キャバクラ7(サッカーネット用語辞典)

調べたらこんなわかりやすい項目が(苦笑)

キャバクラ7とは、2004年2月W杯ドイツ大会アジア1次予選を戦うため鹿島で合宿を行っていた期間中に、無断で宿舎を抜け出し、キャバクラで大暴れをした7選手(大久保嘉人・久保竜彦・小笠原満男・奥大介・山田卓也・茂庭照幸・都築龍太)の集団を指す。又、スキャダル事件そのものを指す。

当時の報道では、女性の胸を鷲掴みにしたり、デブなどと暴言を吐いたり、出前で取った握り寿司を他の客に投げつけて口論になったなどと報じられた。

スキャンダル事件が問題となり、上記の選手たちは代表からはずされることになった。その後、久保竜彦・都築龍太・小笠原満男・茂庭照幸は、ジーコジャパンに再び招集されているが、その他の選手が呼ばれることはなかった。

実はキャバクラ7には、顔だけ出してすぐに宿舎へと帰って行ったもう一人のメンバーがいる。浦和レッズの山田暢久である。飲酒もせずに戻ったのだが、無断外出をしたことが咎められキャバクラ7と同じく代表から落選した。キャバクラ7は山田暢久を加えて「キャバクラ7+1」と呼ばれることもある。

久保竜彦は、サッカーキングが主催したユーザーからの質問を答えるツイッター企画でキャバクラセブンについて触れ「 寿司を投げたかどうかは覚えていないんですが、まあ、投げたんでしょうね。お寿司を握った人には申し訳なかったと思っています。でもとにかく楽しかった。またいつかあのメンバーで、反省会をしたいです」と語っている。

しかしこの中で現役は大久保嘉人と小笠原満男、茂庭照幸だけで、都築龍太は政治家になったし、奥大介は不慮の事故で既に物故してるし…で、まあいろいろとあったんだなあ、と。それにしてもキャバクラ騒動には関与してないのに無断外出を咎められたタリーさんの立場は…(失笑)。

でも明らかにキャバクラ7の面々の「キャバクラで暴言吐いた、寿司投げつけた」なんてのは、この「公式ウエア着て買春して朝帰りしました」…の、

「ジャカルタ4」

に比べれば全然軽微もいいとこじゃないすか。しかも選手の実名まで上がっちゃって、強制帰還でしょう? これは折角人気が出始めてきたBリーグ、および日本バスケ界にとっての大打撃にならんといいんだけど…。おまけに代表12人のとこを4人強制帰還させて8人でうまく回して試合をやらなきゃならん可能性だって(この4人分をどこかのチームから補充とかするんだろうかな?)。

いずれにしても本当にバカだねえ。今の御時世、品行方正…なんてものは最早求めやしないけどさ、それでも「程度」ってもんもあるだろうよ。