JASRAC、音楽教室に2年間「スパイ」を通わせて潜入調査、と(失笑)

JASRAC、音楽教室に「潜入」2年 主婦を名乗り(朝日新聞)

っかし、戦前の特高警察や戦後の公安顔負けなことをやるもんだ。にしても「そこまでやるもん」かね?これ。

音楽教室での演奏から著作権料を徴収しようとしている日本音楽著作権協会(JASRAC)が、職員を約2年間にわたって「生徒」として教室に通わせ、潜入調査していたことが分かった。9日には、両者の間で続く訴訟にこの職員が証人として出廷する予定だ。

■職員は「主婦」、発表会にも参加

 潜入調査についてJASRAC広報部は「演奏権は形に残らず侵害されやすい権利。調査は利用の実態を把握し、立証するために必要だ」と説明している。

 訴訟では、教室での講師や生徒の演奏が、著作権法が定める「公衆に聞かせる目的の演奏」に当たるかどうかが争われている。

 JASRAC側が東京地裁へ提出した陳述書によると、職員は2017年5月に東京・銀座のヤマハの教室を見学。その後、入会の手続きを取った。職業は「主婦」と伝え、翌月から19年2月まで、バイオリンの上級者向けコースで月に数回のレッスンを受け、成果を披露する発表会にも参加した。

 陳述書によると、レッスンでは講師の模範演奏と生徒の演奏が交互に行われた。JASRACが著作権を管理する「美女と野獣」を講師が演奏した際は、ヤマハが用意した伴奏音源とともに弾いたため、「とても豪華に聞こえ、まるで演奏会の会場にいるような雰囲気を体感しました」と主張している。また「生徒は全身を耳にして講師の説明や模範演奏を聞いています」と記している。

で、「裁判の証人」にこの職員氏が出廷するわけだが、通常だとJASRACに有利な、しかも「主観的な」事しか言わないわけで、これをまんま”音楽もロクに知らない”裁判官が鵜呑みにして…という図になりそうな気がするなあ、これ。

スポンサーリンク

そのうち、街中で「JASRAC警察」みたいな奴らが(爆)

しかしNHKの受信料にしろ、このJASRACにしろ、「本当に徴収したカネをその目的に役立たせてる」のかどうかが非常に疑問でして。

例えばNHKなんかニュースが偏向…とまでは言わないまでも、例えば実名をあげるとアレだけど夜9時のニュースなんか、キャスターの浮かれポンチ具合を見てると、「そんな事、わざわざNHKがやらんでも民放のテレビ局にやらせたら?」というレベルの低い番組やキャスターが軒を連ねてる今日この頃だし、JASRACも果たして理事等の報酬でどんぐらい持っていかれているのか、もっといえば「働きに応じた”以上の””より過剰な”報酬を得てるんじゃねえの?」感もひどくて。

なのでそのうち、駐車禁止のステッカーを貼ってる軽自動車に乗ってる「監視員」のおっさんみたいに、街中の繁華街をJASRACの腕章でもしたおばさんあたりが、鼻歌を歌ってる通行人を捕まえて「ちょっとそこのあなた!!今の鼻歌、著作権法に違反してますよ!!」とかやりそうで怖い。

別名:JASRAC警察

とでも言いましょうか、これ(爆)。で、通行人は「いえ違います。これは母校の校歌です」とか言っても、判断・判定するのはJASRAC警察の方で、その場で罰金千円でも取るんじゃないですかね。そしてそれを警察も司法の場も見て見ぬふり…なんて時代がもうまもなく来ちゃったりしてね。しかも国会の強行採決とかで強引に決まるんではなく、「ただ、なんとなくそんな流れにJASRACが動きました」みたいな感じで(苦笑)。そうなると近い内に、JASRACは、文科省の官僚の天下りだけじゃなくて、警察や公安のOBの天下り先になるんじゃないすか。「取り締まりをスムーズにさせるため」の所作、とかでね。

うん、ぜひともこのJASRACのスパイおばさんの話は映画化希望、そしてなんとなく「主演」を40代になった菅野美穂とか、松たか子、それか木村佳乃あたりで(意味不明)

 

極上ヴァイオリン特盛 ~定番クラシック名曲ベスト50
DENON (2013-07-31)
売り上げランキング: 27,520

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ