NPBのリクエスト制度のように、Jリーグも早くビデオ判定導入してくれ(泣)

ロッテ井口監督「出た判定は覆らない、と」 12球団監督会議でリクエストなど確認(Full-Count)

なかなか去年は色んな場面で登場したビデオ判定=リクエストのルール。そこらへんの「確認」というのも監督会議でちゃんと行われるんですな…。

「大幅な変更点はなかった」「しっかり四角を作りましょう、と」

 22日、東京都内のホテルで12球団監督会議が開かれ、昨年から導入されたリクエスト制度の変更点になどについての確認が行われた。会議に参加したロッテ井口資仁監督は「大幅な変更点はなかったです。あとは、去年の反省点を踏まえて、『しっかりベンチ前に出て四角を作りましょう』とか、指摘がありました。12球団の監督からの質問はほとんどなかったですね」と語った。

 今季からはコリジョンもリプレー検証の対象となり「もちろん、我々にとっては非常にやりやすい」とした井口監督。導入初年度の昨季はゲームの行方に影響するようなリプレー検証もあったが「リクエストで出た判定は覆らないですし、それ以降も抗議できない」と、明確に通達があったという。
 
「その判定を覆すだけの映像がないのであれば仕方ない。今日もファーストのアウトセーフ判定のタイミングをどこで測っているか見せてもらいましたが、その映像が各球団でしっかり出てくればいいですが、なかなかね」との懸念も示した井口監督。「グローブの中までは映らないですし、映像にないものは仕方がない。審判の方がしっかりと見ているので、そこを継続してやっていきましょう」と割り切って、審判団の判定に委ねる姿勢を示した。

まあ審判も人間だし、ビデオ判定によって彼らの存在価値が脅かされることは決して無い…とは思ってるんで、ビミョーな判定に関してはとりあえず「観客も含めてちょいと確認しましょうよ」的な感じで使えるといいなあとはしみじみ感じましたね、去年。

個人的には、去年の夏に見に行った楽天戦で、益田投手が今江選手にぶつけたデッドボールが、頭に当たったのか否かで結構物議を醸してた(=実際はヘルメットに当たってねえんじゃねえの?という感じで)んですが、結局あの危険球退場が試合をぶち壊すきっかけにもなりましたし、実際はあそこらへんも検討の余地はあると思うんですが…でも近年は、誤解を恐れずに得てして言えるのは、「サッカー、特にJリーグの2部以下の審判に比べればしっかりしてる」という説も。

スポンサーリンク

Jリーグ、特にJ2とJ3にも早くビデオ判定を導入しろ(泣)

まああえて名前は出しませんが、「しょせんはJ2、J3舐めてんだろ貴様」みたいな技術が未熟な主審や副審などにえらい目に逢いましたからなあ、去年の甲府(←ここでサッカー話になってどうする(爆))。

むしろJリーグの方も早いとこ、ビデオ判定…例えばラグビー・トップリーグなどで導入している TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)ぐらいは欲しいですわな。特に微妙なゴール判定と、PKに繋がりそうなファウル判定については。さすがにサッカーにはNPBのリクエストみたいな「試合が止まる」ような制度は要らないと思うけどね。

※ちなみにラグビーのTMOは「微妙なシーンについて審判から提案できる」というのがNPBのリクエストとの最大の相違点ですかね。

で、Jリーグでは近年中にVAR(ビデオアシスタントレフェリー)を導入するという説もあるらしいんですが、それぞれのスタジアムの設備の都合上、とりあえずJ1から…とのことです。ま、なんとなく「スタジアムが陸上競技場と共用でそういう設備が置けない」ようなJ2やJ3のチーム・試合に関してはどこかの放送センターみたいなとこで集中管理して簡易的にやってみてもいいと思うんですけどね。

しかしそれを思うと、スポーツの中でもっとも「保守的」と思われてる大相撲ですら、昭和40年台半ばからビデオ確認を導入してるんだから…。これは当時の大横綱・大鵬の45連勝が微妙な誤審(行司は大鵬に軍配を上げながらも土俵下の勝負審判から物言いがついて差し違えとなった)でストップしたのが正式導入のきっかけだったそうですけども、まあスポーツそれぞれって感じだなあと(苦笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

にほんブログ村テーマ 最近の出来事へ
最近の出来事
にほんブログ村テーマ プロ野球へ
プロ野球
にほんブログ村テーマ Jリーグ、J1へ
Jリーグ、J1