できれば俺らの昭和時代の小学校も「教科別担任制」の方が良かったねえ…。

By: Cliff

小学校高学年で教科担任制導入の動き 教師や保護者が歓迎する理由は…〈AERA〉

「AERA」さんでこんな記事が。確かに全教科をその担任教師だけが見るってのは、先生の方も負担が軽減化されるだろうし、生徒の方ももし担任との相性が最悪だったら、幾つかの先生を介してる方がいいに決まってますもん。

小学校高学年の一部の教科を「教科担任制」にする動きが全国で広まりつつある。20年度の教育改革への対応や、小学校教師の過重労働軽減などのメリットもあり、現場からは歓迎の声があがっている。

 小学6年の「総合的な学習の時間」での新聞作り。女性教師(30)は普段よりも入念な準備をし臨んだ。すると、子どもたちの食いつきは違い、他の教師も認めるほどの出来ばえだった。

「学びの質が変わった手応えがありました」

 納得いく授業準備ができたのは、同学年の教師で、独自に「教科担任制」を導入したからだ。一部の教科を、担任以外のクラスも横断的に教えるようにした。

「普段は10教科近くを準備しなければならないのですが、2教科減っただけでこんなに個別の授業の準備にかけられる時間が増えるのかと思いました」

 中学校では一般的な、専門の教師が教科ごとに教える「教科担任制」。小学校でもすでに一部導入している学校はあるが、それが5、6年生について全国一律で始まるかもしれない──。4月、柴山昌彦文部科学相が中央教育審議会に「新しい時代の初等中等教育の在り方について」諮問。2020年末の答申を目指している。

 背景に、20年度からの5、6年生の英語の教科化と、プログラミング教育の必修化がある。加えて小学校教師の約3割が過労死ラインを超え働いている現状を受け、過重労働を軽減する狙いもある。

 冒頭の女性教師は教科担任制の導入を熱望するが、保護者からも歓迎の声は上がる。小学3年の子を持つ女性(39)は英語の公開授業を見学し不安を覚えたからだ。

「授業は外国人のALT(外国語指導助手)の先生が行っていましたが、授業終わりに子どもたちが“Thank you very much.”と挨拶すると、日本人の担任が“You are welcome.”と返したんです。『どういたしまして』って変ですよね? 例えば“Well done, everyone.(皆さん、良くできました)”とか、文脈に沿った適切な表現は他にあると思います」

専門外の教師におかしな英語をすり込まれるくらいなら、まっさらな状態で中学に送り出してほしい。国際交流機関に勤務経験のあるこの女性は感じた。

教師たちも不安に苛まれている。首都圏のベテラン女性教師(46)は言う。

「私たち、英語指導の教育を受けてきていないんです……」

 きちんと教えるためには準備が必要だが、その時間もない。

「学校にALTがかなり入ってきていますが、教科担任制になり英語を受け持たずにすめば助かる教師は少なくない」

 この女性教師が勤めていた小学校では5年ほど前に、一部で教科担任制を導入した。学校現場の年齢構成のいびつさを受けてだ。

「いま若年層がすごく増えていて、中堅層が薄い。クラスによって指導力に差が出てしまうため、複数の目で児童を育てムラをカバーする目的で導入しました」

 若手の指導法をチェックしたりスキルを共有したり、見落としているいじめの芽に気づいたり。担任教師とうまが合わない子どもにも拠り所ができるなどメリットは少なくない。

 一方で、本格実施にあたって必要な人員や財源は確保できるのかなど、懸念の声も上がる。この女性教師は、教科担任制が働き方改革の一環として打ち出されると、保護者の理解が得られるのかと心配する。

「教科担任制は『先生たちが楽したいからでしょう』とクレームを受けたことがあります。子どもたちのためなのに……」

 16年の調査で小学校教師の9割が「授業の準備をする時間が足りない」と答えている。その元凶は授業以外の業務の肥大化だ。行事の準備や報告書の作成、調査や保護者からのさまざまな問い合わせの対応……。

 教科担任制の議論を起点に、学校は教科指導の場に絞るのかを再検討する必要がある。そのうえで20年度から全面実施される新学習指導要領の「深い学び」を子どもたちが得るためにはどうすべきなのか。丁寧な検証と議論が必要だ。

ま、私の年代的には記事の真ん中付近の「首都圏のベテラン女性教師(46)」さんの世代にあたるんですけども(苦笑)

スポンサーリンク

小学校の時は、基本的には音楽と家庭科は別の先生でした。

で、私が小学校の頃、昭和50年代後半から60年代前半(平成に替わったのが中2の冬休みの終わりでしたんで)だったんですが、基本的にはほとんどの科目は担任が教えてた…一方で、音楽と家庭科だけは専門の先生がいましたね。

ま、私の場合、小5-6の時の担任(若い男の体育教師でした。今で言うタレントの武井壮によく似た風貌の…)との相性が最悪で、卒業式の直前の頃なんかは自分は何も喋って無くても他のクラスメートが雑談すると、名指しで「うるさい」と言われて頭を叩かれていたぐらいのひどさでして。それと一部の生徒への「えこひいき」が物凄くて。かわいい女子がいたらまず叱らない。そして成績がいい優等生(こいつが陰でクラスを仕切っていて「いじめ」の温床になってたんですけどね)にも叱らない。そしてそのとばっちりが、クラスの変わり者や劣等生にすべて向けられるんですから、まあたまったもんじゃなかったですね。

後年母親が「あんたが「あと卒業式まで1ヶ月たから」って言ったから我慢したけど、小5の終わりとか小6の始まりだったら教育委員会にクレームの電話を入れたんだけどね」と言ってたぐらい、私は「あの野郎、いつか頃す」と呼び捨てで自宅でも文句を言ってたらしいんですね…いや、今から思えば卒業式に出られなくさせてもそれはそれでおもしろいかなと(苦笑)。

この一件は、最終的には隣のクラスの担任の先生、この人が学年主任の先生だったんですが、親友がその先生に相談して、うちの親とも電話でいろいろとやりとりをしてくださってたそうで、成人式の時にはうちの担任は(案の定?)来なかったんですが、その学年主任の先生は来てくださってたので(市内の中学校の校長先生になってました)、「本当のあの時はお世話になりまして…」とお礼を言ったのを今でもよく覚えてます。

…で、家庭科は小5-6のみで、音楽は6学年全部がその科目専門の担任が別にいました。私は自分とこの担任が大嫌いだったので、まあその二人の先生も他の生徒からは「癖のある先生」で好き嫌いが別れてたんですが私自身は「あれよりかは全然マシじゃん」って結構質問とかもしたし、そうなるとかなり気に入られたみたいで非常によくしてもらってましたね。昔から体育とか図画工作とかが大の苦手で、通知表は「とりあえずお前、皆勤で学校に来てるから「2」(5段階評価の)にしとくわ」的な感じだったんですけど、音楽と家庭科はなぜか「5」が多かったです。たぶん授業に対する姿勢と、一応の努力みたいなもんを買ってくれてたんでしょうね。

音楽担当の先生が、クラス担任に替わった途端に…。

ところが音楽の先生が私が6年生になった時に「(産休の先生が増えてしまい)先生の数が足りない」ということで5年生のクラスの担任をもつことになり、音楽の授業が各クラスの担任がやるようになったんですね。もちろん、この担任は音楽の「お」の字すらわからん人ですから、授業もつまんないし、正直担任のやる気も全く感じられず。そしてその途端に通知表が「5」からあっという間に「2」まで下がりまして(失笑)。

…実はそれでうちの母親が「気づいた」んですね。「あの担任のやり方はおかしい」と。どうも同じような成績の付け方をされた女子も何人も居て(=つまりは「えこひいきされてなかった」連中)その親御さんも「前の音楽の先生の評価では「4」か「5」しかつけなかったのに、なんでいきなり「2」に下がったのか説明をしろ」と、校長先生に直接ねじ込んだそうで、PTAとかでも大騒ぎになったらしいです。今でもよく覚えてるんですが、当時の子供心にまあそりゃそうだろうな、と思ったのは、私は高学年の頃に吹奏楽部に入ってたんですが、そこで一緒に練習してたクラスメートの女子が一斉に通知表の音楽の成績を「2」に下げられてましたから。「あんなピアノもろくに弾けない、譜面もろくすっぽ読めない先生に通知表をつけられたくないわ」と結構怒ってまして、まさに「そりゃそうだろうな」と。

最終的には私の2学期・3学期の音楽の成績は「3」に戻りましたが、どうもクラスの担任は校長にねじこんだ母親衆の言い出しっぺえがうちの母親だと思ったようで(「誰の親」と当時の校長先生が明かさなかったのは、さすがだなあとは思いましたが)、最終的には卒業式に近づくごとに私は散々この担任からいびられることになり、同じようにいびられてた生徒があまりにも多かったらしく、その担任は卒業式を終えた数週間後に人事異動で別の学校に転勤となり、我々の成人式の際にも「恩師」としてその場には現れなかった…ということに。「あの野郎、案の定、逃げやがったな」と、いびられてた元男子・元女子だった成人になった我々のクラスメートは失笑しながら乾杯する次第でした(笑)。

さすがに我々が小6の時に30歳になったばかり…と言ってた記憶があるので、今は62歳でもう定年退職or嘱託で学校で教えてる人…になってるかもしれませんが、果たして今は何をやってんだか。

ま、そういう経験があるんで「担任とクラスメートだけのいびつな空間で、そこで妙なマイルール(しかもかなり理不尽きわまりない)が発生する」のを防ぐためにも、各科目ごとに担当教諭が代わる制度は「大いにアリ」なんじゃないですかね。たまーにそこのクラスに来る先生方が「あのクラス、何かおかしいですよ?」って気づきも増えるかも知れないし。

でも本来は、1クラス20人から30人ぐらいいるんだったら、たったひとりの先生を担任にせずに、2人ぐらい担任にして全員に目が行き届くぐらいにしないといじめ等の問題はなくならないでしょうね。つーか、何から何までひとりの先生に全てを押し付けてきた今までが「おかしかった」んであって、そこらへんは互いを有効活用できるように知恵を使わないと…ねえ?(苦笑)

 

若い先生のための 小学校教師の仕事 ガイドブック (仕事術サポートBOOKS)
田中 洋一
明治図書出版
売り上げランキング: 945,679

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ