パワハラ疑惑の体操の塚原夫妻。そりゃ「協賛」してる朝日生命だって怒るわ…。

塚原夫妻パワハラ疑惑で朝日生命体操クラブ存続危機(日刊スポーツ)

メインスポンサーの朝日生命サンとこにクレームの電話が殺到してそう…と昨日書いたら本当にそうなんだな、と。

日本体操協会塚原千恵子女子強化本部長(71)、夫の塚原光男副会長(70)が経営する「朝日生命体操クラブ」を協賛する朝日生命保険相互会社は3日、選手へのパワーハラスメントに関する第三者委員会の調査次第で、同クラブへの協賛存続について検討すると明かした。また、パワハラを告発した宮川紗江選手(18)への謝罪を2日の文書で発表した塚原夫妻が、宮川選手側に正式に謝罪を申し入れたことも分かった。

塚原直也、内村航平、鶴見虹子ら数々の五輪選手を輩出してきた名門「朝日生命体操クラブ」の名がなくなるかもしれない。クラブを協賛する朝日生命の調査広報部担当者は、運営、指導を務める塚原夫妻のパワハラ疑惑に関し、第三者委員会の調査に「しっかりと協力する」とした上で、その調査結果の内容によっては協賛の存続を「判断、検討していく」とした。

8月29日に宮川選手が会見でパワハラを告発したことで、31日までに同社のコールセンターには約600件の苦情などが殺到したという。担当者は「電話でいろいろな意見をいただいている。具体的な数は把握していないが、その中には保険の解約を希望するものもある」と話した。現時点で塚原夫妻側から朝日生命への連絡、謝罪などはないという。

朝日生命体操クラブは1974年(昭49)、朝日生命が日本を代表する選手育成と体操の普及のために実業団クラブとして創立した。以来、塚原千恵子氏が同クラブの指導を行い、後に光男氏も加わり、02年からは朝日生命から有限会社塚原体操センターに業務が委託されている。44年間にわたり日本体操界に有力選手を輩出してきた名門。今も子どもから代表クラスまで多くの選手を抱えている。

前日2日に塚原夫妻は、宮川選手に対して直接謝罪したい旨を報道各社に文書で発表。3日までに宮川選手側の弁護士に別の文書を送り、謝罪したい旨を申し入れた。塚原夫妻の代理人弁護士は謝罪の意図について「(前回31日の文書に)配慮が足りなかった」と説明。今後会見するかどうかは検討中という。一方、宮川選手の代理人弁護士は、宮川選手が「突然の話で困惑している状況」と明かし「直接の謝罪を受け入れるかどうかは今後(宮川選手と)協議して決めたい」とした。

◆朝日生命相互保険会社 1888年(明21)3月1日創業。主な業務は生命保険の販売および引き受け、資産運用等。総資産5兆3965億円。従業員数は職員、営業職員合わせて1万5935人。東京都千代田区大手町2の6の1朝日生命大手町ビルに本社を置く。木村博紀代表取締役社長。(3月末現在)

ま、確かに昨日、こういう事を書いたんですけども…。

となると、意外に塚原夫妻が「全面降伏」なペラ紙を出す羽目になったのは、実は彼らをしても頭が上がらない人たち、例えば「メインスポンサー」朝日生命サンから叱られた、って可能性もあるかもしれないですね。「あんたらのせいで、本社への抗議の電話がひどくて仕事にならん」とか「会社のイメージが傷つけられた」とかね。

日大だってアメフト部の一件では広報部への抗議の電話が物凄かったらしい(ただし上層部は直接電話に出ないから広報部の人たちがえらい目に遭っただけで)し、まあそういう側面で追い込まれるってのも可能性はあるかもね、と。

しかしこれも冷静に考えれば、あの塚原夫妻が仕切ってる体操クラブが、単なる「塚原体操クラブ」という名前だけであれば(もともとはそうだった時期もあったんですけども)、この業界で、ライバルチームから強引な引き抜きしようが、選手を恫喝しようが、大会でいわゆる「塚原判定」をかまそうが、それこそボクシングの「男・山根会長」みたいに個人への批判だけで終始する話…になるんでしょうが、メインスポンサーおよび協賛企業として

お世話になっている朝日生命サンが矢面に立つ羽目に

…なってしまうのは、そこまで頭で計算できなかったんだろうかな。お前らだけでやってるわけじゃねえのに。

スポンサーリンク

いや、いの一番に朝日生命さんに「連絡」しろよ(爆)

例えば…(うちのブログのメインコンテンツのひとつである)サッカーのヴァンフォーレ甲府の選手やチーム自体が、個人であれば刑事事件とか、チームであれば粉飾決済など不祥事を起こした時に、ニュース記事の写真で使われるのはその選手がユニフォームを着てプレーしてる写真でしょうから、胸スポンサーの「はくばく」さんへものすごい迷惑がかかるじゃん、みたいな、特に「最も高額なスポンサー代を捻出してくれてる企業=胸スポンサー」ということがほとんどですから。

おそらく甲府の社長や会長はそういうことが起きたら、新聞報道の前にすばやく、はくばくさんを始めとして、スポンサー各企業に直接お詫び行脚や緊急連絡のひとつは入れるでしょうよ。ただでさえチーム経営は楽ではない地方のチームだけに「支えてもらってる」感は半端ないでしょうから。

それにしても日刊スポーツさんの記事で「これが本当だったらさすがにひどいな…」と思うのが、

8月29日に宮川選手が会見でパワハラを告発したことで、31日までに同社のコールセンターには約600件の苦情などが殺到したという。担当者は「電話でいろいろな意見をいただいている。具体的な数は把握していないが、その中には保険の解約を希望するものもある」と話した。現時点で塚原夫妻側から朝日生命への連絡、謝罪などはないという。

いやいや、「ご迷惑をおかけしてます」ぐらいの連絡ぐらいはしろや(呆)

仮に朝日生命サンにクレームの電話が来ないようなレベルの不祥事であっても、新聞やテレビなどのメディアに自チームの名前が出る以上は「迷惑がかかるかも」と想像して、一報ぐらい入れるのが「支えてもらってる側」の誠意ってもんでしょうよ。

「誠意」ってなんじゃろうな…。

まあ逆に、塚原夫妻からすれば「こんだけ日本体操界で、国内外でうちのチームの選手が大活躍してきてるから、いい宣伝になってるから良い思いをしてていいでしょ?」と思い上がってるのかもしれないけどさ…。だったら協賛スポンサーさんの協力なしに自前で選手を育てて、それなりの給料を払ってチームを運営しなさいよ、とは思いますけどね。

しかしてっきり昨日の「全面降伏」は、朝日生命サンに叱られてやらかしたもんだと思ってたら、その朝日生命サンには一切に連絡や謝罪をしてない…というのは、もし本当だとしたらそれこそびっくりですわな。「この人達、協賛企業を何だと思ってんだ?」と。

個人的にはこれを機に朝日生命サンが完全撤退して、塚原夫妻が体操界から追放されて「チームが消滅した」方が、全国各地の体操クラブ同士での「健全なる競争」が始まって、数年は国際大会では低迷するかもしれないけど(それはアジア大会の女子レスリングと似てますね)、最終的にはそっちの方がプロ・セミプロのような運営方法で育成・強化していくチームが増えてくると思いますね。でも塚原夫妻や朝日生命クラブ以外にも有能なコーチや指導者って日本には何人もいるんでしょう?

…誠意ってなんじゃろうな(失笑)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ