体操の塚原夫妻「全面降伏」←いや、存在自体がパワハラだから辞任しろよw

塚原夫妻「宮川選手に謝罪させて頂きたい」全面降伏(日刊スポーツ)

あまりの展開の速さに「ん?」と思ったんだが…、「そこまでして権力者の席に居座りたいのか」感も否めない。

体操女子16年リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)代表の宮川紗江選手(18)からパワハラ告発を受けた日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)が2日、代理人弁護士を通じ「宮川選手に直接謝罪させて頂きたい」とコメントを発表した。宮川選手の告発について8月30日に千恵子氏がインタビューで「もう黙ってないわよ」と発言し、31日にも両氏が文書で徹底反論していたが、この日の声明文では一転して全面的に非を認めた。

塚原夫妻が、いったん振り上げた拳を下ろした。2日夜、弁護士を通じて文書を発表。「今回の一連の報道につきましては、その過程はどうであれ、私たちの落ち度が大きな原因」とこれまでの発言を反省。「宮川紗江選手に対して直接謝罪をさせて頂きたいと考えております」と、パワハラの被害者である宮川選手へ謝罪する意向を示した。

わずか2日前までは宮川選手へ徹底抗戦する構えだった。塚原夫妻のパワハラ問題が浮上したのは8月29日。自身への暴力行為で速見佑斗コーチが協会から処分を受けたことに関し宮川選手が記者会見を開き、その場でパワハラ行為を受けたことを告発した。30日に日刊スポーツの取材に千恵子氏は「悪いことはしていないし、宮川が勝手に言っていること。お金を使ってでも勝てるところまでやる。意地はあります」と発言。31日に2人の連名で出した文書でも宮川選手の発言について否定するなど、対決姿勢を示していた。

だがこの日は一転、「宮川選手を深く傷つけてしまったことは許されるものではない。取り返しのつかないこと」などとパワハラをほとんど認める形となった。宮川選手の会見以降2人は厳しい立場に置かれている。宮川選手の発言を「全部うそ」と言った光男氏に対し、日本協会の具志堅幸司副会長は「大変に残念」と遺憾の意を表明。また田中理恵氏ら女子のOB、男子の現役選手もSNS上で宮川選手への支援を表明。31日の“反論”文書も世間のバッシングに火をつけた。今後、塚原夫妻は日本協会が立ち上げた第三者委員会の調査に全面的に協力するとしている。今回の平謝りは、調査や2人の処遇にどう影響してくるのか。

20年東京五輪まであと2年弱。団体の五輪枠がかかる世界選手権(10~11月、カタール)が控えた時期に騒動が起こったことについて、代表候補の選手らに対し「落ち着いて練習できない状況を招き多大なるご迷惑をおかけしている」とわびた。また、国民に対してもわびるとともに、「私たちが言う立場ではないかもしれませんが、どうか日本のスポーツ、日本の体操、そして日本の誇りといえる各選手を応援して頂ければ」とした。

つーか、「全部ウソ」とか放言したり、マスコミ相手に「独演会」を開いたり勝手に会話を録音してたりと、やりたい放題やっといて、ペラ紙数枚の「謝罪」で全てが丸く収まると思ってたらそうは問屋が卸さないわ(苦笑)

スポンサーリンク

「擁護」してたテレ朝の宮嶋氏の顔も潰しちゃって…(汗)

体操取材歴40年のテレ朝宮嶋泰子氏 宮川紗江に「ちょっと思い込みが強いと感じている」(スポーツ報知)

スゲエことをいうおばさんがいたなーと思ってたら。

2日放送のテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)で女子体操の宮川紗江(18)が日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)らからパワハラを受けたと主張した問題を特集した。

 スタジオには体操取材歴40年の同局スポーツコメンテーターの宮嶋泰子氏(63)が出演し今回の問題について宮川と塚原氏が話し合いを行った7月15日について「パワハラがあったといわれる15日、私はここにいたんですよ。30人ぐらいの選手とコーチがいて、カメラもいて、私はドキュメントを撮っていたので宮川さんが部屋に入っていくのを見ているし、出て行くのも見ているし、多分、一番近くで見ていたと思います」と明かした。

 その上で宮川の告発を「宮川さんがみなさん18歳の少女っていうんですけど、彼女は高校を卒業した後、自分は内村航平と同じプロ選手ですって宣言した初めての女子選手なんですね。そういう意味でいろんなことを自分で意識的に持っている人だと思うんですけど。それと同時に私が思ったのはちょっと思い込みが強いかなと感じていて。今回のきっとそうに違いない、私は感じましたというコメントいっぱいありましたけど、本当にそうなのかって。今回、いろんなところで話が交わされていますけど、ほとんどが、多分、そうなんだろうという思い込みをベースにみんな話しているんですね。私は、真実、ファクトとかこれはこうだっていうものを少しづつ検証したいなと思っていろんな取材を今、続けています」と見解を示していた。

そして「お友達」の塚原女帝サンの事を全面擁護と。

テレ朝宮嶋泰子氏、塚原千恵子氏は「清廉潔白。汚いことが嫌いな人」(スポーツ報知)

結果、マスコミの中ではほぼ唯一(?)全面援護してた、テレ朝の宮嶋氏の顔も潰すことに。

2日放送のテレビ朝日系「サンデーLIVE!」(日曜・前5時50分)では女子体操の宮川紗江(18)が日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)らからパワハラを受けたと主張した問題を特集した。

 スタジオには体操取材歴40年の同局スポーツコメンテーターの宮嶋泰子氏(63)が出演し塚原千恵子氏について「軽くポンポンって言っちゃうタイプの人なんで、それはいつものことなんですけど」と明かした。

 その上で「ただここで私、ひとつ言いたいのは、千恵子さんというのは物凄く実は清廉潔白というか汚いことが嫌いな人なんですよ。だいたいパワー持ってお年寄りっていうとダキーッていうイメージあるでしょ。そうじゃなくて、例えば昔、遠征に行った時に当時の会長が選手にお小遣いあげようしたら、お金で選手を釣らないでくださいって言って、それで大げんかして協会を辞めたというプロセスがあるんですけど」と紹介し「そうやってズバッ、ズバッて言っていくので、選手の中にもコーチの中にも塚原さんを嫌いな人はいます。本当のことをズバッと言っちゃうから、えってドキっとしちゃうんですね」と指摘した。

 この発言に対して、他の出演者から「だからこそ、パワハラが生じる余地があるんです。だからこそご本人はもっと注意しないといけない」と指摘されると宮嶋氏は「そうかもしれないですね」とうなずいていた。

いやあここまでしてくれた「お友達」のはしごを外しちゃう真似を実にあっさりと(爆)

そういう意味では大相撲のコメンテーターの横野レイコ氏はうまく立ち回ってると思うわ(皮肉)。「取材」と称して仲の良い親方の相撲部屋に行って、最後はタダ飯タダ酒をご馳走になって、メディアの前で角界を擁護してればいいだけなんだから(以下略)

結局「私怨」かよw

塚原夫妻と速見コーチの確執の原点…宮川紗江の代理人が生放送で告白(スポーツ報知)

まあこのままでは終わらんだろうな、と思ってたらこんな記事も。

体操女子で16年リオ五輪代表の宮川紗江(18)の代理人を務める山口政貴弁護士が3日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)に生出演し、宮川からパワハラを指摘された日本協会の塚原千恵子・強化本部長(71)と、夫の塚原光男副会長(70)と暴力が発覚し協会から無期限の登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)との確執の原点を明かした。

 山口氏によると約5年前に塚原氏から宮川と速見氏に対し朝日生命体操クラブへの勧誘があったという。「一番最初は、コーチと宮川選手、セットで来てくれという話だったようなんです」と明かしこの勧誘を「コーチの方は指導方針の違いとかお断りしたんですね。何度か誘われていたようなんですけど、すべてお断りした」という。

 さらに山口氏は「塚原さんが強化本部長になってから、強化本部にも入らないかっていう話もあったんですね」と明かし、「ところが速見コーチが断り続けたところから確執が生まれていったんではないかと思うんですね」と塚原夫妻と速見コーチとの確執の根っこを指摘していた。

となると、意外に塚原夫妻が「全面降伏」なペラ紙を出す羽目になったのは、実は彼らをしても頭が上がらない人たち、例えば「メインスポンサー」朝日生命サンから叱られた、って可能性もあるかもしれないですね。「あんたらのせいで、本社への抗議の電話がひどくて仕事にならん」とか「会社のイメージが傷つけられた」とかね。日大だってアメフト部の一件では広報部への抗議の電話が物凄かったらしい(ただし上層部は直接電話に出ないから広報部の人たちがえらい目に遭っただけで)し、まあそういう側面で追い込まれるってのも可能性はあるかもね、と。

ま、どっちにしても「存在自体がパワハラ」なぐらい畏怖されてる以上、さっさと体操協会の要職を辞任して、てめえんとこの体操クラブの育成に専念したらどうですか? そしてわざわざ他チームから引き抜きなんかしねえで、イチから育てるとかしてさ…。ここまで来るともう「晩節を汚す」だけだ。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ