しかしわからんのは、なぜ選手側ぢゃなくて塚原「女帝」側が録音してたんだろうな?

塚原夫妻、「録音ある」と反論 テレビにも生出演で“再反論”(スポーツ報知)

パワハラを証明する為の選手側ならばまだしも…。なんか手練手管な方法で「朝日生命に移籍する」言質でも取って無理やり引き抜くために録音したんじゃねえの?と思うぐらい、そもそもの録音の必要性を感じられないんだけどね、これ。

体操女子で16年リオ五輪女子代表の宮川紗江(18)からパワハラを告発された日本協会の塚原千恵子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)が31日、代理人を通じて見解を発表。「五輪に出られなくなるわよ」という発言など、パワハラを指摘された言動を完全否定した。宮川はフジテレビの情報番組「直撃LIVE グッディ!」に生出演して反論。両者の主張は明確に食い違った。

 塚原夫妻は5枚の用紙にわたって、宮川が告発したパワハラに丁寧な言葉遣いで反論した。声明文の冒頭では「多くの方々にご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫(わ)び申し上げます」と謝罪し、宮川に対しても「まだ18歳という宮川紗江選手にこのような会見をさせてしまったこと、私たちの言動で心を深く傷つけてしまったことを本当に申し訳なく思っております」とつづった。だが、その後は宮川の告発内容に対し否定的な言葉を並べた。

 宮川が20年東京五輪強化プロジェクトの参加を辞退した後、16年12月に千恵子強化本部長から「東京五輪に出られなくなるわよ」と圧力をかけられたことは、直近の成績や足首のけがもあり「現状のままだと五輪に出られなくなるわよ」という趣旨で発言したと主張。同氏が監督を務める朝日生命に引き抜こうとしたことは「一切ない」。「速見コーチより私は100倍よく教えられる」と言ったことも完全否定した。

 これを受けて、フジテレビの「直撃LIVE グッディ!」に生出演した宮川は「お詫びの気持ちを受け止めました」としたが「(光男副会長が)『全部ウソ』とか言っていたのに、謝っていることが怖い」と吐露。「五輪に出られなくなるわよ」発言には「(別の日に)言われたことが一緒になっている。この流れで言われたわけではない」と反論した。「(速見コーチより)100倍教えられる」と言われたことは「鮮明に覚えている」と、ノートに残したメモを公開。互いの主張は真っ向から対立した。

 千恵子氏は「高圧的だった」と宮川が感じた翌日にあたる7月16日の会話を録音したテープを複数のテレビ番組で公開。「高圧的な態度ではないと分かると思う」と、日本協会が設置予定の第三者委員会にも提出される予定だが、宮川は「何のために録音したのか疑問。対立する気があるのかなと思い、怖いと思った」と話した。塚原夫妻は進退について、調査結果を踏まえて関係者と協議することを検討すると明言。今後、会見を開く可能性も示したが、両者の溝は深いままだ。

しかし塚原夫妻が反論する展開はわからんではない…が、なぜ塚原氏側が宮川選手との会話を「録音」してたんだろう、という疑問はありますね。それこそ、冒頭に書いた、「宮川選手を精神的に追い込んで、最終的には朝日生命クラブに入る、という言質が欲しかったから」というのがもっとも、理屈に合う理由かな、と。つまりは宮川選手が記者会見で言った「コーチと引き離して云々」と何ら矛盾は生じないのではないかなとね。

スポンサーリンク

昔のプロ野球や大相撲よりもひどい「勧誘」方法だ…。

昔、戦前の野球の名投手だった沢村栄治投手が、大日本野球倶楽部=東京ジャイアンツのアメリカ遠征(今の阪神や中日などのチームが設立されて日本の職業野球のリーグ戦が始まる前の年に、今の巨人のルーツとなるチームは長期のアメリカ遠征に行ってたんですね)の際に、某メジャーチームからファンを装ってサインを書かされてそれが実は「契約サイン」だったという一件がありました。この時はチームのマネージャー(鈴木惣太郎、という正力松太郎と並ぶぐらいの日本プロ野球界の立役者のひとりでもありました)が「うちのチームはアメリカの野球団体に加盟していないので、君がコミッショナーとかに訴えても無駄」って事でその契約が無効になったというエピソードがありました。そういうエピソードを思い出すんですよね…。

※似たような話では、ハワイ出身の力士・高見山大五郎が現役時代にアメリカのプロレスのプロモーターからサインを書かされて「高見山、プロレス入りか?」なんて噂が飛び交ったという逸話もありましたね。実際は引退しても親方となって角界を離れなかったんでその契約は無効になったんでしょう。

その他にも実は日本プロ野球界や大相撲界では、引き抜いた・引き抜かれたという例が長い歴史の中では結構多くて、南海→巨人で活躍し後に名解説者としても有名だった別所毅彦投手とかも、南海のエース時代に住宅難で親戚の家に間借りして住んでたのでチームに家を面倒見て欲しいと頼んだところ一蹴され、それを見た(別所投手に手も足も出なかった)ライバルの巨人が多額の契約金と一戸建てを用意して一気に引き抜いて球界のトラブルになったという件もありました。結局、別所投手は何ヶ月かの出場停止にはなったんですが無事に巨人には移籍できて活躍もしたんですけどね…。

大相撲界だと、一門の中で親方が独立して部屋を持つ時に独立させる・させないで大揉めになった例や、その独立の際に部屋頭だった横綱や大関が一緒に新しい部屋に移籍しちゃうみたいな例もありました。また某力士は大卒で某一門の大部屋に入ることがほぼ内定していて誰もがそれを信じ切ってたのに、そこから別の親方が勧誘に成功し別の部屋に入ってしまい、某一門の全力士から白眼視されてなかなか大関から先が出世できなかった…なんて話もありましたね。

今ではそれらの引き抜きに関しては規約やら角界だと暗黙の了承・不文律などがあってトラブルは減ってきたのですが(特にプロ野球に関しては、昭和50年台の「江川事件」以降は極端なトラブルは減ったような気がしますね。逆指名・自由枠がドラフトであった頃は裏金疑惑とかは近年までありましたけど…)、こういうアマチュアスポーツは、そこまでの規約や暗黙のルールがなく、いうなれば「権力者の思うがまま」にいろいろと物事が動いちゃってるんだろうなあーというのが、この体操協会の一件でも感じますね。

いや、高圧的だぞ?それもかなり。

さて、いつもおなじみ「第三者委員会」はどういう結論を出すんだろう。特に「なんで塚原氏側がわざわざ録音してたのか」の部分はよーく知りたいですよね。その無理やり自チームに入れるその言質を取る以外の目的…の他には考えられないんですもの。最初からこういうトラブルの元になる、それこそ大相撲、アメフト、ボクシング…などの各協会・各組織のゴタゴタぶりを見てれば、加害者側が自ら録音機材をONにして物的証拠を残すこと自体が実に珍しい。「消す」ことはあっても「残す」ことはないでしょうよ。

あと、これはもう「言わずもがな」ではありますが、随分と「高圧的」だよな、塚原氏サイド。そういう態度でいろんな選手や関係者を畏怖させてやりたい放題やってきたんだろうな、というのがあまりにも簡単に目に浮かぶのもこれもまた珍しい。それこそボクシングの「男・山根会長」じゃねえんだから(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ