喋れば喋るほどてめえの墓穴を掘るだけだぞ、体操の塚原「女帝」さんよ(爆)

体操女帝塚原本部長「悪いことしてない」宣戦布告(日刊スポーツ)

なんだ完全にボクシングの「男・山根会長」と同じ流れやん。喋れば喋るほど墓穴を<女帝(爆)

体操のリオデジャネイロ・オリンピック(五輪)女子代表の宮川紗江選手(18)が日本協会幹部からパワハラを受けたと主張した問題で、名指しされた塚原千恵子女子強化本部長(71)が30日、都内で取材に応じ、宮川選手の会見での発言に猛反発した。29日までは日本協会から発言を禁止されていたという塚原氏は「これでは言ったもん勝ちじゃない! もう黙ってないわよ」と語気を強めて憤りをあらわにした。

矢継ぎ早に飛び出す言葉から怒りがにじみ出ていた。宮川選手は29日の会見で速見コーチから暴力を受けたことを認めた上で、塚原女子強化本部長らからパワハラがあったと衝撃的にぶちまけた。一夜明け、渦中の人、塚原氏は会見に対し「うそもある」と切りだし、1時間以上も反論した。

宮川選手は、東京五輪強化プロジェクトに当初参加しなかったことで、16年末に塚原氏らから「五輪に出られなくなる」などと圧力を受けたと訴えた。塚原氏は発言時期は最近とした上で、説明した。「宮川は(7月の全日本)種目別選手権で床7位、跳馬7位。東京五輪はチームと種目別合わせて6人出られるから、彼女は(当落線上の)微妙な状況。けがもしているし『こんなんじゃ五輪にいけないよ』とは言った。言葉の前に前段がある」。言葉の切り取りを指摘し、さらに「五輪は選考会があるし透明性がある。案は私が出すけれど、選手を決めるのは遠征も含めて全部常務理事会」とため息をついた。

7月11日に速見コーチによるパワハラの通報を受けた日本協会は弁護士らによる聞き取りを始め、コーチ4人、選手3人から証言を得た。塚原氏も同15日に宮川選手に暴力の有無を確認した。宮川選手は当時の状況を「何度も聞かれた。最後はキレ気味に『あったんでしょ』と。すごく怖かった」と受け止めたが、これにも弁明した。

「宮川は暴力を最初は否定した。認めたけれど、練習指導の一環だと思っていると答えた。『そういう考えじゃだめよ、将来親になって子どもをたたいたりしちゃだめだし、暴力はだめとの認識を持たなきゃ』と。親は知っているのと聞くと『容認しています』という。コーチ、親と一緒にチーム宮川でやってきたと、かたくなに聞かない。暴力があるのを家族も認めているのは異常でしょ? 『あら~宗教みたいね』と言った。それがだめなの?」

宮川選手によるとその席で「速見コーチの100倍教えられる」と発言したとされるが、即否定。話し方が高圧的という指摘にも「全部こういうふうに(雑談で)話していることですよ。圧力なんかありませんよ」とけげんそうだった。体操界で「千恵子先生」と親しまれる一方、「女帝」という一部での呼称には「もっといいのないの」と苦笑いした。

また、宮川選手は「最初から過去の暴力を理由に」、塚原氏が監督を務める朝日生命へ勧誘する動きがあったと主張したが、「そんなバカな、誰が勧誘するかいな」と一蹴。「NTCが使えない時は、特別強化選手は朝日生命の体育館が使える。(安全面からも)コーチの補助も必要だから『朝日生命の体育館で練習しなさい』と、親切心から付き人を通して提案しただけ」とあきれ返った。

宮川選手とは主張に食い違いがある。塚原氏はこの日、夫の塚原光男副会長とともに代理人弁護士を立てた。記者会見も検討しているという。「悪いことはしていないし、お金を使ってでも勝てるところまでやる」。パワハラ疑惑を拭うため徹底抗戦する構えをみせた。

まあこの流れ、

もう完全にマスコミの手のひらの上で踊らされていて、

完璧な「辞任」フラグ

がおっ立ってるのが凄いよね。それこそ、つい数週間前の、

ボクシング連盟の「男・山根会長」と同じ流れ

なのがまた。

で、こうやって「他の方面に話題が流れた」ってことで、前回の記事でも書きましたけど日大アメフト問題で(配下の内田前監督やホモビコーチなどの一件で)さんざん叩かれていた日大の田中理事長、これで逃げ切れるんだろうなあ。「だからな、俺は記者会見なんか開きたくねえって言ったんだよ」とか思いながら理事長室の椅子に腰掛けてニヤニヤしてこのニュースを見てるに違いないw

スポンサーリンク

体操協会は日大広報部ほどはアホではないらしい(苦笑)

体操協会が急転擁護「宮川守る。嘘つくと思えない」(日刊スポーツ)

ただ、塚原夫妻がボクシング連盟の「男・山根会長」とか、日大の内田アメフト部監督兼大学常務理事…ほどは体操協会で権力も影響力もなかったようで、体操協会が日大広報部のような対応をしなかったのは(良い意味で)ちょっと驚いた(苦笑)

日本体操協会は30日、宮川紗江(18)が訴えた協会幹部のパワハラ疑惑について、第三者委員会を立ち上げて調査することを決めた。

宮川は前日29日の会見で塚原光男副会長(70)塚原千恵子女子強化本部長(71)から「五輪に出られなくなるわよ」などと言われたことを告白。この日午後の協会理事による緊急会議に出席した具志堅幸司副会長(61)は「パワハラが事実なら大きな問題」と、宮川の訴えを深刻に受け止めた。

協会側は前日の会見で「宮川本人から正式な申し立てがあれば調査する」としていたが、具志堅氏は「手続き上はそうだが、あれは選手からのサインです。それを受けて、迅速に対応するのが我々の役目」と、緊急会議の理由を説明。「協会と関係のない第三者委員会の調査結果を待ち、対応したい」と話した。

84年ロスオリンピック(五輪)金メダリストで日体大の学長でもある具志堅氏は、宮川の苦しい胸のうちを思い「18歳の少女が嘘をつくとは思えない。協会としては宮川を守っていこうということ。練習環境も確保したいと思う」と擁護。一部メディアに塚原副会長が宮川の発言について「すべて嘘」と言ったことについて「体操関係者として大変に残念」。さらに「選手をサポートするのが協会の仕事。選手のための協会でなくちゃいけない」と強調していた。

もっとも、宮川選手のコーチの暴力問題については、何度も書いてますが「本当に暴力を奮った」んであればそれを猛省するのは当然で、そちらへのペナルティーに関しては始末書とか職務停止とかそういうのは躊躇なく調査・判断はするのは当然、というのは書いておきますけどね。決して選手側を疑うわけではない(そして例の塚原夫妻を「擁護」するわけではない)けども、「記者会見で話を盛っている」可能性までは否定はできないわけですから…。

「奈良判定」ならぬ「塚原判定」…か(呆)

ただ、それを差し引いても、この問題は昨日今日始まった話…では決して無く、いかに体操協会が塚原夫妻のやりたい放題を黙認してたか、というのはほぼ間違いない話のようで、

森末慎二氏、27年前の女子体操ボイコット事件を告白…「全部上が朝日生命の選手になった」(スポーツ報知)

「なんだ、ボクシングの奈良判定とおんなじじゃん」と(爆)

体操の84年ロス五輪金銀銅の3つのメダルを獲得した森末慎二氏(61)が30日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に生出演し、体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラ告発を受けた体操協会の塚原千恵子強化本部長(71)が絡んだ1991年のボイコット事件に独自の見解を示した。

 事件は、1991年の全日本体操選手権で千恵子氏を中心とする審判団の採点法に不満が爆発し出場選手中91人中55人が大会をボイコットした。これによって当時強化部長だった千恵子氏が辞任した。

 27年前の事件について森末氏は当時、「マスコミの報道ではコーチが選手に演技をさせなかった。意味が分からないんですけど、させなかった。それで選手が泣いているということでマスコミはほとんどコーチ側が悪いということですごくバッシングを受けた」と振り返った。

 その上で「ただ、中身はこういうことだったんです」と前置きした上で「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット」と独自の見解を示していた。

ようは、

「塚原判定」があった。

…と。

まあここらへんの積み重ねで、あの塚原夫妻、特に「女帝」は遅かれ早かれアウト、になるんだろうね。例え選手側が多少「話を盛ってた」としても、この力関係を鑑みれば塚原夫妻側に有利な「第三者委員会結論」「体操協会の判断」が出たらそりゃ世間は黙ってないわ。

しかしこういうのはどこの世界にもあるんだな、と。たぶんこの体操協会問題が片付いたら、個人的に「勃発」しそうだなと思うのは「東京五輪のマラソン代表の選考方法」で陸連が大揉めしそうな予感がする(一応、来年9月にMGCという一発選考のレースがあるんですけどね)。で、こないだ放言やらかした瀬古があっさり失脚したりしてな(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ