「宮川語るパワハラ真相」という記事が日大アメフト部の件ではなくて驚いた(汗)

宮川語るパワハラ真相、本部長の「権力使った暴力」(日刊スポーツ)

記事の見出しだけ見た瞬間、「あー、内田前監督とホモビコーチの他に、あの部に本部長ってのもいたのか」と、明らかに日大アメフト部の一見の続きだと思ってクリックしたら、日本体操協会のパワハラ問題ってのが起きてたことに驚愕した私だった(爆)

体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江(18)が29日、自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を科せられた、速見佑斗コーチ(34)に関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開いた。

宮川は会見の中で、日本体操協会からパワハラ行為があり、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに加入させられそうになったなどと語った。

宮川はNTCで7月11日から行われた際、塚原女子強化本部長らから合宿に速水コーチは参加できないと連絡があり、部屋に呼ばれ「(速見コーチの)暴力を認めないと、あなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だからこそ伸びない。私は速水より100倍良く教えられる」などと言われたと証言した。

宮川は「怖くて何も言えない先生でなく、言いたいことを言える先生です。これからも家族と先生を信頼して一緒にやっていく」と答えたが、塚原女子強化本部長からは「家族でそういうのはおかしい。宗教みたい」「オリンピックに出られなくなるのよ」と言われたという。宮川は「家族とコーチを否定され、全てがおかしくなりそう」になり16日、塚原女子強化本部長に「精神的限界…帰りたい」と言ったというが、それ以上は言えず合宿に残ったという。

さらに、21日に塚原女子強化本部長の付き人から「朝日生命で練習で出来るし、朝日生命の寮も借りられる」「何かあったら相談しなさいよ」などと言われ、電話番号を渡されたという。宮川は「本部長からは入れと言う話は、受けていません。付き人からお話しするような感じで電話番号を渡された。パワハラとは感じていないですけど、その方が本部長の付き人ですので、やっぱり何か関係がある…私を朝日生命に入れるために、心を動かそうとしていると思った」と、塚原女子強化本部長からの勧誘ではないものの、朝日生命入りへ心を揺さぶってきたと感じたと語った。

その上で「速水コーチの聴取すら行われていない段階で、最初から過去の暴力を理由に朝日生命に入れる目的だと確信し絶望した。強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない」などと語った。「私の意志は朝日生命に入ることではなく、コーチと一緒にやっていくことなので、心は動かなかった」とも強調した。

そして「権力のある人には、1人の選手の人生は関係ないんだと思った。言いたくても言えば、何をされるか分からない選手、コーチ、審判もいると思う。それは権力を使った暴力。純粋に強くなりたい」と訴えた。さらに「協会にはパワハラの事実を認めていただきたい。18年しか生きていませんが勇気を持って立っています」とまで言い切った。

まず前提として書いておきたいのは、「もし当該のコーチが暴力行為を含めてパワハラをやってた」のであればそれは猛省すべきだし、それ相応のペナルティは与えられて然るべき、というのは言うまでもないです。

ただ、個人的には「被害者がパワハラと感じたら、それがパワハラ」だという考え方なので、それへの口封じは良くないとは当然、と思いつつも、体操協会「ごとき」のこんなコップの中の権力闘争では、パワハラだのもその使い方やデッチアゲ方ひとつで「武器」になるんだな、というのは色々と考えさせられた思いがした。なんか実際の体操協会の中では、「コーチの言動」以外の部分もいろいろとありそうで…。

ま、この宮川選手の言ってることが本当だったら、この本部長のやってることも確実に「パワハラ」ですけどね。絶対にこの本部長、「認めたら全てを失うから」、決して認めることはないでしょうけど。

スポンサーリンク

しかしまー、各種スポーツ団体、ダメダメだな…。

日本相撲協会に始まり、レスリング、アメフト、ボクシング…などなど、「大学の自治」ならぬ「体育会系の自治」みたいな昭和時代からの陰湿な上下関係等のアンタッチャブルな問題点が、2回目の東京五輪の前に、

一気に噴出してきた

って感じ。んな、諏訪湖の間欠泉ぢゃねえんだから、みたいな(爆)。

そいつにしても偶然とは凄いなと思ったのが今回の体操の選手の苗字が「宮川」選手。奇しくも日大アメフト部の悪質タックルをやらされた当該選手と同じ苗字で、しかも組織よりも先に勇気を出してマスコミの前に出てきて記者会見を受けた、という意味でも(アメフト部の彼もどうにか現役復帰してほしいなと思う次第なんすけどね)。

まあこれは本当に単純に偶然なんでしょうけども、おそらく体操協会の歴史の中でも、様々な学閥や権力争い等で、才能は世界を取れるぐらいのものすごいものを持っているのにも関わらず、行きたい高校、大学、企業に進めずに、行かざるを得なかった大学や企業などで「才能の芽を潰す」指導者も少なくなかったんだろうな…と思いますね。例えば無理な練習で怪我をさせられるとか、不当に扱われて干される…とか。

ちなみに「本部長」の塚原千恵子氏というのは、かつて「月面宙返り」を開発してオリンピック3連覇を果たした塚原光男氏の奥様で、本人もメキシコオリンピック女子体操日本代表だったようですね。で、その息子さん(塚原直也氏)も後に2004年のアテネ五輪で金メダルを取ったという次第なんですが…。なんか50年前の五輪の代表選手で、夫と子供が金メダリストってのは、「あー、お察し」って感じな(爆)。

いや、こういうタイプの人って大相撲の部屋のおかみさんとか、落語家の名人の奥さんにも「女帝」とか「長屋の淀君」みたいな女傑がいたじゃないですか。貴乃花・若乃花のおかんとか、先代の桂文楽のカミさんとか、古今亭志ん朝のカミさんとか。明らかに弟子を顎でこき使うみたいな。

うーん、ここらへんのパワハラの概念とか、人間関係、そして権力闘争のようなものは、また例によって「第三者委員会(という名の体操協会のヒモがついた弁護士連中)」が調べたりするんだろうね。

そういう意味では「第三者委員会」専門のスポーツ紛争のプロのような弁護士ってのは意外に今後、東京五輪が終わった後でもそれだけでメシが喰っていけるぐらいニーズがありそうな(以下略)。

というか、せっかくスポーツ庁があるんだからプロ・アマチュア問わず「腐敗組織Gメン(?)」みたいな警察や公安あがりの捜査のプロに各種のスポーツ団体(プロ・アマ問わず)の調査でもやって膿を取りきった方がいいんじゃね?とすら思わざるを得ないわ。いやー、もし伊丹十三監督がご存命だったら、宮本信子氏主演で「マルサの女」風に各種スポーツ団体に査察に入る映画を作ってほしかった(苦笑)。

※ま、それで綱紀粛正されて一番困るのは実はかの高野連と五輪組織委員会の森喜朗氏という説もw

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ