しかし広島が丸選手のFA補償で巨人の長野選手を獲りに行くとは…(;゚Д゚)

巨人・長野、FA丸の人的補償で広島へ移籍「選んでいただけたことは選手冥利に尽きます」(スポニチ)

午前中、「世界の」東スポさんがすっぱ抜いてた記事がまさか本当になるとは(←どんだけ東スポさんを信用してないんだかw)

巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。

 長野は球団を通じて「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」とコメントした。

 長野は日大から社会人野球・ホンダを経て09年ドラフト1位で巨人に入団。通算1209試合の出場で打率・286、137本塁打をマークし、16年から2年間は選手会長も務めた。昨季は116試合に出場し、入団から9年連続2桁の13本塁打をマーク。シーズン最終盤でサヨナラ本塁打、サヨナラ適時打も放ち、チームのCS進出に貢献した。

 昨年末にはFAで加入した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で、内海哲也投手(36)が西武へ移籍。巨人一筋で15シーズンを過ごした左腕の移籍には衝撃が走った。

…ただ、長野選手からすると、丸選手の加入で無条件でスタメン争いは余儀なくされるし、年齢・加齢でそろそろスタメンから外される要素も増えてくる中で、こうしてセ・リーグ3連覇のチームから「選ばれて」移籍していく…というのは、長野選手のコメントではないが「選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なこと」なんだろうねえ。

で、広島球団が丸選手がつけてた背番号9を長野選手に与えたりして。いっそのこと現役生活を広島で全うして「広島で愛される」選手になってほしいですね。で、ゆくゆくは広島のコーチや監督とかも。巨人も川相選手や二岡選手が移籍経験があるけどコーチとして復帰したりもしてますし、「生え抜きの4番打者かエース投手経験者だけが」監督という条件下を考えると…将来の巨人の監督ってのはないかもしれないけど、巨人以外のチームの雰囲気・空気を知るというのはたぶん長野選手の今後のキャリアを思うと「非常に大きい」とは思いますね。まさに中日に移籍した際の川相選手を思い出しますわ。

スポンサーリンク

さて、仮に丸がロッテに来てたらFA補償は誰だったんだろう。

と、考えると、「たられば」で申し訳ないんですが、もし丸選手が千葉ロッテに来てたら広島は誰をFA補償で獲ったんだろうなあ…。個人的には(ロッテ球団がプロテクトを外してそうなのは)清田選手か唐川投手って見方をしてたんですけども、中堅からベテランにさしかかった外野手でそこそこ勝負強いが近年いろいろと苦戦していて「環境を変えたほうがいいかも」という意味では…あー、たぶんこれが長野から清田になってたんだろうな(苦笑)。

まあそういう意味では、

ロッテ・清田育宏、丸が来なくて「めっちゃ喜びました」→ファン「意識低い…」(J-CASTニュース)

この清田選手のトークショーの発言はまあ「本音」でもあったんでしょうね。しょうがねえな(失笑)

プロ野球・千葉ロッテの清田育宏外野手(32)のイベントでの発言が、物議を醸している。

ロッテと移籍交渉をしていた丸佳浩外野手(29)が巨人に入団し、「良かった、本当に良かった」と吐露したためだ。

「丸が来なかったことが全てかなと思いますね」

清田選手は2018年12月7日、千葉県内で行われたトークショーに出席した。

清田選手は今季96試合に出場し、打率.226、打点27、本塁打2だった。15年には130試合で打率.317でベストナイン、ゴールデングラブ賞と活躍するも、以降は低迷が続いている。スポーツ紙によれば、今季は400万円減の4400万円(推定)でサインした。

本人も忸怩たる思いがあるようだ。トークショーで来期の意気込みを聞かれ、

「今年も中途半端に90何試合しか出ていないので、やっぱり『清田を使わないと』と思わせないといけないですし、それは成績で、しっかり数字で残してそういう風に思わせればいいだけなので。あとはケガをしないように一生懸命やること」
と飛躍を誓った。ファンらの反発を招いたのは、続けて述べた部分だ。

「丸が来なかったことが全てかなと思いますね。良かった、本当に良かったです。(巨人に移籍するとの報道を)朝見てめっちゃ喜びました。『よっしゃー』って」

怒るファンたちの声は

広島から国内FA宣言をし、広島、ロッテ、巨人と交渉をしていた丸選手。最終的には巨人を選んでいた。

若手の台頭など外野のポジション争いが激化しているロッテだけに、思わず清田選手の本音が漏れた格好だが、ファンからはツイッターで厳しい声が上がっている。

「意識低い…」
「清田さんの発言には心底ガッカリ」
「今回の件で多くのロッテファンの怒りを買った」

一方で、

「清田これは酷いけどもし自分が外野手だったら清田の気持ちはめちゃくちゃ分かるよ」
「清田が言ったこととか割と当たり前の感情じゃないの?どうでも良くない?」
と理解を示す向きもある。

いや、これはもし丸選手が来てたら「たぶん俺かも」って予感が強かったんでしょうね。確かに巨人の長野選手の立ち位置と、千葉ロッテの清田選手の立ち位置って似てますもの。「大卒社会人からプロに入って、キャリア的には中堅からベテランに差し掛かってきて、そして若手がどんどん台頭している30代」ってのはそっくりですし。

ちなみに長野選手は大学時代、先日引退したロッテの岡田幸文選手と同級生だったそうで(ただし怪我等があって岡田選手は1年の途中で大学を辞めてしまったそうなんですけども)、もし岡田選手がここ数年、打撃不振で無安打記録とかを作っておらず、異様に広すぎる守備範囲な好守備と荻野貴司選手のような打率3割近い、実に渋いバッティングを続けていて去年引退してなかったら…もしかしたら広島は岡田選手を獲得しにきたかもしれませんけどね。

…というよりも、長野選手、よくよく考えてみたら巨人に入る前に、ドラフトで日ハム・ロッテに指名されて入団拒否してたんすよね。そういう意味ではもし長野が翻意してロッテに入ってたら、文字通り、清田・岡田とは外野手のスタメン争いを繰り広げてたのは間違いないわけで、そこらへんは広島の丸選手も含めて、まさに「因果は巡る」ってのはこういう事を言うんだろうなあ…と、しみじみ感じますわ。とりあえず清田よ、背番号1を藤原恭大や平沢大河などに「剥奪」されねえように今年は死ぬ気で頑張れ。

と同時に、長野選手の広島での大活躍を祈ってます。長い目で見れば、若手にとってはこれほどのお手本になる選手もなかなか。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ