ボクシング。1ラウンドが4分になるのも嫌だが、2分に縮まるのはもっと困る(爆)

1ラウンドが2分で終了…プロボクシング試合進行でまたミス、関係者怒り心頭(スポーツ報知)

まさか居眠りしてたんじゃねえだろうな…と思うぐらいイージーなミスでプロ意識の欠片も無い(大汗)。

◆報知新聞社後援 ドラマチックボクシング(5日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

 プロボクシングの試合進行で5日、またミスが起きた。エディオンアリーナ大阪第2競技場の興行の第2試合、堤本京介(大阪帝拳)―テイル渥美(渥美)戦の第3ラウンド。通常の3分間ではなく、1分少ない2分で終了ゴングが鳴った。

 試合は次の第4ラウンドでテイルがTKO勝ち。大阪帝拳・吉井寛会長は「堤本がペースを握りかけていたのに、2分で終わらされた。しっかり進行してもらわないと困る」と怒り心頭だ。進行を統括した日本ボクシングコミッション(JBC)関西事務局は「原因を調査し、後日発表します」とした。

 JBCでは昨年12月24日、大阪での東洋太平洋バンタム級王座決定戦でタイムキーパー(TK)のミスにより、第6ラウンドが4分もあり、その後のインターバルも通常1分のところが2分もあるミスが起きたばかり。当時リング下にTKを1人しか置いていなかったことが問題視され、この日は2人置かれたが、ミスは繰り返された。JBCには原因究明と体質改善が求められる。

タイムキーパーがまさに「ドラマチック」って感じだ(意味不明)

スポンサーリンク

んな、笑点の大喜利が2問で終わるハプニングぢゃねえんだから。

で、これで即座に思い出したのが、

ごくたまーに、笑点の「大喜利」で、司会者が3問あるのに2問で終わらせちゃって(以下略)。

いやー、昇太師匠もやってたんだな(苦笑)。

実は先代の圓楽師匠も、歌丸師匠も2-3回ほどやらかしていて、歌丸師匠がやらかした時は、楽太郎→今の円楽師匠が「うちの師匠、それやった直後に脳梗塞やったの」とネタにしてましたし。しかしピンチの時のボクシングの、1ラウンド4分は修羅場だし、チャンスの時の1ラウンド2分は「そりゃないわー」って思うわ。しかも2分で終わらせちゃった時はタイムキーパーは2人、だったんでしょう?

これはもう「タイムキーパーと一緒に他の雑用を任せてた」か「よほど惰性で仕事してて気を完全に抜いてたか」のどっちかですな。しかも2人いてそれをやらかすってのがよくわからん。特に4分の方は、当たりどころが悪かったらボクシングって死亡事故に繋がりかねんだけに。困ったもんだ。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ