アメリカン航空のCEOさんは寛大だ。ナッツでキレる大韓航空幹部とは違うわ(爆)

米旅客機の乗務員が飲み物こぼす、被害者は自社CEO(CNN)

いやあ寛大なCEOさんでよかったよかった。これがもし「大韓航空」機だったらヒステリーな世襲の女取締役がハイヒールで殴りかかってきそうな感じだしな(意味不明)

(CNN) 米大手のアメリカン航空機内で乗客を機内に迎え入れ、飲み物サービスに努めていた女性の客室乗務員が同社の最高経営責任者(CEO)に誤って飲み物をこぼす痛恨の不手際がこのほどあった。

乗務員歴が4年のマディー・ピータースさん(28)が勤務中にこの種の粗相を働いたのは初めて。生涯で最悪の出来事の1つに表情が凍り付いたとし、ただ笑顔を作ってその場をしのぐしかなかったと振り返った。

幸いなことに、ダグ・パーカーCEOが怒ることなどなく、非常にわきまえた対応を示したため事なきを得たという。パーカー氏はフライト中にピータースさんに大したことじゃないとも話しかけて安心させ、一緒の写真撮影にも応じていた。

ピータースさんがこの写真やてんまつをソーシャルメディア上に流し、大きな反響も呼んだ。

米アリゾナ州フェニックスからテキサス州ダラスへ向かっていた同社便内での出来事で、ピータースさんや同僚はパーカー氏や他の幹部が同乗することを事前に知らされていた。

乗客が乗り込んでくる際にピータースさんはファーストクラスで飲み物を積んだトレーを動かし、サービスに従事。その際、前にいた乗客が突然立ちどまり、トレーにぶつかったため飲み物が飛び散らかっていた。

ピータースさん自身、パーカー氏の衣服を汚した飲み物の半分ほどの飛沫(ひまつ)を浴びる結果ともなっていた。

ピータースさんはインスタグラムで自らの失態を紹介。「大半の人は自分の会社のCEOに会うことはないだろう。ましてや飲み物を浴びせることなど」と記し、「事故は起きる」と締めくくった。

で、CAさん自らInstagramで自分の失態を紹介して「ほのぼのネタ」で済んだのは本当によかったねえ。

スポンサーリンク

「スチュワーデス物語」ではありそうなベタな展開だけどね(笑)

ましてや、自分の会社のトップの人がそこに乗ってるなんて、たぶん長いキャリアでも確率的に数年に1回あるかどうかでしょうに。そしてCEO氏も大人な人でよかったよかった。後で直属の上司から叱られてないといいんだけどさ(苦笑)。

で、これが仮に日本のドラマ、昭和末期の「スチュワーデス物語」だったら、たぶん主人公の堀ちえみがドジ連発で、たまたまそこに乗ってた航空会社(日航だか全日空だかは知りませんが)のお偉いさんとトラブルになって、それがきっかけで直属の上司からは「あいつクビにしろ」と連呼されてピンチ…みたいな話があるんだろうな、とは思う(いや、全話は見てないんで申し訳ないんですけど(笑))。

しかし冒頭にも書いたけど、大韓航空ぢゃなくてよかったね。機内食のおやつひとつでボッコボコにしてくるヒステリーなお偉いさんがいるぐらいだから(以下略)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ J2へ













ABOUTこの記事をかいた人

幕張亭ボーリック/むろかつ(muroktu)

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。さだまさし、伊集院光、水曜どうでしょう、ゴルゴ13、立川談志一門とかも好きです。「岩Q槻」というクイズサークルに参加してヌルくクイズもやってます。