大木凡人氏の「大動脈解離」からの”生還”劇が凄すぎる(;゚д゚)

大木凡人 九死に一生 1月に大動脈解離で緊急手術 – 芸能 – ZAKZAK

いやいや、本当にこれ、九死に一生を得た、ですよ。凄すぎる…。

今年1月、大動脈解離を発症し、緊急手術を行ったことを明かしたタレント、大木凡人(69)。大動脈解離は搬送前に20%が死に至るといわれる病気とあって、まさに九死に一生を得ていたのだ。

 本人がテレビなどに出演して明かしたところによると、1月に入って、胸の苦しみを訴えていたが、同月19日にトイレで立ち上がった途端、「バリバリバリ」と体中が引き裂かれるような痛みに襲われたという。

 自ら119番通報して東京都内の病院に救急搬送された。心臓の左にある大動脈が約60センチ破れていることが判明し、同21日に緊急手術した。

 大動脈解離は、一番太い血管の大動脈の内側に亀裂が入り、血管の壁が薄くなり破裂しやすくなる病気で、発症すると死に至る確率がとても高くなる。左腕の動脈と右足のもものつけねからカテーテルを入れる手術を行い、一命を取り留めた大木。現在は自宅療養中。10キロもやせたが、元気になっているという。

 所属事務所は「22日に再検査の結果が出る。それを受けて仕事復帰を検討する」と説明。また所属事務所は、これまで公称していた年齢より4歳上の69歳であることを公表した。

大木凡人氏は武術(空手だの柔術だの…)の達人らしい、という話は聞いたことがあるんだが…、いや、こんなとこで武勇伝作らなくてもいいから(爆)

で、スポニチの記事によると、こんな感じだったらしいのだが、

胸が苦しくなることが1週間ほど続いた後、今年1月19日に症状が急変。トイレから出ようとしたところ、バリバリバリと張り裂けそうなすさまじい痛みが胸全体を覆ったという。「学生時代は空手をやっていたので、痛いことには慣れていたつもりだが、こんな凄いのは初めてだった」と振り返った。
 痛みは気絶しそうになるほど激しく、それを紛らわせるために「なんだ!クソ!コノヤロー!」などと大声で絶叫しながら119番に電話。すぐに東京医療センターに搬送された。

いやいやいやいや(汗)。

スポンサーリンク

友人がこれで倒れて半年間入院してたことも…。

実際に私、2年前にクイズサークルの友人が例会中にこれで倒れて救急搬送してるのを見ている(というか一緒に救急車に乗って付き添ってもいる)んですが、この事じたいが「凄い」事なんすよね。これ。

勿論、一口に大動脈解離といっても、場所や規模にもよるんですが、うちの友人はまさに突然(←本当に前兆もなにもなかったんです。直前のクイズ企画で優勝してたぐらいでしたから(汗))「…うーん」と言いながら、地べたに座り込んでしまって、そのうち、横になってしまったんですね。脂汗かきながら。

んで、最初は過呼吸とか貧血かと思われたんですが、たまたま私がこの数日前に呼んだ「K2」という医療系漫画で、ペーパーバッグ法(紙袋やビニール袋をかぶせて過呼吸症候群の応急処置法)が実はあまりお勧めではない、という話を見てまして、念のため、「ところで、背中とか心臓とか痛いですか?」と尋ねたら、「痛い。だんだん痛くなってきた。」というので、急いで会場だった区の施設の事務室に行って事情を話しまして救急車を呼んでもらい、ストレッチャーで運ばれてそのまま入院、と相成った次第で。

ただ友人の場合は、入院してからが「大変」だったそうで、その後に3回危篤状態になったとか、喉を切開してそこから酸素を入れてたりとか、敗血症の方が大変で、それで小腸の大部分を切ったりとか、人工肛門とか人工透析とかの話もあったんですが(それは長らく面会謝絶状態で、やっと一般病棟に移動できた退院寸前にお見舞いに行けた際に話を聞いてただ唖然とするばかりだったんですけどね)、6月に入院して年明けに退院…と、半年の入院で「生還」できたから良かったんですけどね。

結局もともと大柄で130kgぐらいあった友人が退院する時には80kgを切るぐらいまでになっていて、退院後も人工透析のお世話になることもなく、今は念のため、歩くときに杖を持ち歩いている程度で元気になったんで良かったんですが…それを見ているだけに、大木凡人氏は「超人」だわ、と思うです。

しかも御年69歳でこれでしょう?どんだけ心身ともに「屈強」なのよ、と(誤爆)。