首都高の中央環状線が今日、全通するとかで(笑)

By: yuukin

首都高の中央環状線 きょう全線開通 NHKニュース

個人的には千葉・成田の実家に行ったり、たまに車で江戸川区のクイズサークルとかに行く際に、都心環状線を通らなくて助かるor通るとしても渋滞が減るかも、という2つの点は非常にありがたいっす。

都心の渋滞の緩和などの効果が期待されている首都高速道路の中央環状線が7日、全線で開通します。

首都高速道路の中央環状線は新宿や渋谷などの副都心や臨海部などを輪のようにつなぐ全長およそ47キロの路線で、このうち目黒区の大橋ジャンクションと品川区の大井ジャンクションの間のおよそ9.4キロの区間が7日から通行できるようになり、これで全線で開通します。
首都高速道路会社によりますと、これまでは都心を通過するだけの車も首都高を利用していたため、渋滞の原因となっていましたが、全線で開通することで車の通行量が分散し、中央環状線の内側の首都高の渋滞や混雑が4割ほど緩和すると見込まれています。
また羽田空港へのアクセスの向上や物流のスピードアップなども見込まれ、大きな経済効果も期待されます。
7日は午前中、開通を記念して東京都の舛添知事や太田国土交通大臣らが参加して式典が行われ、一般の車は午後4時から全線で通行が可能となります。
首都圏では、中央環状線をはじめ、その外側の「外環道」と千葉、埼玉、神奈川などを結ぶ「圏央道」の3つの環状道路の整備が進められていて、国などはオリンピック・パラリンピックが開かれる2020年ごろまでに全体のおよそ9割の開通を目指したいとしています。
.山手トンネルは世界一の長さ

7日、全線で開通する首都高速道路の中央環状線は品川区の大井ジャンクションと江戸川区の葛西ジャンクションを輪のように結ぶ全長およそ47キロの高速道路です。
首都高速道路会社によりますと中央環状線は昭和40年代から建設が始まり、総工費はおよそ2兆円に上ります。
新たに開通する区間を含む山手トンネルは全長およそ18.2キロと高速道路のトンネルとしては世界一の長さで、事故による火災などに備えてトンネル内には5mおきにスプリンクラーが設置されるなどの防火対策が取られています。

これができると、例えば成田の実家とか江戸川区とかに行く際に、西新宿ジャンクションから一気に中央環状線で湾岸高速に出て、東関東自動車道で成田へ、江戸川区の場合は葛西のあたりで降りれば物凄く便利になる。

スポンサーリンク

これはものすごい大改良になりそう。

これまでは、都心環状線で神田橋→木場などを回って湾岸線、もしくは六本木→芝公園→レインボーブリッジ経由ってのが大概のパターン(京葉道路という選択肢もあるが渋滞するので却下で(爆))だったんですが、どーしてもジャンクションが渋滞するんすよね。三宅坂とか浜崎橋とか。

これが中央環状線でダイレクトに中央高速→東名→湾岸で繋がると、まずトラックとかの物流系が都心環状線を走る量が減るんで、中央環状線を使っていくのも勿論よしですし(かなりのショートカットになりますからね)、都心環状線も少しは交通量が減るんではないのかな、と見ています。ひょっとしたらレインボーブリッジができた20数年前以来の大改良かもしれないっすね、これ。千葉方面だけでなく、横浜方面に行くにもかなり便利になりますしね。

あとはまあ、以前の記事でも書きましたが、個人的には西新宿ジャンクションの延々と続くカーブの上り坂に早く慣れることと(汗/まあ交通量が増えれば前の車のケツについていくだけなんですが)、もし願わくば、中央高速の、八王子から都心方面を3車線に広げてほしいのと、高井戸インターの下り車線の入り口をつけてほしいってとこですかねえ。