そこに「現場のビデオ」がある不思議さと来たら(爆)

強姦被告側弁護士:「示談なら暴行ビデオ処分」被害女性に – 毎日新聞

客相手に性的暴行を加えた経営者もあれだが、「脅されたと思われるなら仕方ない」とあっさり認めた弁護士もあれだがな(爆)。国選弁護人なのか私選弁護人なのかがすんごい気になる…。前者だったらこれほどの運命の出会いと相性の良さはないわ(をい)

宮崎市のオイルマッサージ店で女性客ら5人に性的暴行などを加えたとして強姦(ごうかん)罪などに問われている経営者の男(44)の宮崎地裁での16日の公判で、20代の被害女性が「被告側弁護士から『暴行の様子を撮影したビデオがある。告訴を取り下げれば処分する』と脅された」と証言した。被告側の男性弁護士は取材に対し「選択肢として提示した。脅されたと思われるなら仕方ない」と交渉の事実関係を認めた。

 女性は証人尋問で、経営者逮捕後の2014年3月、自らの代理人弁護士を通じ、被告側弁護士から「『法廷でビデオが流されると分かっているのか。流されたくなかったら告訴取り下げをしろ。示談金はゼロ』と言われた」と述べた。さらに女性は「(ビデオが)流出したらどうしよう、なぜこんな思いをしなければいけないのか」と訴えた。

 宮崎県弁護士会所属の被告側弁護士は閉廷後、取材に対し「『告訴を取り下げたら(ビデオを)処分するが、どうする』とは言った」と認めたが「法廷での被害者の不利益が大きいのではないかと考え、選択肢として示した」と脅しではなかったとした。ビデオの動画は示談交渉決裂後、捜査側に提出したという。

 起訴状によると、経営者は10-13年、店で20-40代の女性客らに暴行したなどとして14年2-7月、強姦と強姦未遂、強制わいせつ罪で起訴された。起訴内容を否認している。

スポンサーリンク

弁護士会から懲戒食らうぞー、これ。

いやあ弁護士、実にあっさりとやっちゃいけない一線を越えちゃった感じ。たぶん示談金云々だから民事訴訟の方だと思うのだが、刑事訴訟の方ではこの弁護士も脅迫罪つけて、宮崎県の弁護士会にも頑張ってもらって懲戒で路頭を迷うようにしていいや(爆)

でも不思議だよね。本人は「やってない」とか(もしくは相手の同意があったとかかもしれんが)で訴訟内容を否認してるのに、なぜかわざわざ録画した(←ここがポイントねw)、ビデオのデータは残ってるんだー。ふーん(失笑)。