ここで駒沢の大八木監督が「よし、お前ら失恋してこい」と(謎)

箱根V青学大 失恋たすきリレー – 陸上ニュース : nikkansports.com 箱根V青学大 失恋たすきリレー - 陸上ニュース : nikkansports.com

いやあ青春物語だ(をい)

歴史的快挙の源は「失恋パワー」にあった!? 箱根駅伝を圧倒的なタイムで初制覇した青学大のV戦士が一夜明けた4日、日本テレビの番組をハシゴした。

 朝は7時半からの「シューイチ」に生出演。そこで思わぬマル秘ネタが披露された。復路6区を区間2位で快走した村井駿(3年)が、解放感からか「実は失恋しちゃったんです」と最近の私生活を吐露。これには原晋監督(47)も「えっ恋してたの?」と突っ込みを入れ大爆笑を誘った。

 お次は7区区間賞の小椋裕介(同)。「往路のおかげで優勝したと言われるのは絶対に嫌だった」と“硬派”な答え。そこで「同部屋としてどうですか?」と質問を振られた、4区で区間新の田村和希(1年)が暴露ネタを口走ってしまった。「実は小椋さん…彼女と別れたんです」。再び大爆笑の後、小椋が汗をかきかき「箱根に集中して(付き合いが)おろそかになって…。クリスマス直前に『好きな人ができて』と…。でもスッキリした」と事実関係を説明した。

 優勝の舞台裏には、こんな「失恋たすきリレー」があった。和気あいあいのチーム一丸でつかんだ初優勝の美酒。原監督も「神野は山の妖精ですね」「ワクワク大作戦、大成功。パート2をお楽しみに」と最後まで上機嫌だった。

それを聞いて駒沢の大八木監督が

「そうか、どうりで尋常ぢゃないタイムを出したと思ったら…よしお前ら、失恋してこい

とか言ったりしてな(苦笑)。

で、

駒沢の選手「監督、練習ばっかで恋愛なんかしてるヒマなんかねえっすよ」

駒沢の監督「うるせーうるせー、青学だってそれで驚異の走りができたんだ授業受けに行っている時にキャンパスでかわいい女の子見つけてこい!!」

駒沢の選手「えー、ミッション系の青学と違ってうちは仏教系だからボクの好みのタイプがそんなにいなくて(以下略)」

というやりとりは…さすがにねえか(誤爆)。

スポンサーリンク

あの瀬古選手も大変だったらしい。

ちなみに早稲田時代の瀬古選手は真逆なストイックな生活習慣および練習量を重ねていたそうで。

当時の中村清監督(軍隊上がりのスパルタ指導者で有名でした)の家に下宿していて、それこそ24時間監視みたいな感じだったらしい。トイレに入ってたら、「おい、ちゃんとウ×チしてるか!!」とかドア開けられたとかで。

で、社会人になった直後にそれを見るに見かねて陸上の関係者がお見合いさせて結婚して下宿から出た、…というエピソードをアテネ五輪の頃のナンバーか何かで読んだ記憶がありますね。瀬古サンの愛弟子が五輪のマラソンに出た際のエピソードか何かで。