【千葉ロッテ】井口監督「(乱調だった斎藤佑樹投手を)一気につぶさないと…」

ロッテ井口監督初連敗 序盤の拙攻嘆く「一気につぶさないと」(スポニチ)

昨日の試合は、DAZNの甲府対水戸戦と同時にパ・リーグTVで見てました。で、先発の斎藤佑樹がノーヒットながら乱調で四球・死球連発で先制点を与えた…んですが。

その後にお釣りが出るぐらいボコボコに打たれるというオチが(泣)

ロッテ・井口監督が就任後初の連敗を喫した。初回は斎藤の乱調で3四死球などで2死満塁から、菅野への押し出し死球で先制したが、3四球でもらった2度目の4回2死満塁は2番手・井口に荻野が中飛に打ち取られた。

 3点差の6回に清田の1号ソロで2点差としたが、投手陣が6被弾では焼け石に水だ。「(序盤に)一気につぶさないといけなかった」と指揮官は序盤の拙攻を悔いていた。

逆に狙い球を絞れずに拙攻繰り返してる間に、チェンがねえ…。「たられば」でいえば、一気に荻野貴司とかが畳み掛けて4点ぐらい取って、斎藤佑樹をノックアウトしてビッグイニングにしてたら、もうちょっとチェンものびのびと投げられたかもしれないね。

…あ、それでもなんとかホームラン打って援護してくれた清田には感謝感謝。外野手もスタメン争いどころかベンチ入り争いも熾烈な中、少しずつ調子を上げていってくれれば嬉しいっす。

スポンサーリンク

っかし、日ハムに6発もホームラン浴びたのは…(大汗)

ロッテ、6本塁打浴びて2連敗 井口監督「これだけ打たれたら勝てない」(サンスポ)

ただ、序盤に3本塁打、試合トータルでは6本塁打も浴びたのは完全に計算外でしたけどね。

(パ・リーグ、日本ハム9-6ロッテ、2回戦、日本ハム2勝、7日、東京D)ロッテは投手陣が6本塁打を浴び、今季初の2連敗を喫した。先発チェンは三回までに3本塁打を浴びるなど4回6失点で黒星を喫し「追い込んでからボール球を投げたいところで、甘く入って打たれる。それではいけない」と反省した。

 井口監督は「これだけ本塁打を打たれたら勝てない」とため息。チェンに2軍で再調整させることを示唆した。

っかし、それにしても…日ハムが北海道に移転した後の「東京ドームのロッテ戦」はあまりいい思い出がない(泣)。

あと、昨日はビジターの試合としては珍しく、

「All for CHIBA」の赤いユニフォームを着る試合だったんすね(月に1-2試合程度ビジターでもそういう試合があるそうなんですが)。なので東京ドームのレフトスタンドは真っ赤っ赤でした。結局は3点差まで追い上げて負けたんですけども、それにしても東京ドームの試合はこういうえらい「空中戦」になるなーという感想しか出ないっすわ。ま、「空中戦」って言ってもホームランの殆どは日ハムだったんすけどね(号泣)。

…で今日も東京ドームでの日ハム戦(3連戦の3試合目)。日ハムが加藤、ロッテが酒居の両投手が予告先発で発表されてますが、果たして今日はどうなるんだか。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ