【千葉ロッテ】左腕・大隣投手が古巣相手に「凱旋登板」を…(笑)。

【ロッテ】大隣、あるぞ開幕ローテ!凱旋登板で3回2安打無失点(スポーツ報知)

「ロッテの先発ローテは、エース涌井、五右衛門以外の4枠はまだ白紙」ってのがいいねえ(笑)。

◆オープン戦 ソフトバンク―ロッテ(タマスタ筑後・10日)

 ロッテ・大隣憲司投手(33)が4回から2番手で登板し、3イニングを2安打無失点に抑え“凱旋登板”を飾った。

 スライダー、カーブ、チェンジアップをコーナーに集めて相手打線を手玉に取った。「(捕手の)田村といろいろ話していろんな球を使って抑えていこうとなった。コースに投げられた」と38球を振り返った。

 タマスタ筑後はソフトバンク2、3軍の本拠地で16、17年シーズンの大半を過ごした場所。「2年間、期待に応えられなかった」という悔しさを味わった地でもあったが、この日はマウンドに上がると3113人が入った超満員のスタンドからは温かい拍手と声援が送られた。

 先発陣は涌井、石川がローテに決定したが、井口監督は残り4枠について明言はしておらず「入る隙はいくらでもある」と語っているだけに、大隣の今後の結果次第では開幕ローテ入りも現実味を帯びてきそうだ。

特に左腕投手に関してはやはりコマが少ないだけに。こういう古巣対決の「凱旋登板」でいい結果を出してくれたのは本当に頼もしい(感涙)。さすがに完投…は難しいかもしれないけど、5-6イニングを2失点前後ぐらいで切り抜けてくれれば、あとは大谷とか、有吉、益田、松永、内…の後ろの投手がびしっと締めてくれればな、とは思いますね。あとは田村捕手がうまく大隣投手の持ち味を引き出してくれれば尚更ありがたいなあ。

スポンサーリンク

単身赴任のパパは辛いね(^_^;)

ロッテ大隣 好投も困った 長男に「忘れられてて泣かれた」(スポニチ)

そうか単身赴任で千葉に来てるのか…パパは辛いなあ(苦笑)

テスト入団のロッテ・大隣は初のオープン戦マウンドで3回2安打無失点と好投した。

 2回無失点だった2月27日の練習試合に続き、相手はまた古巣ソフトバンク。柳田、内川ら主軸は不出場とはいえ、最速138キロの直球を軸に抑え込んだ。前日は1カ月半ぶりに福岡市内の自宅に戻り1歳7カ月の長男と再会したが「忘れられてて泣かれた」と苦笑い。こちらはまだ、調整が必要な様子だった。

1歳の息子ちゃんからすれば、パパが1ヶ月半も不在なのはとてもとても長いから「おっちゃん、誰?」にもなりかねないねえ、これ。福岡を舞台にした人気漫画「クッキングパパ」では、東京から単身赴任してきてるサラリーマンを「チョンガー」と呼ばれてそれにちなんだ話も何回か出てましたけど、今回は逆で福岡に自宅があって東京に単身赴任してるんですね、ええ。選手寮に住んでるのかそれとも近隣のマンションとかを借りてるのはさだかではないんですが、大隣投手も食生活の管理とかが大変そうだなあ…。

で、今後は願わくば千葉ロッテではもう欠かせない左腕投手になって、「もうなかなか福岡には戻れない」ぐらいの選手になってご家族も関東の方に来れるようになるといいんですけどね。逆に言えば子供ちゃんをひとりで見ている奥様も大変だなあ…と4歳児の息子がいる我が家としてはしみじみ思う次第です、はい。

奥さん出産したばかりでしたな…。

パパ初登板!ロッテ・涌井、開幕へ「順調」(サンスポ)

で、昨日はエース涌井も初登板してました。この選手だって奥様が臨月→出産したばかりで、仮にMLBにFA移籍してたら移籍先で出産してたとは到底思えないし、たぶん当面は単身赴任だったんだろうね…。

(オープン戦、ソフトバンク3-3ロッテ=九回規定により引き分け、10日、タマホーム筑後)

開幕投手の涌井が先発して3回1安打1失点。モデルの夫人、押切もえ(38)が7日に第1子の誕生を発表してから初の登板となったこの日は、「バランスもよく腕も振れた。ここまで順調に来ているかと思う」と手応えを口にした。井口監督も「スピードは出ていなかったが、徐々に上げてくるでしょう」と期待。次回は5イニング程度を投げ、いよいよ開幕に向けた仕上げに入る。

相変わらずクールというか、ポーカーフェイスというか(笑)

なお今日はオープン戦。北九州に移動しての2日連続のソフトバンク戦です。以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ