【千葉ロッテ】まさかスタンリッジ投手と契約更新しないとは…(;゚Д゚)

ロッテ・スタンリッジ退団、昨季14試合登板4勝(日刊スポーツ)

確かに去年の成績では物足りない…とはいえ、これほど日本野球に精通してる投手を切るとはねえ。

ロッテは15日、ジェイソン・スタンリッジ投手(39)と今季の契約を更新しないと発表した。

 スタンリッジは07年から日本でプレー。16年にソフトバンクからロッテに移籍し、昨季は14試合に登板して4勝6敗、防御率4・32の成績だった。

スタンリッジの4勝…が少ないとは言え、去年のロッテの投手陣は二木が7勝、涌井・唐川、それにルーキーの酒居、更にリリーフの内が5勝…で、あの打線のていたらくを思えば「まあそこそこ」な感じだと思ったんだけどなあ。年俸や契約で合意しなかったのかもしれないなあ。

2年間本当にありがとうございました。あなたに助けられたことは忘れませんですわ。

スポンサーリンク

で、一方で新しい外国人選手を獲得した…と。

ロッテ、前レンジャーズ右腕シェッパーズ獲得 主に中継ぎでMLB通算180登板(Full-Count)

一方で、

MLBでは主に中継ぎで投げていたシェッパーズ投手を獲得したそうで…。

ロッテは15日、タナー・シェッパーズ投手の入団を発表した。1987年1月17日生まれの30歳で米カリフォルニア州出身。推定年俸80万ドル(約9000万円)。

 193センチ、90キロの大型右腕は昨季までレンジャーズに所属。昨季はメジャーで5試合に登板し、0勝1敗1ホールド、防御率6.75。マイナーリーグ(AAAラウンドロック・エクスプレス)では31登板で1勝3敗3ホールド、防御率4.84。またメジャー通算では主に中継ぎで180試合に登板し、12勝7敗、防御率4.23を記録している。

 シェッパーズは「マリーンズに加わることに非常にワクワクしています。この機会にとても感謝しています。素晴らしいチームという印象を持っています。早く新しい監督、コーチ陣やチームメイト、そしてファンの皆様に会いたいです。早く投げて、マウンドからチームに貢献したいです。そんな状況を想像するだけで胸が高鳴ります。マウンドで貢献する日々が待ちきれません」とコメントしている。

すでに千葉ロッテは年末の段階で、

右腕のボルシンガー・左腕のオルモス…の2人の新しい外国人選手を獲得してるんですね。そして野手でもドミンゲスという内野手を獲得していて、これに台湾代表のチェンを含めて今のところ(スタンリッジが退団した現在)、5人の外国人選手がいる、ということになります。

あとは昨季後半から加入したにも関わらずチーム内ホームラン王になった大ベテランのペーニャの去就が気になるなあ。スタンリッジと同じパターンで、ペーニャの獲得断念と同時にマイナーリーグから選手を獲得しました、みたいなパターンになりそうで正直怖いわ…。

ZOZOマリンは左の長距離砲が有利だそうで…。

「左の長距離打者が一番有利」/井口監督(日刊スポーツ)

たぶん浜風とかの関係性もあるんだろうね。去年なんかは見に行った西武戦で2試合とも先制打は西武・浅村選手の浅いライトスタンドへのホームランでしたし(大汗)

ロッテのドラフト1位、安田が新人合同自主トレ3日目の14日、さいたま市の浦和球場で、初めてロングティーを行った。

 井口資仁監督は「うちの球場はライナー性、左の長距離打者が一番有利」と期待。

とりあえずルーキーの安田君と藤岡君には、

イ・スンヨプ以来の場外弾を(苦笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ