【千葉ロッテ】さすがに清田選手も鍛え直さないと来年のスタメンは厳しそうだ…。

ロッテ清田 師匠・井口監督から独り立ち「結果を出して恩返しする」(スポニチ)

シーズンで二度も頭部にデッドボールを喰らったりとかまあこの2年は散々だったなあ…。

ロッテ・清田がZOZOマリンで契約更改交渉に臨み、700万円減の年俸5000万円でサインした。今季は2月に左肩を脱臼した影響もあり、79試合で打率・203。

 自主トレを共にした井口新監督の下、来季に懸ける思いは人一倍強い。師匠から独り立ちし、今オフは石垣島でソフトバンク・明石らと自主トレを行う予定で「井口さんは凄かったと改めて感じている。結果を出して恩返しするしかない」。これで全選手が更改を終了。清田はこの日、唐川らと本拠地で野球教室を行い、親子100組と交流した。

一昨年のとにかくめっぽう打ちまくってたのは、調子がある意味で「良すぎた」のかもしれないんですが、まあ去年も、更に今年も「本来やりたいようなプレーができなかった」という印象が強かったですね、清田選手は。そりゃ前年首位打者の角中選手も絶不調、助っ人外国人選手も打てなきゃ…まあ試合にも勝てないのは当然だわな、と。

なので怪我(特にデッドボールを受けるとか)はどうしようもないんですけど、外野手のスタメン争いも年々熾烈になってきてますし(今年大ブレイクしてた加藤翔平選手も背番号が10番になりましたし)、自主トレで鍛えなおして春季キャンプのときには出遅れないように祈ってますです。

スポンサーリンク

ロッテの左腕の先発投手はチェン投手の1勝だけとは…(汗)

成田翔が初勝利へ巨人田口に弟子入り/ロッテ一押し(日刊スポーツ)

約1ヶ月前の記事の話の続き…になるんですが、ここまで右投手偏重なチームになるとはねえ。

<2018年一押し選手:ロッテ編>

 ロッテの18年イチオシ選手は、高卒2年目を終えた左腕の成田翔投手(19)だ。

 170センチと小柄ながら、けれん味ない腕の振りで真っすぐは140キロ台中盤。スライダー、カーブ、チェンジアップと変化球も面白い。今年9月に1軍デビュー。先発2試合を含む4試合に投げ、0勝2敗1ホールド、防御率4・38を残した。「春先の目標だった1軍で投げるということは達成できました。でも、与えられたチャンスで勝つことができなかった。初勝利が来年の目標です」と、しっかりした口調で話した。

 目標達成へ向け、オフから鍛錬を積んでいる。12月は郷里の秋田で体幹中心にトレーニング。年明け1月には、同じ左腕である巨人田口に弟子入りする。「細かい技術や低めへのコントロール、トレーニング法など、いろいろ教わりたいです」と意欲的だ。

 17年のロッテはシーズン87敗を喫した。先発左腕の勝利は、チェンの1勝だけ。左腕不足がチームの成績不振にもつながった。来春キャンプからアピールを重ねれば、成田にも必ずチャンスはある。

投球術やトレーニング法ももちろん大事だけど、常日頃の食生活とかもアドバイス受けてそれを実践した方がいいかもなあ。巨人の田口選手、あれだけ選手層が厚い(しかもお金も無尽蔵にあるからFAで取れるだけ取りに行っちゃうチームだし、更に既存戦力を見限るのもあっけなく早いし(爆))のによく頑張ってるよなー。

巨人なんかもああいう高卒のドラフト3-4位あたりの選手をもっと大事に育ててやればいいのにね。いかにも知名度だけで取ってきましたみたいな「通販で大人買いする小金持ち」みたいな真似をしないでさ…。あ、千葉ロッテも大卒・社会人経由の即戦力投手ばかりじゃなくてこういう高卒投手を大事にしろよ(泣)

以上です。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ