今年もうちの近所の野球場で、「ブラインドサッカー」の大会をやっていた。

今日の午後、妻に頼まれて立川まで有馬記念の馬券を買いに行ったんですが、その帰りに近所の野球場の前を通りかかったら、何やらサッカーの大会をやってまして、「あれ、これは去年もこの時期に開催してた「ブラインドサッカー」の大会じゃないか?」と気づいて寄り道してしまい(笑)

去年は図書館の帰りにたまたま高台から見かけたんですけども、

今年は青梅線の牛浜駅から家に帰る途中に、野球場の外野フェンスの向こう側に救護用のテントの屋根が見えまして「これはもしかして」と野球場の入り口を見てみたら、

こういうのが貼ってありました。

スポンサーリンク

中の外野人工芝の上で見ることができました。

ひとまず周りを見渡したところ、入場無料で「どうぞご観戦ください」という貼り紙もありましたので、

中で入ってみることに。

図らずとも2020年の五輪・パラリンピックのバッヂまでいただけるとは。

そしてチラシも。

このような書籍なども売られておりました。

地元の名物「福生ドッグ」の売り場もありました。

ちなみにここの野球場、5年前まではえらくオンボロな球場だったんですが、4年前に国体が開催された際にソフトボールの会場になったので全面改装されて人工芝も貼られるようになりました。で、我々一般市民は10月末に行われる「産業まつり」がここで行われる際にこの人工芝の中に入れるぐらいなんですが…今年は大雨で中止になりまして(苦笑)。日頃は、草野球や、シニアリーグの練習、夜間は外野人工芝を斜めに使って少年サッカーのチームが練習したりしております。

フットサルとスイカ割りを足したような…。

で、試合の真っ最中(3位決定戦だったようです)

…の中、近づいて見てみますと、

こんな観客席も。

ゴールキーパーとゴールの後ろにいるチームスタッフ(ここでは緑のビブスを着てたおねいさんでした)がボールの位置を指示したり声を張り上げてました。

で、キーパー以外の選手たちは目隠しをしてボールが見えないようになってました。

「なるほど、フットサルとスイカ割りを足して2で割ったような感じの競技なのか」とひとりごち。ただ、ボディーコンタクトが思った以上に

こちらは手前のコーナーキックからボールが外に出てしまったシーンでした。

で、10分1セットが終わってハーフタイムなのか試合終了なのかはわからないんですが、どやどやとお客さんの動きがありまして、しばしぼーっと立ってたんですが、馬券を頼んでた妻も待ってることだし、と私も帰ることに。

そういえばこの「たま」ってチームは見覚えがあるなあ…と思ってたら、

去年、私が高台で見てたチームが今年もプレーしてたみたいです。いやあ奇遇というか強豪だなあというか(笑)

帰りながら野球場の外周を眺めつつ。

で、行きは駅から外野側の入り口(通常は荷物の搬入口なんですが)から入って、帰りは高台の自宅方面に帰るので内野スタンド方面に歩くことに。

去年眺めてた「高台」はあちらの方向になります(ま、我が家もこっち方面なんですけど)

バックネットから外野の人工芝方面を一枚。

この球場、4月になると桜がものすごくきれいで、仕事帰りとかに野球場のスタンドに入って(一応、地元のシルバー人材センターのおじさんたちが管理してるのでおじさんたちが常駐してる日の夜10時までは好きに入れるそうです)、

こんな感じで季節を感じるとこなんですが、できればこのブラインドサッカーの大会も毎年恒例になっていただいて、「12月のこの時期には福生でブラインドサッカーを」みたいな風物詩になればいいなーなんて思いながら歩いて家に帰ってきたのでした。

余談

※ちなみにこれを書いてる間に有馬記念の時間が来てまして、テレビを見たらキタサンブラックが勝ってました(爆)。

4-9番は息子の誕生日にひっかけて買ってるんでどうでもいいんですが、いやあワイドは14番は4着かー。ビミョーに残念(苦笑)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ