日本でも、まさか体重オーバーに続いて薬物陽性の世界王者が出てくるとは…。

薬物陽性の尾川堅一、6カ月の資格停止処分 無効試合で王座剥奪(スポニチ)

先日の具志堅用高氏の弟子の比嘉チャンピオンの体重オーバーの件もびっくりしたけど、まさか今度は薬物陽性反応が出て剥奪される世界王者が出てくるとはなー。

昨年12月に米ラスベガスでボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座を獲得し、試合前の薬物検査で2種類の合成テストステロンに陽性反応を示していたことが今年1月に判明した尾川堅一(30=帝拳)に対し、米ネバダ州コミッションは18日、6カ月の資格停止処分にすることを決定した。帝拳ジムが19日に発表。IBFは12月の試合結果を尾川の判定勝ちから無効試合に変更し、尾川から王座を剥奪した。

 尾川はラスベガス滞在中の12月5日に行われた検査で陽性反応を示した。12月9日の試合後の検査では陰性だったが、同州コミッションは12月9日を起点に出場停止期間を6カ月とし、処分は6月9日に解除される。また、尾川にはファイトマネーの20パーセントにあたる罰金1万4000ドル(約150万円)が科せられ、同州で再び試合を行うためには追加の薬物検査を受ける必要がある。

 IBFは既にスーパーフェザー級の暫定王座決定戦として、尾川に敗れた同級3位のテビン・ファーマー(27=米国)と同級4位ビリー・ディブ(32=オーストラリア)に対戦交渉を指令していたが、尾川の剥奪を受けて正規王座決定戦に変更となる見込み。交渉期限は5月3日となっている。

それにしても改めて思うのは、

ネリへの処分がクソ甘かったんだな、WBC(爆)

としか言いようがないわ。IBFのこの対応が極めて妥当だと思うんだけどね。さすがに確信犯的な体重オーバーの一件ではWBCも動かざるを得なかったようだけど。

スポンサーリンク

比嘉チャンピオンの減量失敗はまだ同情できるが…。

まあ今のドーピング検査、気管支炎で使用する(うちの息子も時折処方してもらって使ってます)ツロブテロールテープですらドーピング検査にひっかかるぐらいで、去年あたりに自転車の「ツール・ド・フランス」で優勝したクリス・フルーム選手も常用してる薬がドーピング検査にひっかかったというニュースが有りましたし。フルーム選手の場合は「サルブタモール」という、このツロブテロールテープと同じく気管支炎用の薬で、ネブライザー(液体から霧状にしてそれを吸入する)を使っていたら、それが引っかかったそうですね。

この尾川チャンピオンの一件が、本当に「ドーピング目的な確信犯」だったのか「何やら持病を抱えていてそれ用の服用する薬がひっかかった」のかはこの時点ではさだかではないんですが、これは本人もそうだけどやはり世界王者を輩出するようなボクシングジムの「陣営側」がちゃんと本人の健康管理もチェックするなり見極めるなりして「その薬は事前に届け出した方がよい」とかしっかりサポートしなきゃ駄目だなあ…と思った次第ですね、はい。

ゆえに比嘉チャンピオンの件は、この体重オーバーの前の試合の時点で「減量に苦しみまくってた」という話は比嘉陣営どころかボクシングファンでもかなり知られてた話だったそうですね。

特にボクサーの場合は「あしたのジョー」の力石徹が減量しすぎて最後は死んだというエピソードと、更に本当に講談社で告別式までやってしまったという漫画の世界の話ながらよく知られている逸話がありますが、その身長や体格、骨格などから、「そこまで減量するには無理がある」という限界ってのがあるんですね(同じボクシング漫画では「はじめの一歩」での一歩のライバルである宮田一郎も背が伸びすぎてフェザー級で戦うには減量がきつすぎる、という話もありました)。

そういう意味では「KO勝ち記録も大事だし、防衛戦も大事かもしれないけど…本人との相談の上で更に重い階級、減量がそこまでは苦にならない階級にするとか、試合スケジュールをもって長く空ける」とか、陣営側が幾らでも工夫することはできたわけで、比嘉チャンピオンの場合はしばらくペナルティで試合ができないそうですが、復帰後は適正な、本人にとって無理のない階級で戦わせてあげてほしいですね。無論、陣営側も今回の件は全てを選手のせいにするとも思えないですしね(減量とか体調管理などをしっかりしてきた元プロの人たちだっていっぱいいるわけですし)。

…で、尾川チャンピオンの件は果たしてどっちなんだろう。たぶん服用薬がついうっかり…だと思うんだけどね。まさか日本でネリがやらかした、薬物陽性反応と、体重オーバー、それをどっちも現役の日本人チャンピオンが「その直後に連続してやらかす」とは思わなかったなあ(苦笑)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ