「配達量に嫌気さして郵便物隠した」→日本以外にも米国でもあるんだな(呆)

配達量に嫌気 1万7千通届けず、郵便局員を逮捕 米NY(CNN)

日本だと、郵便局のバイトとか正社員の配達員が年に数回ほど新聞沙汰になることはありますが…これは万国共通なのか??

(CNN) 米ニューヨーク市ブルックリン地区の連邦地検当局は22日までに、配達する郵便物の量に嫌気が差し自宅や車、職場のロッカーにため込んでいた53歳の郵便局員を逮捕、訴追したと発表した。

未配達の郵便物は1万7000通以上に達し、消印が2005年のものもあったという。容疑は郵便物配達に関する連邦法違反となっている。

刑事訴状によると、今回の摘発は同地区に止めてあった車両の中に郵便局が使う青色の郵便袋が多数あるとの情報が米郵政公社(USPS)監察官に寄せられたのがきっかけ。調べで車は容疑者のものであることが判明し、聴取したところ不正行為を白状した。ただ、重要な郵便物は確実に届けたとも供述したという。

関係先を捜索したところ、車の中で約1万通、勤め先の「ダイカー・ハイツ郵便局」の従業員ロッカーの中で約1000通、ブルックリンにあるアパートの自宅内で約6000通が発見された。

容疑者はUSPSに16年間勤めている。保釈金2万5000ドル(約270万円)を支払って釈放された。

しかしまー「25000ドル払って保釈」ってのが日本にはない点ですね。たぶんこの人、米国郵政公社での職場は確実にクビになるんだろうけど…。

スポンサーリンク

「最初の研修」で嫌という程聞かされる話なんだけど。

今は介護離職してその仕事はしてないんですが、以前は学生時代のアルバイト時代を含めて10数年ほどこの仕事をやってました。まあバイトから契約社員になってやってました(資格試験とかを併用して勉強もしてましたし)。なんつーか、自分が辞めた後に元同僚の話を聞くと、とにかく最近は「バイト募集しても応募がない」ぐらい人手不足で大変なんだそうで…。

で、この仕事の最初の研修、最近は一週間ほどみっちり、座学から区分けの方法からバイクの乗り方のマナー研修まで行われるそうですね。私の時は丸一日座学して次の日から先輩社員の配達をついていってとにかく地図を見ながら少しでも慣れていく…というのをやってました。

この「座学」の時にいろいろとビデオも見るんですが、いの一番に見ることになるのがこの「仕事量が、配達量が半端なくて家やロッカーに郵便物を隠して大騒ぎになる」件の話でしたね。

結論としては「仕事し始めの頃は(ま、ベテランになってからもですけど)、恥じらうこと無くわかんなければ持って帰ってこい。懇切丁寧に教えるから。怒られたり叱られたりすることはないよ」という事なんですが…。

これと同様に、研修VTRの定番でおなじみのなのが「現金書留をくすねて(てめえでお客さんと同じ名字の三文判のはんこを買ってきてくすねちゃう)大騒ぎ」というのもありましたね。無論、バレる確率が極めて高い(だって現金書留なんて例えばよほど「懸賞で当たった」以外の状況で、受け取り手が来るのを知らないって話はないじゃないすか。お客さんは心待ちにしてるのは当然、というわけで…)こういう行為が、毎年のように一定数発生してるのも悲しいけど事実なんですけどね。そしてその都度、配達員からは「お前馬鹿じゃねえの?」ってぼやきが聞こえる、と。

しかしま、日本郵便の郵便等の配達員が全国で万単位(10万人とも20万人ともそれ以上とも言われてるようですけど)いる中で、0.0001%ぐらい「選択肢を間違える」「後々のことを想定できない」アホがいても、それでも配達員総数の割合的には年間10人から20人は出てくるわけで。ぶっちゃけていえばもらい事故の交通事故や自爆テロ、隕石の地球落下と同様に、完璧な撲滅、年間ゼロ件は無理なんでしょうがそれでもやはり、「現場を知らない・数字しか興味がない」日本郵便本社の経営陣とか、各支店の現場の管理者とかからすると、「できるだけ撲滅するように」といろいろと手は打つんですが、運が悪くその上司の出世まで響くようなことをやらかすアホも時折いるわけですね。

しかしアメリカは車で配るのか。

で、気になったのは「もしかして、アメリカって車で配達するのか?」ということで。調べてみたらこちらにこういう事が書いてありました。

◆アメリカ式郵便配達

日本ではオートバイによる配達が主流ですが、アメリカでは配達車の窓を開けてそこから手を伸ばし、各家庭のポストに投函されるケースが主流でとなっています。つまり、配達員は車に乗ったまま郵便物を配っていくというわけなんです。このような配達事情から、郵便配達の車だけは右ハンドルになっているのはなかなかユニークですね!

なるほどなー(で、冒頭に貼った車が米国の郵便配達で使用される車なんだそうです)。それと米国では経費削減の一環で普通郵便は土曜日配達を休むとこもあるそうです(小包や速達等は日本同様、休日も配られてるそうですけど)。

日本なんかでも、道路沿いにポストがあるお宅ばかりだといいんですが、それこそ千差万別で、玄関の隣とかドアポストとか、路地の奥に家があるとか、狭い日本の土地事情等もあり「郵便バイクから確実に降りてそこまで歩かないと配れない」とこが大半なんで、アメリカのような「車で封書などを配る」のはまあ無理でしょうね。小回りが効かないと…。特に尾道や長崎、横浜みたいな、中には坂道と崖の合間に家がある、みたいなエリアだと本当に仕事にならないでしょうね。

余談としては私自身、学生時代の夏休みバイトの時に経験したのが、20軒ぐらい連なっている高級住宅地みたいなエリアで、1軒ずつ階段を昇った先にポストが、という「陸上部のトレーニングじゃねえんだから」みたいなとこもありましたね。おかげさまで日焼けは思いっきりするわ、肥満体の身体も少しは引き締まりはしましたけど、とてもじゃないが水分補給しないとやってられねー、みたいな思いをしたのをよく覚えてますわ。毎朝、ポカリスエットの粉で水を入れて水筒に作っていって、お昼休みに職場の給水器でそれを再び作って…なんて事をやってました。

さて週明けは日本の郵便局は「恒例の」ロッカー点検か?(爆)

そいつにしても16年ものキャリアがある53歳配達員をしてこれをやらかすとは…。しかも隠してた13年前の郵便物が見つかるとは(;゚Д゚)

ちなみに日本だとこの手の「事件」が新聞報道等をされた翌日には郵便局で仕事中に「ロッカー点検」といって、区分けする作業を中断させられて地下とかにある職員用ロッカーの自分のロッカーの中を上司が点検するという「儀式(?)」みたいなのか毎度毎度ありましたね。さて、果たしてアメリカはどうなんだろう?

でも結構思うに、個人主義の国・アメリカの場合は「あれは配達員個人の資質の問題だから」とロッカー点検とかしない癖に、海を越えた日本では「アメリカでもあったから日本でもないわきゃない」とかいって国も違うのにロッカー点検させられたりしてな(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ