しかし小室哲哉氏が謝罪会見で「引退」を発表するとは思わなかったな…。

小室哲哉、謝罪会見で引退発表 不倫疑惑の責任感じ「僕なりのけじめとして決意しました」(オリコン)

数日前の記事の続きになるんですが…まさか安室奈美恵氏よりもちょっと先に小室哲哉氏の方が引退するとは…(汗)

18日発売の『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、都内で記者会見を開いた。スーツ姿で登場した小室は、詰めかけた大勢の報道陣を前に「今回の報道で妻のKEIKO、家族、ファンの皆様、スタッフの皆様、いろいろな方にご心配、お相手の方にもご迷惑おかけしたこと、お詫び致します」と謝罪。さらに騒動の責任をとる形で「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表した。

 報道によると、小室は12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。妻のKEIKOが実家に帰省している1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。同誌の取材に小室は、不倫疑惑について「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めていた。

 小室は2002年にglobeのボーカル・KEIKO(45)と結婚。2011年にKEIKOがくも膜下出血になって以来6年、献身的にリハビリに取り組むKEIKOを支えきたが「大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなって、かわいそうな気持ちもあったけど、そこを諦めていけないことが精神的なサポートというのは、重々承知していた」と話し「3年ほどの前から疲れ始めてきたことはあったと思います」と素直な心境を吐露した。

 さらに自身も何度か病に伏すこともあったといい「2017年の夏前、突発性に難聴に近い状態になりまして、今も左の耳がほぼ聞こえないです。原因不明ですが、ストレスによるものだろうと診断されました」と告白。報道のお相手には、入院した際に知り合い、その後は自宅への往診や、出先での急な診察も依頼するようになったという。

 お相手を「仲の良い信頼できる看護師さん」とし「男女の関係ではない、全くありません」ときっぱり語った小室。しかし「誤解を生じさせて、往々にして男女の関係を想像させる環境もあった。これを最近、皆さんで使ってらっしゃる言葉で使わせていただきますが『不徳の致すところ』という言葉以外にはありません。そこは重々承知しています、申し訳ありません」と陳謝した。

 小室の事務所はファクスで「プライベートは本人に任せております」とコメントし、事務所の方針として「本人が記事について否定しておりますので、本人の発言を信用して対応致します」としていた。

しかし記者会見で何を言うんだろうと思ってたら…斜め上の方向でちょっとびっくりした。

スポンサーリンク

大仁田厚・宮﨑駿ばりの「安易な」現役引退ぢゃない事を祈る。

まあ数日前の記事でも触れましたが、

「よーく聞けばみんな同じに聞こえる」小室哲哉氏プロデュースの歌手・楽曲が大ヒットしてたのがもう20年前、ってのも驚きだし、小室氏じたいがもう今年で還暦なんだなー、と。で、途中で不祥事起こして逮捕もされたし、何度か再婚して今の奥さんが病気で倒れて看病する生活に入ったり…と、この人の運・不運のアップダウンの凄まじさを思えば、まあこれを機に引退ってのは「あり」なんじゃないですかね?

ただ、それなりの信頼回復、特に奥様の方の実家のご家族への信頼回復はとんでもなく大変なんだろうな…。10年20年かけてコツコツ積み上げてきたモノだって失うのは一瞬だしな…。

…で、これが大仁田厚や宮﨑駿みたいな「気の迷いで引退って口走りましたがやっぱり撤回します」じゃないことを祈るしかないわー。まあ大仁田の場合はあれは「あ、現役引退。はいはい。」って周りもネタとして扱ってる感は強いけどさ。

正直「責任のとり方」としては悪手のような気もしなくはない。

ただ、これが闘病中の奥様がいるのに目を盗んで不倫…の批判を回避するための方便のつもりでこれを口走ったとしたら、まあどっちにしても社会的にこの人はもう信用されないんだろうなって気もするけどね。なんかいろいろと誘惑が多すぎる東京から離れて、海外とか地方とかに移住した方がいいような気がするんだけど、ここらへんは奥様のリハビリや闘病の都合を考えると医療機関が充実している東京を離れられないとかの事情もあるんでしょうね、きっと。

※個人的にはこれが「責任のとり方」だとしたらなんだかなーって感じなんすけどね。と思ってたら落語家の立川談慶師匠がTwitterで実にうまいことを(笑)

なんか今後の流れとして「奥さんの実家から三行半をつけられて離婚」→「ほとぼりが済んだ頃に現役復帰。というか、引退が「なかったこと」に」みたいな感じになりそーで仕方ないんスけど。これ。まあそれ以前に「仕事上のパートナーの女性に手を出す」ってのはプロデューサーとしてはどうなの?というツッコミも否めないんだけどね。そりゃ芸能界に入ってくるぐらいの美女なんだからかわいいのは当然なんだろうけどさ…。

しかし「文春砲」は今年も切れ味バツグンだわ。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ