「闘病中の奥さんが実家に帰省中に不倫してた」小室哲哉氏対「文春砲」…。

小室哲哉 妻・KEIKO介護の陰で看護師との裏切り行為(文春オンライン)

…っかし、小室哲哉氏も思えば還暦間近な年齢だったんだな…。でも奥さんが闘病中でこれはさすが無いわー(呆)。

90年代のJ-POPシーンを創り上げた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)。TRF、安室奈美恵、華原朋美、そして自らのユニット、globe。彼がプロデュースしたCDの総売上枚数は約1億7000万枚超に及ぶ。

 2002年にはglobeのボーカル、KEIKO(45)と結婚。だが11年、KEIKOをクモ膜下出血が襲った。以来6年、リハビリに取り組むKEIKOを小室は傍らで支え、メディアの取材にも「僕にはこの人しかいない」「彼女に寄り添いたい」と献身を語ってきた。

 しかし、昨年末から今月にかけ、小誌は小室の“背信”現場を目撃した。

 12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。ふたりは夕方、腕を組み部屋を後にした。そして1月13日、KEIKOを大分の実家に帰したその日、同じ女性を自宅に入れ、一夜を共にしたのだ。

 この女性、A子さんはシングルマザーで、柴咲コウ似の美女。小室とA子さんの出会いは数年前、彼女が看護師として勤めていたクリニックで、ビタミンB1を主成分とする“ニンニク注射”を受けたときに遡る。やがて小室のスタジオ、そして自宅に彼女を呼んで個別に接種を受けるようになり急接近。患者と看護師だったはずの関係が、いつしか男女の仲へと発展した。

 A子さんの存在に、KEIKOの母親は「ショックです……」と言葉少なに語るのみ。

 小室本人は、本誌のインタビューに応じ、約40分間にわたり心境を告白した。

 自らの不倫疑惑については「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めた。

 詳細は、1月18日(木)発売の「週刊文春」1月25日号で報じている。また、本記事に関連する2つの動画《密会編》《告白編》が、同日(木)朝5時より「週刊文春デジタル」にて公開される予定。

というか、いろんな歌手が唄ったり踊ったりして小室哲哉氏の楽曲が流行りに流行ったのがもう20年前という時間の流れの速さにびっくり。と同時にちょいとした事件起こして逮捕されたのも10年ぐらい前の話なのね。まあ中学の時に友達のTMネットワークのCDを借りてダビングして聴いてた身としては、「安室だろうがTRFだろうがglobeだろうが、結局曲調が似たり寄ったり。みんなウツに歌わせて後ろで木根がギター持ってりゃTMネットワークじゃん」って思ってたし、友人筋にはそう言ってたなあ。それも宇多田ヒカル(と倉木麻衣)が出てきたら一気に廃れた感があったけど。

スポンサーリンク

すげえな文春砲…。

で、これも冷静に考えてみれば、小室氏が突発的に「奥さん以外の女性とホテルに行って朝帰りして云々」のとこにたまたま文春のカメラマンとかが出くわした、ということはまず考えづらく、要は以前からその芸能界筋で「そういう噂」があったんでしょうね。で、何度か本人が知らぬ間に取材もして尾行とか追跡とかもして、じゃあいざ取材決行…となったわけで、

そこで呑気に自宅にお泊りさせちゃった小室氏、脇甘いわー。

としか言いようがないな、こりゃ。

しかしこれはどう弁解するんだろうな。いわゆる「やった・やらない」はどうでもよく、「一緒に寝た」という苦しすぎる言い訳もアレだけど、奥さん本人やそのご家族への顔向けもできないし、何より世間的には「単なる人気アーチストのよくありがちな不倫」じゃなくて「闘病中の奥さんが実家帰省中に羽根を伸ばしてお泊り不倫」ってのはイメージ的にかなりやばいでしょうよ…。まあベッキーとかと違って、既に×2か×3ぐらいの結婚離婚歴がある人らしいからそこまでのイメージダウンにはならないと思うけど、それでもかなり後始末は厄介なことになりそうだね。これ。

にしても文春砲。一昨年去年は焦土にせんとばかりに撃ちまくってたけど、今年も早々からどえらい一発を(^_^;)