日本相撲協会。今度はエジプト出身・大砂嵐関が無免許運転で追突事故とは…。

大相撲 十両・大砂嵐 無免許運転で追突事故 書類送検へ(NHKニュース)

しかしタイミングが悪いというか次から次へと…。そもそも関取は自分で運転しちゃいけないんじゃなかったっけ?

大相撲の十両・大砂嵐が、初場所前の今月初め、長野県で無免許で車を運転し追突事故を起こしていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。その後、警察署に出向いた際、妻が、運転したのは自分だ、などと事実と異なる説明をしたということで、警察は今後、大砂嵐を道路交通法違反の疑いで書類送検する方針です。

捜査関係者によりますと、エジプト出身で大相撲の十両八枚目の大砂嵐は、今月初め長野県山ノ内町で無免許で車を運転し、前の車に追突する事故を起こしたということです。事故でけがをした人はいなかったということです。

大砂嵐は事故の際、妻と車に乗っていて、警察に「国際運転免許証を持っている」などと説明しましたが、実際には国際運転免許証は効力がない状態で無免許運転だったということです。

その後、妻や弁護士と一緒に警察署に出向いた際、妻が、運転したのは自分だ、などと、一時事実と異なる説明をしましたが、現場付近の防犯カメラの映像などから、大砂嵐が運転していたことが確認され、本人も認めたということです。

警察は、今後改めて事情を聴いたうえで大砂嵐を道路交通法違反の無免許運転の疑いで書類送検する方針です。

日本相撲協会は、各部屋に所属する現役の力士に誓約書を提出してもらい、車やバイクの運転を禁止しています。

大砂嵐はエジプト出身の25歳。平成24年の春場所で初土俵を踏み、平成25年の九州場所でアフリカ大陸出身の力士として初めて新入幕を果たしました。初場所も出場していて、これまで1勝7敗です。

なんつーか「後からバレました」ってのがなんとも印象がより悪い。昔、横山やすし師匠が物損事故の折に「わし、国際免許ですねん」ってウソついて結局無免許運転ってバレたって話を思い出しますわー(大汗)。

スポンサーリンク

10数年前に死亡事故を起こしてから今のルールになった記憶が。

引用はしてませんが、10数年前に高砂部屋の闘牙関が運転して死亡事故を起こしたことがあって1場所出場を辞退したことがあったんですよね。確かあのあたりから「力士本人が運転するのは禁止」といあ項目ができた記憶があります(やはり引用してませんが記事の下の方にありますが、旭天鵬関が現役時代追突事故を起こして1場所出場停止を食らってたそうです)。

なので、各部屋の親方衆も付き人の力士には運転をさせることはなく、マネージャーさん(元力士の人もいればカタギの人もいるらしいです)が運転手役として相撲部屋のスタッフについていて運転してもらっている…という例が多々あるそうですね。ちなみに私、その闘牙関が現役時代に在籍していた高砂部屋のホームページの大ファンでたまに読んでるんですが、元大関・朝潮の高砂親方には運転手役のマネージャーさんがいるそうです。元々力士志望の方だったそうですが残念ながら年齢制限にひっかかって力士にはなれなかったものの、名古屋場所の折にしょっちゅう部屋に来ては雑用を受け持ったり運転手役を買って出たりして昨年あたり本当に高砂部屋のマネージャーさんとして雇われることになったとか…。ちなみにホームページを運営してるのは元力士の一ノ矢さんという方でこの方も現役引退後は高砂部屋のマネージャーさんだったりします。

で、話を戻しますが、まあ死亡事故とか物損事故が起きると相撲協会的にも体裁は極めて良くないですし、何より10代の頃に中卒・高卒で入った力士だと2ヶ月に一度は巡業があり、更に3場所は大阪・名古屋・福岡と地方場所でその前後1ヶ月は東京を離れるし、更に場所の間に地方巡業もあるので、合宿免許でも半月はかかるスケジュール上、なかなか自動車教習所には通えないでしょう(ただし中には幕下以下の力士が廃業・引退する際にはセカンドキャリアの為に通信制の高卒資格や車の免許を取らせてくれる部屋・親方もいたそうですが)。ただ、高卒で入ってくる力士とかは既に運転免許を持って入ってくる人もいるそうで、同時に外国出身の力士などもそれぞれの国の運転免許を取れる年齢を過ぎてから入ってくる力士もいるらしいんで…そこらへんの管理・監視が難しいんでしょうね、きっと。特に大砂嵐関は母国の大学生の時に来日して角界に入ったぐらいですし…。

※さすがに力士が現役バリバリのさなかに自動車教習所に通ってます、という話はついぞ聞いたことがないですな…。

怪我がちゆえに、出場停止→幕下陥落から再起できるのか…?

しかし大砂嵐関、なんと勿体無いことを…。特にこの人はイスラム教徒で7月の名古屋場所がラマダン・断食月が入るだけにそれだけでも大変なのに、それと怪我が多くて十両と幕内の下位を行ったり来たりしてるんですね。

なので仮に国際免許が「うっかり」だとしても、力士が運転しちゃいけないという規則は破ってますし追突事故は起こしてるしでおそらく1-2場所程度の出場停止の可能性は高いでしょうね。もしくは今場所途中から含めて3場所程度の停止になるかもしれませんし。そうすると十両の真ん中あたりの番付ですので幕下には落ちるでしょうから(最終的には救済措置が取られましたが、幕内力士だった貴ノ岩関が2場所連続休場で幕下陥落必至って言われてましたしね、年末のあたりまで)。果たしてそこから再起できるのか…とかを考えると、この代償は限りなくでかいなあと思いますね。

それにしても相撲協会、なんとも「パンドラの箱」を開けちゃったように次から次へと…。