【千葉ロッテ】田村捕手が投手全員と面接へ。まさに「腹を割って話そう」と(爆)

ロッテ田村が投手全員面接 捕手目線から投手思考へ(日刊スポーツ)

あー、そこに田村捕手気づきましたかー。ひょっとしたら成長したら物凄い捕手になるかもしれないね。

ロッテ田村龍弘捕手(23)が、2月1日からの石垣島キャンプで“投手全員面接”を実施する。29日、自主トレに訪れた本拠地ZOZOマリンで「ロッテは毎年、先発が良いと言われながら結果を残せていない。投手だけじゃなく、捕手にも責任がある。今年はコミュニケーションをしっかりとって。そこを大事にやっていきたい」と話した。

 昨季限りで伊東前監督が退任。井口監督にはチーム力向上のため、良い意味での“脱伊東”が求められる。リードの刷新もその一環。田村は「この5年間、伊東さんが監督だった時にやってきたことを1回ゼロにしようと言われています」という。

 前監督時代は打者が嫌がる内角を突いたり“捕手目線”のリード。投手の良さが消えてしまうデメリットもあった。「投手にとって何が投げやすいか、どのコースが腕が振れるか、どの変化球が一番自信があるか。もう1回全員に聞いてやっていかないと。投げたいと思う球を投げさせるのが1番。そこを第一に考えてやりたい」。全員面接で投手陣の思考を頭にたたき込む。

 ロッテ残留を決めた涌井や新外国人らも分け隔てなく、時には食事をともにしながら腹を割って話すつもりだ。「(大リーグは)涌(井)さんの夢なんで複雑ですけど、僕は涌さんが残留してくれてうれしい。いると全然違いますし。やりますよ今年は。僕が(勝たせます)」と昨年5勝に終わったエースの復活にも自信を見せた。

なるほどなー、伊東監督の時は「俺が必死に勉強して相手を対策をしてリードしていくから、そこに投げてくれ」タイプだったんですね…。現役時代の伊東監督も実際はそういうタイプだったんかもしれないですね。ちなみにパ・リーグの最優秀バッテリー賞の初代受賞者は、伊東前監督と、今のソフトバンクの工藤監督だったりしますが(汗)。

スポンサーリンク

「腹を割って話そう!!」

まあ経験値とかそういうのはある程度横においといて、更に何かできるものがないか、と考えた結果、「ちょっとピッチャーの皆さんの目線で考えてみよう」って事になったんでしょうね。それはたぶん、田村捕手、きっと自分の手元には研究ノートみたいなのも残してるはずでしょうから、ゆくゆくは凄いキャッチャーになるかもしれませんね。遠い将来、伊東監督のような監督・コーチになった時にも後輩の捕手にいろいろと指導する時にきっと役に立つでしょう。

とはいえ、田村捕手、間違っても、

どこかのヒゲみたいに真夜中12時に「腹を割って話そう」とか寝室に行くのは勘弁してやってくれな(爆)

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ