日本レスリング協会が、こんなに「あっさり」とパワハラ認定するとは…。

レスリング協会 栄和人強化本部長が辞任 パワハラ認定で(NHKニュース)

すまん、レスリング協会。俺はこの伊調選手の一件に関しては、あんたらは頑なにゴネて「セクハラは認めない」「証拠はなかった」って逃げると思ってたわ。正直、これほどまでに「素直に」認めるとは思ってなかったんで逆にびっくりしてるんすけど…。

日本レスリング協会の栄和人強化本部長が伊調馨選手や指導していた男性コーチに対して嫌がらせをしているとして告発された問題で、調査に当たった第三者委員会は、伊調選手に対する「よく俺の前でレスリングできるな」といった発言などがパワーハラスメントに当たると認定しました。栄強化本部長は強化本部長を辞任する意向をレスリング協会に伝え、協会はこれを受理しました。

この問題は、伊調選手や、伊調選手を指導していた男性コーチが、栄和人強化本部長など日本レスリング協会の幹部から嫌がらせを受けているとして内閣府に告発状が送られたもので、レスリング協会から委託を受けた第三者委員会が栄強化本部長や伊調選手への聞き取り調査を進め、5日までに報告書をまとめました。

レスリング協会は6日、都内で臨時の理事会を開き、報告書の内容を出席者に説明するとともに、理事会のあと記者会見を開いて報告書の内容を公表しました。

それによりますと、第三者委員会が伊調選手へのパワハラと認定したのは、女子の強化委員長だった栄強化本部長が平成22年2月の合宿で「よく俺の前でレスリングできるな」などと発言したこと、また、女子の強化委員会で、平成22年のアジア大会に向けて、実績のある伊調選手を代表の選考から外したことの2件です。

また、伊調選手を指導していた男性コーチに対しては、栄強化本部長が平成22年9月の世界選手権での宿泊先で、「伊調選手の指導をするな」などと発言したことや、平成27年2月の男女合同合宿で「目障りだ。出て行け」などと罵倒したことなど3件がパワハラに当たるとしています。

栄強化本部長は強化本部長を辞任する意向をレスリング協会に伝え、協会はこれを受理しました。

ということは、

おーい、某大学の女学長、息してるか?

というツッコミを禁じ得ないなあ、これ。

スポンサーリンク

これで伊調馨選手の「練習環境」が改善される事を切に祈る。

…で、セクハラと認定された強化本部長が辞任して、有形無形の圧力かなくなる…と思うんですが、果たして伊調選手はしっかりとした練習拠点を持って、ちゃんと現役復帰とかができるんだろうか、という疑問はあるんですけどね。

ま、某週刊誌には「別の思惑もあるんじゃねえの?」みたいな事も書かれてましたけど、一応、「お上」のレスリング協会がこれを認定して、当事者の強化本部長が辞任したわけですから、やはり「救いの手」は差し伸べてほしいですね。だって日本人選手では唯一の「個人種目4連続大会金メダリスト」なんでしょう? そりゃ本人の気力・体力があれば2020年を目指すのは当たり前じゃないですか(よほど気が萎えたとか、現役を続けるには厳しいぐらいの古傷があるというだったら別ですけど)。

そこらへんはレスリング協会が伊調選手本人の意見や要望を聞いて、練習拠点を斡旋するぐらいの思いやりはあっても損はないと思いますけどね。もしくは日本国内でやいのやいの言われるのがアレだったら、海外に拠点を移して外国の男子選手とトレーニングできるような環境を作ってやるとか、そこらへんの国内外のパイプはあると思いますしね。そこまでフォローしてこそ「問題解決への第一歩」だと思いますです。

レスリング協会の対応が「清々しく」思うわ…な、相撲協会?

角界の常識は「不適切でした」春日野巡業部長が謝罪(日刊スポーツ)

しかし先日の従業先の緊急事態の一件は、巡業部長は完璧に辞表モノだと思うんだがな?

4日に京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業で、多々見良三市長(67)が土俵で倒れた際、救命措置の女性が土俵から下りるようアナウンスで促された問題で春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)が5日、姫路市の巡業先で事情説明した。

 春日野部長はアナウンスの若手行司について「動揺していた。頭が『土俵に女性が上がっている』との思いでいっぱいになったらしい」と話した。ただ人命に関わる事態で「土俵=女人禁制」の“角界の常識”にとらわれたことは「不適切でした。本場所でも起こりうることなので教訓にしたい」。若手行司は「僕は何も言えない」と話した。

 5日は舞鶴巡業を担当した松ケ根親方(元前頭玉力道)が両国国技館内の協会で八角理事長(元横綱北勝海)らに経緯を説明。女性は市長かかりつけの病院の看護師だという。報告を受けた尾車事業部長(元大関琴風)によると、理事長は市長へのお見舞いと女性へのお礼と謝罪を直接行う意向を明らかにした。その上で「不適切なアナウンスをおわびしたい。どんな時も人命が第一」と、あらためて謝意を表明した。市長はくも膜下出血で手術を受け命には別条ないという。

 尾車部長は市長が搬送された後、協会関係者が土俵に塩をまいたとされることについて、力士がけがをした後などにまく慣例だと強調。「女性蔑視のようなことは全くない」とした。

個人的には「土俵に女を上げるな云々」に関してはひとまず置いといて、「それ自体が、人様の命がかかった時にまで優先にして押し付けるほどの「伝統」か?」という考え方なんで、これまでの表彰式等に女性を土俵にあげる・あげないについては別問題だと思ってます(同じ日刊スポーツでも芝田山親方がそこらへんを話してる記事がありましたが、私も「現時点では」ほぼ似たような意見です。勿論前途多難だけど、改善の余地はあるんでしょう)。

ただ、その伝統は伝統としても、「それを原理主義的に運用するお前ら、本当の相撲馬鹿か?」という見方は否めず、特にその巡業の「最高責任者」である春日野親方に関しては、

「おいおいお前、結局、若手の行司のせいにして逃げる気か?」

って見方をしてますね。つーか、危機管理云々とかまるでねえな、お前、と。つーか、この市長さんが倒れた時「現場最高責任者」の巡業部長は何をしてたん?ってのも素朴な疑問なんだけどね。まさか弟子とかタニマチとちゃんこ囲んでたとかそういうことでもあるまいし。んな韓国の客船が沈没した時になぜかよくわかんない「空白の数時間」が発生した韓国の前大統領(懲役24年)じゃあるまいし。

ま、危機管理云々の話で言えば、とりあえず「巡業でも土俵そばにリングドクターぐらい置け」って言いたいですよね。物凄い意地悪な言い方をすれば、相撲取りや角界関係者たちが「(その是非は別にしても)伝統的に、緊急事態であっても女に土俵を上がってほしくない」んであれば、「そうならないように」あらかじめ蘇生とか人工呼吸とかAEDを使える、男のリングドクターでも常に近くに座らせておけばいいだけの話でしょう?で、もし土俵下に「場所がない」っていうんだったら、場内アナウンスをやる行司席の隣にスペース作ればいいだけなんだから。本場所は難しいかもしれないけど(ただ本場所の場合は医務室がありますけどね)、巡業や花相撲だったら設営の段階でどうにかなるでしょう。

で、本来だったらこの一件、八角、尾車、春日野あたりの協会トップ3人が辞表を提出するぐらいの「大の大人が雁首揃えてやらかした、マヌケな不祥事」だと思いますけどね。でも八角・尾車が現場にいなかったというんだったら、残念だけど「巡業の現場最高責任者」たる巡業部長の春日野が辞表を出して辞めるのが道理ってもんでしょうね。そんぐらい世間への「大相撲へのイメージダウン」としてはインパクトを与えて致命傷の一歩手前まで行った「騒動」だと私は思うんですけどね。つーか、力士は春日野部屋の直弟子でもない限り、もう「巡業部長の椅子にしがみついてるだけ」のあんたの訓示なんかまともに聞きゃしねえよ、と。

…っかし、相撲協会のような対応しかしないもんだと思ってたレスリング協会(しかも相撲協会評議会の女議長と、レスリングの某大学の女学長のキャラクターがかぶるかぶる(爆))が、こんなにあっさり認めたってことは、まだレスリング協会のほうが「ましな人が多かった」という事なんでしょうね。逆に言えばいかに「伝統の上であぐらかいて、調子こいてやりたい放題やってた」かがわかるというもので。

せっかく、広報部の努力などで、20数年前の若貴時代のその一歩手前ぐらいまでチケットが取れないぐらいの相撲人気が回復してきたのに、本当に勿体無い。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ