プロアマ戦問題。果たして「ゴルフエリート」片山晋呉プロが改心できるのか…。

By: Victor

※タイトルを変更しました。すみません。

プロアマ不適切言動の片山晋呉、復帰は「自分の中で整理がついてから」(スポーツ報知)

先日、プロアマ戦でアマチュアの方を激怒させた片山晋呉プロへのペナルティが発表されました。ま、罰金30万円と厳重注意だそうですが、その他の失ったものもえらく多かったからなあ、この件。

国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開き、プロアマ大会で不適切な行動をとった国内男子ゴルフツアー通算31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=にすでに課している30万円の制裁金に加え、厳重注意の処分を下した。

 片山は理事会終了後、青木功会長(75)、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長(26)らとともに騒動後初めて公の場で会見。同伴アマチュアが自身の行動に怒って、帰ってしまった時の気持ちについて、「14番でティーショットを打った後に帰られた時はどうして帰るんだろうとしか思わなかった。分からなかったんです」と正直に明かした。

 「プロアマが盛り上がっている中、大変なことをしてしまったなと思いました。こういう騒動になって、これは大変なことになっていると分かりました」と明かし、復帰については「今日、処分をいただいたので、(復帰は)自分の中で整理ができてからと思っています」とだけ話した。

 片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた。15日に文書で「当面の間、(ツアー)出場を自粛させていただく」と表明していた。

ま、罰金30万円…って事ですが、実際は片山プロは永久シードを持ってるんで出ようと思えば幾らでも大会には出れるわけで、それこそ優勝をすれば数千万円、2日間の予選を通過しても100-200万円ぐらいは獲得してるわけで、実質的にはその何倍、何十倍の賞金を得る「チャンス」を自ら失ったわけですから、まあ「高くついたね、それはそれは」とか言いようがないですけどね。

スポンサーリンク

せめて「パット練習させてもらっていいすか?」程度は言わないと。

片山晋呉の問題点は「同伴アマがパッティング中に了解なくパッティング練習をしたこと」…会見で野村修也理事が説明(スポーツ報知)

別のスポーツ報知の記事で、トラブルの原因の説明もなされてました。

当日の片山の言動について、同席したJGTO理事の野村修也・中大法科大学院教授は「同伴アマチュアの方がまだパッティングをしている最中に、片山プロが了解を取らずにパッティング練習に終始したことが問題だった」と説明した。

 また、同教授は「アマチュアの方はこれまでのプロアマ戦で同伴したプロとあまりに違う片山プロの態度にかなりの憤慨をしておられた。しかし、片山プロは侮辱的な発言や暴言、行為などは一切取っておらず、むしろ、すみませんという対応をしていた」と続けた。

…とはいえ、個人的には「せめて笑顔でコミュニケーションと、最低限、「ちょっとパット練習させてもらっていいすか?」ぐらいの言葉は必要だよね?」って思うんすけどね。

どうも色々と調べたらこのプロアマ戦も、アマチュアの方が出るには結構な「参加費」がかかるようなんですね。安いと数万円、高いとそれこそ30万円ぐらいまで…。例えばシニアゴルフの大会なんですが今年春に沖縄で行われた大会のプロアマ戦は65000円だったそうですし。無論、スポンサー枠で招待されたスポンサー関係者や芸能人(どうもプロアマ戦=石田純一氏…ってイメージが強い(苦笑))もいるんでしょうけど、それでも決して手ぶらではこないでしょうし、そんな中、やっぱり態度が悪いプロがいれば、「なんだこのヤロー」と内心は思いつつも何も言わないアマチュアの人もいれば、何か機嫌が悪いタイミングでそれをやられて本当にキレちゃった…というアマチュアの人もいるんでしょうね。

なのでそのアマチュアの人に対する批判をする向きもありますが、いずれにしても片山プロの以前から言動(ファンサービスがめちゃくちゃ悪い、など)を思えば「まあいつかはそうなるよね?」って感じたったんでしょうね。どっちにしても「俺はプロゴルファーだ。ファンサービス云々なんか知るか。俺は自分の腕一本で稼いでやるんだ」はもう時代的には無理でしょう。それが嫌だったらプロアマ戦の出場義務が緩い他の国に転戦するか、そういう「プロ」の挟持、というかワガママを許してくれるゴルフ愛好家が出資してくれてる大会に絞ってプレーしたらどうです?としか言いようがないんすけどね。

本当に「改心」できるのかな…?

あとは、これは極論で申し訳ないんですが、他のプロの選手(中にはアマチュアの選手もいますが)が、与えられた練習日の中で調整して予選2日間・本戦2日間の「大会」に挑んでるわけで、「その範囲内できっちりとした成績を残すこともプロ」だと思うんすけどね。

なので本来はプロアマ戦の途中にプロの練習なんかも許しちゃいけないと思うんですが、そこは「アマチュアからすれば、間近でプロの技を見れるという素晴らしい機会」でもあるわけで、無碍にそれを禁止するのも正直大人げない。であれば、プロアマ戦の意味合いと、自分の練習の折り合いをつけて、そこをアマチュアの人達を不機嫌にさせないように「うまく」立ち振る舞うのも「プロ」の責務だと思うんだけど…まあ幼少の頃からゴルフ練習場の御曹司として生まれてそれこそゴルフしか知らない・興味がない、よく言えば「ゴルフエリート」、

悪く言えば「ゴルフバカ」

にはこれを「修正しろ」ってのは無理かもしれないけどね。

そこらへんはキャディーのバイトからのし上がってきた苦労人だった青木功、プロ野球選手から転身して死ぬほどの練習量をこなしてきたジャンボ尾崎の両レジェンド氏などに比べると、「幼少からの純粋培養」の弊害が出たなーって感じなんすけどね。だって実家がゴルフ練習場で、親父さんのエリート教育を受けてきて、ずーっと高校・大学とトップアマとして色々な学生タイトルを取りまくって、そのままプロになっちゃった人ですし。それこそバブル景気や団塊の世代のゴルフブーム、更にAON(青木功・ジャンボ尾崎・中嶋常幸)黄金時代の名残でスポンサーやファンに頭を下げずともプロゴルフの大会が幾らでもあって、しかも各大会で結果を出してきたから周りも多少のマナーの悪さや愛想の無さでも、文句も言えずにここまで来ちゃったんでしょう?

ま、ジャンボ氏もくわえタバコでゴルフするとかのマナーの悪さはあったけど(彼の黄金時代ではゴルフ場での喫煙がタブーではなかった社会情勢だったとはいえ)、プロアマ戦でトラブったって話は聞いたことなかったですし…。ただ、どうもジャンボ氏の場合は社長さんとかVIPの方々を「社長、ゴルフヘタだねー(笑)」と軽くいじりつつも、言われたほうは「あのジャンボに言われちゃしょうがねえ」と思うようなキャラクターだったのと、結構フォローが上手で相手のことを心から楽しませるのに長けてる人らしいんですけどね。

まあだからこそシーズンオフのトレーニングの際に「ジャンボ軍団」って感じで後輩や若手が挙って集まってたんでしょうね。

※ま、その点は「幼少の頃から相撲しか知らない」貴乃花親方と相通ずる点はあるんですが…あの人の場合は相撲道は別にしても(?)、ことファンサービスに対してはアナウンサー出身の奥様がそこをうまくマネージメントおよびフォローしてるんでしょうね。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ